4907 Movies

我れ暁に死す Each Dawn I Die (1939)

無実の罪で服役した新聞記者が囚人仲間のギャングの協力を得て悪に立ち向かう姿を描く、製作総指揮ハル・B・ウォリス、監督ウィリアム・キーリー、主演ジェームズ・キャグニージョージ・ラフトジェーン・ブライアンジョージ・バンクロフト他共演の犯罪ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ウィリアム・キーリー

製作総指揮:ハル・B・ウォリス
原作:ジェローム・オドラム
脚本
ノーマン・ライリー・レイン
ウォーレン・ダフ
チャールズ・ペリー(クレジットなし)
撮影:アーサー・エディソン
編集:トーマス・リチャーズ
音楽:マックス・スタイナー

出演
フランク・ロス:ジェームズ・キャグニー
”フード”ステイシー:ジョージ・ラフト
ジョイス・コノヴァー:ジェーン・ブライアン
ジョン・アームストロング刑務所長:ジョージ・バンクロフト
ファーゴ・レッド:マキシー・ローゼンブルーム
ミュラー:スタンリー・リッジス
カーライル:アラン・バクスター
W.J.グレイス:ビクター・ジョリー
ピート・カソック:ジョン・レイ
デール:エドワード・ポーリー
ラング:ウィラード・ロバートソン
ロス夫人:エマ・ダン
ガースキー:ポール・ハースト
ジョー・ラシター:ルイス・ジーン・ハイト
リンピー・ジュリアン:ジョー・ダウニング
シェイク・エドワーズ:アブナー・ビーバーマン
ジェシー・ハンリー:サーストン・ホール
ビル・メイソン:ウィリアム・デヴィッドソン
ロックハート弁護士:クレイ・クレメント
判事:チャールズ・トロウブリッジ
テンプル:ハリー・コーディング

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1939年製作 92分
公開
北米:1939年7月21日
日本:1954年3月3日
製作費 $735,000
北米興行収入 $1,111,000
世界 $1,570,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
新聞記者のフランク・ロス(ジェームズ・キャグニー)は、州知事候補で悪徳地方検事であるジェシー・ハンリー(サーストン・ホール)の行動を追っていた。

ある雨の夜ロスは、ハンリーが関係すると思われるバントン建設を監視していた。

ハンリーと共謀する検事補W.J.グレイス(ビクター・ジョリー)は、新聞社の調査を妨害するために帳簿や台帳を燃やし、ロスはその様子を目撃する。

それを記事にしたロスは、ハンリーが橋の建設でバントン建設側からワイロを受け取ったことを、編集長のパターソンや恋人で同僚のジョイス・コノヴァー(ジェーン・ブライアン)そしてビル・メイソン(ウィリアム・デヴィッドソン)に話す。

ハンリーからの電話を受けたパターソンは、ロスの出過ぎた行動を批判して脅す彼に、報道をやめる気はないと伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
新聞記者のフランク・ロスは、州知事候補で悪徳地方検事のハンリーと検事補グレイスの悪事を暴こうとしていた。
ハンリーの脅迫に屈しないロスは、彼に雇われた悪党の罠にはまり、死亡事故を起こして服役することになる。
その後ロスは、囚人であるギャングのステイシーを助けたことから、彼の協力を得て、罠にハメた犯人探しを始めるのだが・・・。
__________

1938年に発表された、ジェローム・オドラムの小説”Each Dawn I Die”を基に製作された作品。

製作総指揮ハル・B・ウォリス、役者としてデビューし、ブロードウェイでも活躍した後に監督となり、前年の冒険映画の傑作「ロビンフッドの冒険」(1938)をマイケル・カーティスと共に共同で監督したウィリアム・キーリーの演出、人気スターのジェームズ・キャグニージョージ・ラフトの共演が話題になった作品。

権力を握る巨悪を追及しようとする新聞記者が無実の罪で服役し、刑務所で知り合ったギャングとの協力関係と共に、その友情が爽やかに描かれた異色の犯罪ドラマ。

正義感あふれる新聞記者を演ずるジェームズ・キャグニーが、刑務所生活で精神状態が不安定になるシーンの凄まじい演技は見もので、悪党ではあるが、彼への義理を果たそうとするギャングを演ずるジョージ・ラフトの好演が光る。

主人公の同僚であり恋人のジェーン・ブライアン、公平な立場で主人公に対応する刑務所長のジョージ・バンクロフト、主人公に救われる囚人マキシー・ローゼンブルーム、同じく囚人のスタンリー・リッジス、主人公を罠にかけた男で囚人のアラン・バクスター、主人公を陥れる地方検事で知事になるサーストン・ホール、彼と手を組む検事補ビクター・ジョリー、囚人に酷い仕打ちをする看守のジョン・レイ、囚人のエドワード・ポーリーポール・ハーストルイス・ジーン・ハイト、看守のウィラード・ロバートソンハリー・コーディング、主人公の母親エマ・ダン、ステイシー(ジョージ・ラフト)と因縁がある囚人のジョー・ダウニング、主人公を罠にはめる男アブナー・ビーバーマン、主人公の同僚記者ウィリアム・デヴィッドソン、ステイシーの弁護士クレイ・クレメント、判事のチャールズ・トロウブリッジなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022