4907 Movies

愛すべき夫妻の秘密 Being the Ricardos (2021)

国民的大スターであるルシル・ボール共産党員だと疑われる中で人気番組”アイ・ラブ・ルーシー”の収録を行う1週間を描く、監督、脚本アーロン・ソーキン、主演ニコール・キッドマンハビエル・バルデムJ・K・シモンズニーナ・アリアンダトニー・ヘイルアリア・ショウカットジェイク・レイシークラーク・グレッグロニー・コックス他共演のドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧
ルシル・ボール / Lucille Ball / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アーロン・ソーキン
製作
トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
スティーブ・ティッシュ
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
編集:アラン・ボームガーテン
音楽:ダニエル・ペンバートン

出演
ルシル・ボールニコール・キッドマン
デジ・アーナズハビエル・バルデム
ウィリアム・フローリーJ・K・シモンズ
ヴィヴィアン・ヴァンスニーナ・アリアンダ
ジェス・オッペンハイマートニー・ヘイル
ジェス・オッペンハイマー(老年期):ジョン・ルービンスタイン
マデリン・ピューアリア・ショウカット
マデリン・ピュー(老年期):リンダ・ラヴィン
ボブ・キャロルJr.ジェイク・レイシー
ボブ・キャロルJr.(老年期):ロニー・コックス
ハワード・ウェンケ:クラーク・グレッグ
ジョー・ストリックランド:ネルソン・フランクリン
ロジャー・オッター:ジェフ・ホルマン
ドナルド・グラス:クリストファー・デナム
ティップ・トリビー:ジョナ・プラット
チャールズ・コーナーブライアン・ハウ
メイシー:ロン・パーキンス
メアリー・パット:ベーズ・ブザン
AD:マット・クック
ビル:ジョシュ・ベドナルスキー
ローゼン:ダナ・リン・バロン

アメリカ 映画
配給
アマゾン・スタジオ
2021年製作 131分
公開
北米:2021年12月10日
日本:2021年12月21日


アカデミー賞
第94回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優賞(ハビエル・バルデム
主演女優賞(ニコール・キッドマン
助演男優賞(J・K・シモンズ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
CBS”のシチュエーション・コメディ”アイ・ラブ・ルーシー”の製作総指揮兼脚本主任だったジェス・オッペンハイマージョン・ルービンスタイン)は、その驚異的な人気について語る。

脚本担当だったボブ・キャロルJr.ロニー・コックス)は、その”恐ろしい週”について語ろうとする。

脚本担当だったマデリン・ピューリンダ・ラヴィン)も、その週は恐ろしかったと語る。

ウォルター・ウィンチェルの、”ルシル・ボール共産主義者”だというラジオの発言で、大変なことが起きた。

その放送が流れた頃るルシル・ボールニコール・キッドマン)は、夫デジ・アーナズハビエル・バルデム)の浮気記事を読んでいたため、帰宅した彼を責める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1952年。
CBS”のシチュエーション・コメディ”アイ・ラブ・ルーシー”の主人公を演ずる国民的大スターのルシル・ボールは、1936年に有権者登録で共産党員に登録してしまったことが問題になる。
デジ・アーナズの浮気のことを気にしながら、”アイ・ラブ・ルーシー”の収録に向けてルーシーの1週間が始まる。
妊娠したことも製作総指揮兼脚本担当のジェスボブマデリンに話したルーシーデジは、それを物語の中に組み込むことを考える。
局は当然それに反対するのだが、自分たちのプロダクションで番組を製作しているルーシーデジは考えを変えない。
さらにルーシーは、大問題を抱えて神経するになり、番組に完璧を求めるのだが・・・。
__________

劇作家、脚本家としても活躍し、「モリーズ・ゲーム」(2017)で監督デビューしたアーロン・ソーキンが、脚本を兼ねて監督した作品。

国民的大スターであるルシル・ボールが、共産党員だと疑われる中で、人気番組”アイ・ラブ・ルーシー”の収録を行う1週間を描く実録ドラマ。

本作でのニコール・キッドマンは、ルシル・ボール本人に似せる極端なメイクをしていないところがポイントで、アメリカの至宝と言える、偉大なスターであるルシル・ボールの、イメージばかりが強調しないような演出が印象的だ。

そのようなことで、ニコール・キッドマンの演技力を堪能できる作品であり、そのパフォーマンスは、デジ・アーナズを雰囲気ある演技で好演したハビエル・バルデムと共に称賛された。

物語は、その週に起きた大問題により神経質になったルシル・ボールが、番組製作により完璧を求める姿が、緊迫感溢れるテレビ業界の裏話と共に生々しく描かれている。

事実とは違う、脚色しているシーンもかなりあるが、その時代の雰囲気を見事に伝えるセットや衣装なども注目したい。

アイ・ラブ・ルーシー”の出演者ウィリアム・フローリーを、味のある演技で好演するJ・K・シモンズヴィヴィアン・ヴァンスニーナ・アリアンダ、番組の製作総指揮兼脚本担当のジェス・オッペンハイマーを熱演するトニー・ヘイル、その老年期ジョン・ルービンスタイン、脚本担当のマデリン・ピューアリア・ショウカット、その老年期リンダ・ラヴィン、脚本担当のボブ・キャロルJr.ジェイク・レイシー、その老年期ロニー・コックス、”CBS”の番組担当クラーク・グレッグ、同じくネルソン・フランクリン、スポンサーである”フィリップモリス”の番組担当ジェフ・ホルマン、同じく広報責任者ジョナ・プラット、番組の監督クリストファー・デナム、”RKO”の映画製作責任者チャールズ・コーナーブライアン・ハウCBSの重役ロン・パーキンス、番組スタッフのベーズ・ブザン、ADのマット・クック、製作進行のジョシュ・ベドナルスキー、デジ・アーナズの秘書ダナ・リン・バロンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022