4709 Movies

南米珍道中 Road to Rio (1947)

ビング・クロスビーボブ・ホープによる大ヒットコメディ”珍道中シリーズ”の第5作。
落ちぶれた2人組の楽士が謎の令嬢を助けるために巻き起こす騒動を描く、監督ノーマン・Z・マクロード、主演ビング・クロスビーボブ・ホープドロシー・ラムーアゲイル・ソンダガード他共演のコメディ。
★★★★

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ノーマン・Z・マクロード

製作:ダニエル・デア
原作
エドモンド・ベロイン
ジャック・ローズ
脚本
エドモンド・ベロイン
ジャック・ローズ
撮影:アーネスト・ラズロ
編集:エルスワース・ホーグランド
音楽:ロバート・エメット・ドーラン

出演
スキャット・スウィーニー:ビング・クロスビー
ホット・リップス・バートン:ボブ・ホープ
ルシア・マリア・デ・アンドラーデ:ドロシー・ラムーア
キャサリン・ヴェイル:ゲイル・ソンダガード
トリガー:フランク・フェイレン
トニー:ジョセフ・ヴィターレ
シャーマン・マロリー:ジョージ・ミーカー
ロドリゲス:フランク・パグリア
カルドーソ:ネスター・パイヴァ
ジョンソン:ロバート・バラット
ハーモン船長:スタンリー・アンドリュース
船のパーサー:ハリー・ウッズ
3兄弟のミュージシャン:ウィアー・ブラザース
本人:アンドリューズ・シスターズ
本人:ジェリー・コロンナ
ナイトクラブのパフォーマー:マルキータ・リヴェラ
サンダー:トー・ジョンソン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1947年製作 100分
公開
北米:1947年12月25日
日本:1949年5月7日
製作費 $2,400,000


アカデミー賞
第20回アカデミー賞

・ノミネート
ミュージカル音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
クラリネットとトランペットの奏者スキャット・スウィーニー(ビング・クロスビー)とホット・リップス・バートン(ボブ・ホープ)は、仕事を見つけてカーニバルに向かう。

ステージに立ちショーを終えた2人は、大いに受ける。

スキャットは団長のジョンソン(ロバート・バラット)からギャラをもらい、ホット・リップスは、落下した団員の代わりに自転車綱渡りの芸をすることになる。

ジョンソンは、ホット・リップスが逃げないように大男のサンダー(トー・ジョンソン)を付き添わせることをスキャットに伝える。

自分が何をするかを知ったホット・リップスは驚き、それを拒もうとするものの、サンダーにポールの上に連れて行かれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「シンガポール珍道中」(1940)
・「アフリカ珍道中」(1941)
・「モロッコへの道」(1942)
・「アラスカ珍道中」(1946)
・「南米珍道中」(1947)
・「バリ島珍道中」(1952)
・「ミサイル珍道中」(1962)

*(簡略ストーリー)
落ちぶれた楽士スキャット・スウィーニーとホット・リップス・バートンは、雇われたカーニバルでトラブルを起こして逃亡し、ブラジル行きの船に密航する。
そんなスキャットとホット・リップスは、自殺しようとする令嬢ルシアを助ける。
ルシアに惹かれてしまった2人は、彼女の後見人である謎めいた女性キャサリンや部下に監視されながら、リオデジャネイロに向かうのだが・・・。
__________

ビング・クロスビーボブ・ホープによる大ヒットコメディ”珍道中シリーズ”の第5作。

落ちぶれた2人組の楽士が、謎の令嬢を助けるために巻き起こす騒動を描くコメディ。

主人公の2人が、カーニバルでトラブルを起こす冒頭がまず可笑しい。
令嬢の財産を狙う、謎の後見人が企む陰謀に巻き込まれながら行動する、間抜けな主人公を演ずるビング・クロスビーボブ・ホープなのだが、随所で披露する息の合ったパフォーマンスなどは見事であり、ウィアー・ブラザースアンドリューズ・シスターズの出演など見どころ満載の作品に仕上がっている。

後見人に催眠術で操られる令嬢ドロシー・ラムーアを巡る恋のトラブルもユーモラスに描かれ、ミュージカル・タッチのシーンも楽しめる実に愉快な作品だ。

第20回アカデミー賞では、ミュージカル音楽賞にノミネートされた。

ヒロインの財産を狙う後見人を、謎めいた雰囲気で演ずるゲイル・ソンダガード、その部下フランク・フェイレンとジョセフ・ヴィターレ、後見人と手を組む弟ジョージ・ミーカー、主人公らに手を貸そうとする後見人の弁護士フランク・パグリア、主人公らを雇う興行主ネスター・パイヴァ、カーニバルの団長ロバート・バラット、客船の船長スタンリー・アンドリュース、パーサーのハリー・ウッズ、主人公と組むミュージシャンの3兄弟ウィアー・ブラザース、主人公と共にステージで歌うアンドリューズ・シスターズ、終盤に結婚式女王に向かうジェリー・コロンナ、ナイトクラブのパフォーマー役マルキータ・リヴェラ、カーニバルの巨漢の男トー・ジョンソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022