4213 Movies

シンガポール珍道中 Road to Singapore (1940)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

20世紀を代表する歌手のビング・クロスビーと、人気コメディアンボブ・ホープ、そしてドロシー・ラムーアがトリオを組んだ”珍道中シリーズ”記念すべき第1作。
ドロシー・ラムーアチャールズ・コバーンアンソニー・クイン他共演、監督ヴィクター・シャーツィンガーによる大爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィクター・シャーツィンガー
製作:ハーラン・トンプソン
原作:ハリー・ハーヴェイ
脚本
ドン・ハートマン
フランク・バトラー
撮影:ウィリアム・C・メラー

編集:ポール・ウェザーワックス
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
ビング・クロスビー:ジョシュア”ジョシュ”マロン5世
ドロシー・ラムーア:ミーマ
ボブ・ホープ:エース・ラニガン
チャールズ・コバーン:ジョッシュア・マロン4世
ジュディス・バーレット:グロリア・ウィコット
アンソニー・クイン:シーザー
ジェリー・コロンナ:アキレス・ボンバナッサ

アメリカ 映画
配給  パラマウント・ピクチャーズ
1940年製作 85分
公開
北米:1940年3月14日
日本:1950年5月14日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
創業200年の船会社の御曹司ジョシュア”ジョシュ”マロン5世(ビング・クロスビー)は、仕事を継がせたい父マロン4世(チャールズ・コバーン)の指示を無視し、親友のエース・ラニガン(ボブ・ホープ)と貨物船で世界を旅する、気ままな生活をしていた。

久しぶりに故郷に戻ったジョシュは、エースと共に一騒動起こし逮捕されてしまう。

父マロンに小言を言われたジョシュは、無理矢理仕事を任され、令嬢グロリア・ウィコット(ジュディス・バーレット)と婚約させられてしまう。

エースと釣りを楽しんでいたため、婚約パーティーに遅れたジョシュは、出席者と喧嘩を始め大騒動を起こし、再び二人は旅に出てしまう。

そして二人は、ホノルルからシンガポールに向かい、付近の島カイグーンに立ち寄る。

そこで二人は、酒場の踊り子ミーマ(ドロシー・ラムーア)に魅了されてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

ハリー・ハーヴェイの短編小説を基に製作された作品。

参考:
・「シンガポール珍道中」(1940)
・「アフリカ珍道中」(1941)
・「モロッコへの道」(1942)
・「アラスカ珍道中」 (1946)
・「南米珍道中」(1947)
・「バリ島珍道中」(1952)
・「ミサイル珍道中」(1962)

 *(簡略ストー リー)
汽船会社の御曹司である”ジョシュ”マロン5世は、父の命令を無視して仕事も婚約者グロリアも捨てて、親友エース・ラニガンと共に船旅に出てしまう。
シンガポール付近の島に上陸した二人は、酒場の踊り子のミーマに魅せられてしまう。
コンビを組んでいた、シーザーの横暴さに嫌気が差していたミーマは、二人との共同生活を始める。
やがて、仕事も無い三人は食料に困り、ジョシュとエースは、ミーマの奪い合いを始める・・・。
__________

人気エンターテナー、ビング・クロスビーボブ・ホープが繰り広げる、ドタバタ騒動の可笑しさは天下一品。

飄々としたビング・クロスビーの海を愛する男の逞しさと、上流階級の上品さを兼ね備えた御曹司役、やや頼りないが、飾り気のない相棒ボブ・ホープとのマッチングは絶妙だ。

もちろん二人は、素晴らしい歌声、そしてダンスも披露してくれる。

珍道中シリーズの華ドロシー・ラムーアの登場で、ストーリーは一気に盛り上がる。

1930年代に既に一世を風靡していたビング・クロスビーボブ・ホープよりも、ドラマ設定に合ったエキゾチックなドロシー・ラムーアの魅力が新鮮に思える。

また、20代半ばのアンソニー・クインの若々しさは、逞しく厳つい中年男役しか見たことのない方にとっては、かなり貴重な映像として楽しめるだろう。

植物園などをフル活用した、「陽のあたる場所」(1951)でオスカーにも輝くウィリアム・C・メラーの撮影や、音楽担当で同じくオスカーノミネート18回のヴィクター・ヤングらが飛躍するきっかけにもなった作品でもある。

ヴィクター・ヤングは「八十日間世界一周」(1956)でアカデミー賞を受賞。

この時代の作品を見ると、毎度思うことではあるが、日本公開が全米公開から10年後の1950年ということを考えると、日米両国共、戦火の真っ只中に突入しようとしている時代に、このような作品が作れるアメリカの余裕を感じずにはいられない。
つくづく、当時の社会情勢や、国力の差を感じる。

主人公の父親役チャールズ・コバーン、婚約者のジュディス・バーレット、汽船会社支店のジェリー・コロンナなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020