4373 Movies

赤ちゃん教育 Bringing Up Baby (1938)

  •  
  • 11
  • 11
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

気弱で生真面目な古生物学者とわがままな富豪令嬢が巻き起こす騒動を描く、製作、監督ハワード・ホークス、主演キャサリン・ヘプバーンケーリー・グラントメイ・ロブソンバリー・フィッツジェラルド他共演によるスクリューボール・コメディの傑作。


コメディ

ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ハワード・ホークス
製作
クリフ・リード
ハワード・ホークス
原作:ヘイジャー・ワイルド”Bringing Up Baby”
脚本
ダドリー・ニコルズ
ヘイジャー・ワイルド
ロバート・A・マッゴーワン
撮影:ラッセル・メティ
編集:ジョージ・ハイブリー
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
スーザン・ヴァンス:キャサリン・ヘプバーン
デヴィッド・ハックスリー博士/ボーン:ケーリー・グラント
エリザベス・カールトン・ランドム:メイ・ロブソン
ホーレス・アップルゲイト少佐:チャーリー・ラグルス
スローカム署長:ウォルター・キャトレット
アロイシウス・ゴガーティ:バリー・フィッツジェラルド
フリッツ・リーマン博士:フリッツ・フェルド
リーマン夫人:タラ・ビレル
アリス・スワロー:ヴァージニア・ウォーカー
アレクサンダー・ピーボディ:ジョージ・アーヴィング
ハンナ・ゴガーティ:レオナ・ロバーツ
エルマー:ジョン・ケリー
ラトゥーシュ教授:ダーシー・コリガン
トム:ビリー・ビーヴァン
肉屋:ビリー・フラニー
サーカスの団長:ディック・レーン
警官:ウォード・ボンド
サーカスの団員:ジャック・カーソン

アメリカ 映画
配給 RKO Radio Pictures
1938年製作 102分
公開
北米:1938年2月18日
日本:1939年8月17日
製作費 $1,073,000
北米興行収入 $1,109,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク、スタイヴサント博物館。
生真面目な古生物学者デヴィッド・ハックスリー博士(ケーリー・グラント)は、あと一歩で”ブロントサウルス”の骨格を完成させる段階にきていた。

助手である婚約者のアリス・スワロー(ヴァージニア・ウォーカー)から、ユタの発掘隊により探していた鎖骨が発見され明日届くことを知らされたデヴィッドは、4年間の苦労が報われると言って喜ぶ。

恩師のラトゥーシュ教授(ダーシー・コリガン)の前でアリスにキスしたデヴィッドは、明日の結婚式の後に新婚旅行に出発するつもりだった。

骨格の完成を控え、それどころではないと言うアリスは、式の後はこの場に戻り、研究を優先させるべきだとデヴィッドに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
ブロントサウルス”の骨格を完成させようとしていた古生物学者のデヴィッド・ハックスリー博士は、最後の鎖骨が発見されたことを知る。
助手である婚約者のアリスとの結婚式を明日に控え、100万ドルの寄付を検討しているランドム夫人の弁護士にゴルフ場で会ったデヴィッドは、その場でスーザン・ヴァンスに出会う。
わがままな富豪令嬢のスーザンを迷惑に思うデヴィッドだったが、彼女に好意を持たれ付きまとわれる。
婚約者がいるデヴィッドは戸惑い、スーザンと彼女が飼っているヒョウの”ベビー”に翻弄されながら、騒ぎに巻き込まれてしまう・・・。
__________

1937年に雑誌”Collier’s”に掲載された、ヘイジャー・ワイルドの短編”Bringing Up Baby”を基に製作された作品。

気弱で生真面目な古生物学者とわがままな富豪令嬢が巻き起こす騒動を描く、製作、監督ハワード・ホークス、当時、共演作が続くキャサリン・ヘプバーンケーリー・グラント主演によるコメディ。

ハワード・ホークスの抜群のユーモアセンスとシャープな演出、能天気でわがままな富豪令嬢のキャサリン・ヘプバーンと風変わりで気弱な古生物学者をコミカルに演ずるケーリー・グラントの職人芸による出色の作品であるスクリューボール・コメディの傑作。

主人公二人の話が全くかみ合わず、周囲を巻き込みトラブルが続出して進行し、ジェットコースターに乗っているようなすさまじい雰囲気で展開する内容は圧巻だ。

1990年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

監督ピーター・ボグダノヴィッチバーブラ・ストライサンドライアン・オニール共演の「おかしなおかしな大追跡」(1972)は、本作のオマージュ的な作品と言える。

博物館への多額の寄付を検討するヒロインのおばメイ・ロブソン、彼女の友人であるハンターのチャーリー・ラグルス、主人公らに翻弄される警察署長のウォルター・キャトレット、ランドム夫人(メイ・ロブソン)の使用人である庭師バリー・フィッツジェラルド、その妻レオナ・ロバーツ、主人公らに関わることになる精神科医フリッツ・フェルド、その妻タラ・ビレル、デヴィッド(ケーリー・グラント)の婚約者である助手のヴァージニア・ウォーカー、ランドム夫人の弁護士ジョージ・アーヴィング、警官のジョン・ケリーウォード・ボンド、デヴィッドの恩師である教授ダーシー・コリガン、バーの経営者ビリー・ビーヴァン、肉屋のビリー・フラニー、サーカスの団長ディック・レーン、団員役でジャック・カーソンが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021