4451 Movies

ソウ4 Saw IV (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

サイコ・スリラー「ソウ」シリーズ第4作。
猟奇殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーの死と共に進行する”死のゲーム”に翻弄される者達を描く、製作総指揮ジェームズ・ワンリー・ワネル、監督ダーレン・リン・バウズマン、主演トビン・ベルリリク・ベントコスタス・マンディロアドニー・ウォルバーグ他共演のサイコ・スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ダーレン・リン・バウズマン

製作
マーク・バーグ
グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
製作総指揮
ピーター・ブロック
ジェイソン・コンスタンティン
ダニエル・J・ヘフナー
ステイシー・テストロ
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
原案
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
原作
パトリック・メルトン
マーカス・ダンスタン
トーマス・フェントン
脚本
パトリック・メルトン
マーカス・ダンスタン
撮影:デヴィッド・A・アームストロング
編集:ケヴィン・グルタート
音楽:チャーリー・クローザー

出演
ジグソウ/ジョン・クレイマー:トビン・ベル
ダニエル・リッグ:リリク・ベント
マーク・ホフマン:コスタス・マンディロア
ピーター・ストラム:スコット・パターソン
リンジー・ペレーズ:アシーナ・カーカニス
ジル・タック:ベッツィ・ラッセル
エリック・マシューズ:ドニー・ウォルバーグ
アート・ブランク:ジャスティン・ルイス
ブレンダ:サレイン・ボイラン
アイヴァン・ランズネス:マーティ・アダムズ
モーガン:ジャネット・ランド
レックス:ロン・リー
セシル・アダムス:ビリー・オーティス
トレヴァー:ケヴィン・ラシュトン
ジェーン:アリソン・ルーサー
トレイシー・リッグ:イングリッド・ハート
ジェフ・デンロン:アンガス・マクファーデン
リン・デンロン:バハー・スーメク
アリソン・ケリー:ディナ・メイヤー
アマンダ・ヤング:ショウニー・スミス
コルベット・デンロン:ニーヴ・ウィルソン
ダニエル・マシューズ:エリック・ナドセン
アディソン・コーデイ:エマニュエル・ヴォージア
ガス・コルヤード:トニー・ナッポ
マイケル・マークス:ノーム・ジェンキンス
フィスク:マイク・リアルバ

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2007年製作 92分
公開
北米:2007年10月26日
日本:2007年11月17日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $63,300,100
世界 $139,352,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
死亡したジグソウ/ジョン・クレイマー(トビン・ベル)の遺体は、安置所で解剖される。

手術を受けていた脳、そして胃が摘出される。

胃の中からは、ロウで固められたマイクロカセットが見つかり、殺人課の刑事マーク・ホフマン(コスタス・マンディロア)が呼ばれる。

クレイマーは、死を前にしてカセットを飲みこんでいたのだった。

それを再生したホフマンは、ゲームは始まったというクレイマーの言葉を確認する。
__________

ある場所で目覚めたトレヴァー(ケヴィン・ラシュトン)は首を鎖で繋がれ、まぶたが縫い合わされていることに気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ソウ」(2004)
・「ソウ2」(2005)
・「ソウ3」(2006)
・「ソウ4」(2007)
・「ソウ5」(2008)
・「ソウ6」(2009)
・「ソウ ザ・ファイナル 3D」(2010)
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」(2017)

*(簡略ストー リー)
死亡した殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーは解剖され、呼び出されてホフマン刑事は、胃の中から見つかったテープを聴き、クレイマーの死後も”ゲーム”は続くことを知る。
__________
共にクレイマーの事件に携わった刑事アリソン・ケリーが惨殺されたことを知ったSWATの隊長リッグはショックを受け、何者かに襲われる。
連絡員だったアリソンの死を知ったFBI捜査官のストラムとペレーズは、捜査を始める。
行方不明となった刑事エリックを見つけ出し、事件の証言をさせようと考えていたリッグは、自分が”死のゲーム”の被験者となったことを知り、90分のタイムリミット内で指示通りに行動するのだが・・・。
__________

前作で、本編では殆どベッドの上に横たわっていた主人公ジグソウ/ジョン・クレイマーが死亡するため、今回は、どのように彼が事件に絡んでくるかが注目された。

生き返るはずもないクレイマーの解剖画面から始まる冒頭の映像はかなりリアルで、胃の中に隠されていたマイクロカセットの彼が、”ゲーム”は終わっていないという言葉で物語が始まる。

終盤に驚きの展開が待ち構えているのだが、それを案じさせるシーンが前半で描写される。
物語全体の時系列に注意することがポイントで、それが理解できば、クライマックスが一層、楽しめるという、なかなか凝った演出となっている。

北米興行収入は約6300万ドル、全世界では約1億3900万ドルのヒットとなり、安定した人気を保っている。

死亡して登場するにも拘らず、圧倒的な存在感を示すジグソウ/ジョン・クレイマーを演ずるトビン・ベル、”死のゲーム”の被験者になるSWATの隊長リリク・ベント、事件の担当刑事であり、クライマックスで驚きの事実が分かるコスタス・マンディロア、事件を捜査するFBI捜査官のスコット・パターソンアシーナ・カーカニス、主人公の元妻ベッツィ・ラッセル、行方不明となった刑事であり、ゲームの参加者となるドニー・ウォルバーグ、同じく、主人公他多くの人間に関わる弁護士ジャスティン・ルイス、売春婦のサレイン・ボイラン、婦女暴行犯のマーティ・アダムズ、娘(アリソン・ルーサー)を虐待する夫ロン・リーの行動を見て見ぬふりをするジャネット・ランド、子供の命を奪ったため、主人公に殺される麻薬中毒患者のビリー・オーティス、冒頭の犠牲者ケヴィン・ラシュトン、リッグ(リリク・ベント)の妻イングリッド・ハート、前作のラストで主人公を殺すアンガス・マクファーデン、その妻で医師のバハー・スーメク、その娘ニーヴ・ウィルソン、エリック(ドニー・ウォルバーグ)の同僚である処刑された刑事ディナ・メイヤー、主人公の後継者ショウニー・スミス、エリックの息子エリック・ナドセン、2作目のゲームの参加者で娼婦のエマニュエル・ヴォージアトニー・ナッポノーム・ジェンキンス、刑事のマイク・リアルバなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021