4315 Movies

ソウ3 Saw III (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒットしたサイコ・スリラー「ソウ」シリーズ第三作。
最愛の息子を失い復讐心だけに生きる男性を”死のゲーム”に誘い込む連続猟奇殺人犯とされる男の行動を描く、製作総指揮ジェームズ・ワンリー・ワネル、監督ダーレン・リン・バウズマン、主演トビン・ベルショウニー・スミスアンガス・マクファーデンバハー・スーメクドニー・ウォルバーグディナ・メイヤー他共演のサイコ・スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ダーレン・リン・バウズマン

製作
マーク・バーグ
グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
製作総指揮
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
ピーター・ブロック
原案
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
脚本:リー・ワネル
撮影:デヴィッド・A・アームストロング
編集:ケヴィン・グルタート
音楽:チャーリー・クローザー

出演
ジグソウ/ジョン・クレイマー:トビン・ベル
アマンダ・ヤング:ショウニー・スミス
ジェフ・デンロン:アンガス・マクファーデン
リン・デンロン:バハー・スーメク
エリック・マシューズ:ドニー・ウォルバーグ
アリソン・ケリー:ディナ・メイヤー
ダニカ・スコット:デブラ・リン・マッケイブ
ハルデン判事:バリー・フラットマン
ティモシー・ヤング:エムポー・クワホー
ダニエル・リッグ:リリク・ベント
マーク・ホフマン:コスタス・マンディロア
コルベット・デンロン:ニーヴ・ウィルソン
ジル・タック:ベッツィ・ラッセル
ディラン・デンロン:ステファン・ゲオルグ
トロイ:J・ラローズ
デボラ:キム・ロバーツ
クリス:アラン・ヴァン・スプラング
アダム・フォークナー:リー・ワネル
ザビエル・チャベス:フランキー・G
オビ・テイト:ティム・バード

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2006年製作 108分
公開
北米:2006年10月27日
日本:2006年11月18日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $80,238,720
世界 $164,874,280


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
暗闇のバスルームに監禁されていた刑事エリック・マシューズ(ドニー・ウォルバーグ)は、足を鎖で繋がれているために身動きができない。

近くに落ちていた拳銃を何とか掴んだエリックは、弾がないことを確認し、懐中電灯も手繰り寄せてその場の様子を見る。

麻薬の売人ザビエル・チャベス(フランキー・G)の死体と、鎖につながれた切断された足首を確認したエリックは、鉄ノコで鎖を切ることができず、足首を切断するか迷う。

それもできなかったエリックは、足首を叩き潰してもぎ取り、痛みに耐えながら鎖から逃れる。

鉄のドアを焼き切り部屋に押入ったSWATの隊長ダニエル・リッグ(リリク・ベント)は、惨殺死体を発見して刑事のアリソン・ケリー(ディナ・メイヤー)を呼ぶ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ソウ」(2004)
・「ソウ2」(2005)
・「ソウ3」(2006)
・「ソウ4」(2007)
・「ソウ5」(2008)
・「ソウ6」(2009)
・「ソウ ザ・ファイナル 3D」(2010)
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」(2017)

*(簡略ストー リー)
拉致されてある場所に監禁されたジェフは、”ゲーム”を始めることを知らされる。
連続猟奇殺人犯とされるジグソウ/ジョン・クレイマーの後継者であるアマンダは、ERの医師リンを拉致監禁する。
末期ガンの治療をするクレイマーを、ある男のゲームが終わるまで生かすようにとアマンダから言われたリンは、仕方なくそれに従う。
最愛の息子を交通事故で亡くし、復讐心だけで生きていたジェフは、息子の命を奪った男と対決するための”死のゲーム”を始めるのだが・・・。
__________

斬新なアイデアと予想不能の展開で、期待を遥かに上回るヒット・シリーズとなったサイコ・スリラーの第三作。

製作総指揮は、原案のジェームズ・ワンリー・ワネル(脚本、出演も)、監督は前作に続きダーレン・リン・バウズマン、その他のスタッフもほぼ同じで製作された。

ミステリー心理スリラー色の強かった前作の雰囲気を継承しつつ、残虐性を加えた内容が問題になり、様々な規制の中でようやく劇場公開されたことが話題になった。

主人公のジグソウ/ジョン・クレイマーは、回想場面以外はベッドに横たわったままで、末期ガンに苦しみ治療を受けながら、後継者となるアマンダの行動をチェックしつつ”ゲーム”を進めるという内容になっている。

全てが”ゲーム”であり、そして、それが継続されたまま終わるラストにより、次回作を観ずにいられない気分にさせる演出は、なかなか凝っている。

ヒット・シリーズとなり、多いとは言えないが製作費は1000万ドルに増えた本作は、北米興行収入約8000万ドル、全世界では約1億6500万ドルを記録し、シリーズ最大のヒットとなった。

闘病生活を送っているため、凶悪な殺人鬼とは思えない雰囲気ながら、”死のゲーム”を完璧に実行するジグソウ/ジョン・クレイマーを演ずるトビン・ベル、その後継者になるための試練に耐えるアマンダ・ヤングのショウニー・スミス、”死のゲーム”の被験者となる、息子を失い復讐心だけに生きる男性のアンガス・マクファーデン、その妻だった、クレイマーの治療をさせられる医師のバハー・スーメク、前作から引き続き登場する刑事のドニー・ウォルバーグ、その同僚でクレイマーを追うディナ・メイヤー、被験者となる凍死する女性のデブラ・リン・マッケイブ、同じく判事のバリー・フラットマン、ジェフ(アンガス・マクファーデン)の息子を殺してしまった青年のエムポー・クワホーSWATの隊長リリク・ベント、刑事のコスタス・マンディロア、ジェフとリン(バハー・スーメク)の娘ニーヴ・ウィルソン、息子のステファン・ゲオルグ、クレイマーの元妻ベッツィ・ラッセル、冒頭の犠牲者J・ラローズ、病院の事務員キム・ロバーツ、リンの浮気相手アラン・ヴァン・スプラング、かつてのゲームの被験者リー・ワネルフランキー・G、ティム・バードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020