4184 Movies

ソウ5 Saw V (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

サイコ・スリラー「ソウ」シリーズ第5作。
死亡した殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーの協力者である刑事が再び行う”死のゲーム”の恐怖を描く、製作総指揮ジェームズ・ワンリー・ワネル、監督デヴィッド・ハックル、主演トビン・ベルコスタス・マンディロアスコット・パターソンマーク・ロルストンジュリー・ベンツ他共演のサイコ・スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・ハックル

製作
マーク・バーグ
グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
製作総指揮
ダン・ヘフナー
ピーター・ブロック
ジェイソン・コンスタンティン
ステイシー・テストロ
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
原案
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
脚本
パトリック・メルトン
マーカス・ダンスタン
撮影:デヴィッド・A・アームストロング
編集:ケヴィン・グルタート
音楽:チャーリー・クローザー

出演
ジグソウ/ジョン・クレイマー:トビン・ベル
マーク・ホフマン:コスタス・マンディロア
ピーター・ストラム:スコット・パターソン
ダン・エリクソン:マーク・ロルストン
ブリット:ジュリー・ベンツ
チャールズ:カルロ・ロタ
マリック:グレッグ・ブリック
アシュリー:ローラ・ゴードン
ルバ・ギブス:ミーガン・グッド
ジル・タック:ベッツィ・ラッセル
セス・バクスター:ジョリス・ジャースキー
アマンダ・ヤング:ショウニー・スミス
リン・デンロン:バハー・スーメク
ジェフ・デンロン:アンガス・マクファーデン
コルベット・デンロン:ニーヴ・ウィルソン
パメラ・ジェンキンス:サマンサ・レモール
警察署長:アル・サピエンザ
フィスク:マイク・リアルバ
ダニエル・リッグ:リリク・ベント
アンジェリーナ・ホフマン:サラ・パワー

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2008年製作 92分
公開
北米:2008年10月24日
日本:2008月11日28
製作費 $10,800,000
北米興行収入 $56,746,770
世界 $113,864,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
拘束されていた殺人犯のセス・バクスター(ジョリス・ジャースキー)は、モニターに映し出された人形からゲームをしようと言われる。

振り子の刃で体が真っ二つになるか、それを阻止するために人を殺した凶器である手を潰すかの選択を迫られたセスは、両側の装置に手を入れてスイッチを押せば骨が粉々に砕けると言われる。

振り子が動き始め、手を入れてスイッチを入れたものの、セスの胴体は二つに引き裂かれる。

その場にいる何者かの目を見つめながら、指示に従ったと呟くセスは息絶える。
__________

殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマー(トビン・ベル)が死んでいる場所で、ジェフ・デンロン(アンガス・マクファーデン)を射殺したFBI捜査官のピーター・ストラム(スコット・パターソン)は、扉が閉められて明かりが消えたために警戒する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

参考:
・「ソウ」(2004)
・「ソウ2」(2005)
・「ソウ3」(2006)
・「ソウ4」(2007)
・「ソウ5」(2008)
・「ソウ6」(2009)
・「ソウ ザ・ファイナル 3D」(2010)
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」(2017)

*(簡略ストー リー)
殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーの協力者だった刑事のホフマンは、事件を解決して英雄視される。
拘束を逃れ救出されたFBI捜査官のストラムは、事件の唯一人の生き残りであるホフマンを疑う。
上司のエリクソンから休暇をとるよう指示されたストラムだったが、独自の捜査を始める。
その頃、密室に閉じ込められたブリットら5人は、”死のゲーム”の被験者となる
ホフマンの妹を惨殺した犯人が、クレイマーの犯行と思わせる方法で殺されたことを知ったストラムは、ホフマンの行動を追うのだが・・・。
__________

殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーの死後に、その協力者だった事件の担当刑事の正体が分かる前作から、新たな”死のゲーム”が始まり発展していく内容となっている。

犯人である刑事を疑い証拠を掴もうとするFBI捜査官の捜査と共に、同時進行する残虐なゲームが進行していく緊迫感が見所の作品。

ジグソウ/ジョン・クレイマーの遺品が元妻に渡されるものの、本作ではそれが何かは明らかにされず、主人公の登場場面が少ないため、やや物足りない感じはするものの、ゲームの仕掛けやアイデアに工夫は凝らされている。

北米興行収入は約5700万ドル、全世界では約1億1400万ドルのヒットとなった。

死して元妻に遺品を遺し、後継者に”死のゲーム”を続けさせるジグソウ/ジョン・クレイマーを演ずるトビン・ベル、その協力者としてゲームを実行する刑事のコスタス・マンディロア、彼を疑うFBI捜査官のスコット・パターソン、その上司で事件に関わるマーク・ロルストン、”死のゲーム”の被験者となる不動産開発会社副社長のジュリー・ベンツ、ヘラルド社調査報道部の記者カルロ・ロタ、富豪の息子である麻薬常用者のグレッグ・ブリック、元火災調査員のローラ・ゴードン、都市計画局職員のミーガン・グッド、主人公の元妻ベッツィ・ラッセル、ホフマン(コスタス・マンディロア)の妹(サラ・パワー)を殺害した冒頭の犠牲者ジョリス・ジャースキー、主人公の後継者ショウニー・スミス、彼女に拉致される医師バハー・スーメク、その夫アンガス・マクファーデン、二人の娘ニーヴ・ウィルソン、ジャーナリストのサマンサ・レモール、警察署長のアル・サピエンザ、ホフマンの部下マイク・リアルバ、SWAT隊長のリリク・ベントなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020