4314 Movies

ソウ6 Saw VI (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

サイコ・スリラー「ソウ」シリーズ第6作。
殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーの後継者となった刑事が、もう一人の共犯者と対決しながら”死のゲーム”を続ける姿を描く、製作総指揮ジェームズ・ワンリー・ワネル、監督ケヴィン・グルタート、主演トビン・ベルコスタス・マンディロアマーク・ロルストンベッツィ・ラッセルショウニー・スミスピーター・アウターブリッジ他共演のサイコ・スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ケヴィン・グルタート

製作
マーク・バーグ
グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
製作総指揮
ダン・ヘフナー
ピーター・ブロック
ジェイソン・コンスタンティン
ステイシー・テストロ
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
原案
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
脚本
パトリック・メルトン
マーカス・ダンスタン
撮影:デヴィッド・A・アームストロング
編集:アンドリュー・クーツ
音楽:チャーリー・クローザー

出演
ジグソウ/ジョン・クレイマー:トビン・ベル
マーク・ホフマン:コスタス・マンディロア
ダン・エリクソン:マーク・ロルストン
ジル・タック:ベッツィ・ラッセル
アマンダ・ヤング:ショウニー・スミス
ウィリアム・イーストン:ピーター・アウターブリッジ
パメラ・ジェンキンス:サマンサ・レモール
デビー:キャロライン・ケーブ
ハンク:ジェリー・メンディシーノ
アディ:ジャネル・ハチソン
アレン:ショーン・アーメッド
アーロン:ジェームズ・ギルバート
エミリー:ラリッサ・ゴメス
ジーナ:メラニー・スクロファーノ
デイヴ:ダライアス・マクラリー
シェルビー:カレン・クリシェ
ジョシュ:ショーン・マシーソン
ハロルド・アボット:ジョージ・ニューバーン
ブレント・アボット:デヴォン・ボスティック
タラ・アボット:ショーナ・マクドナルド
リンジー・ベレーズ:アシーナ・カーカニス
セシル・アダムズ:ビリー・オーティス
シモーネ:タネドラ・ハワード
エディ:マーティ・モロー
リン・デンロン:バハー・スーメク
ジェフ・デンロン:アンガス・マクファーデン
コルベット・デンロン:ニーヴ・ウィルソン

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2009年製作 90分
公開
北米:2009年10月23日
日本:2009年11月6日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $27,693,290
世界 $68,233,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
監禁拘束され、頭に装置をはめられた悪徳闇金融業者のシモーネ(タネドラ・ハワード)とエディ(マーティ・モロー)は、モニターに映った人形から、ゲームをしようと言われる。

一つしかない脱出する道を通れるのは多くの肉を捧げた者だと言われたシモーネとエディは、タイマーが動き出し、こめかみのボルトが締まり始めたため激痛に苦しむ。

二人は肉を削ぎ腕を切断して、秤にそれを乗せる。

そして、エディの装置のボルトはこめかみを貫通する。

ジグソウ/ジョン・クレイマー(トビン・ベル)に協力し後継者となり”死のゲーム”を続けたマーク・ホフマン警部補(コスタス・マンディロア)は、FBI捜査官のピーター・ストラム(スコット・パターソン)を罠にかけて殺し、押しつぶされた死体を確認する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ソウ」(2004)
・「ソウ2」(2005)
・「ソウ3」(2006)
・「ソウ4」(2007)
・「ソウ5」(2008)
・「ソウ6」(2009)
・「ソウ ザ・ファイナル 3D」(2010)
・「ジグソウ:ソウ・レガシー」(2017)

*(簡略ストー リー)
殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーの後継者として”死のゲーム”を続けていたホフマン警部補は、自分を疑ったFBI捜査官のストラムを罠にはめて殺害した。
ストラムの上司エリクソンは、新たな犯行現場から検出されたストラムの指紋などから、彼がクレイマーの共犯者だと考える。
その後ホフマンは、実は生きていたストラムの同僚ペレーズとエリクソンの捜査に協力することになる。
一方、クレイマーから遺品の箱を受け取った元妻のジルは、ある秘密と共に指示に従い行動を開始しようとする。
その頃、保険会社の重役であるイーストンは拉致監禁され、社員6人もと共に”死のゲーム”の被験者となる・・・。
__________

前作で登場した、殺人鬼ジグソウ/ジョン・クレイマーの遺品である、元妻に渡された箱が重要なポイントで、その中身に隠された秘密と新たな共犯者など、多くの謎が解けていく内容となっている。

過激な惨殺場面などはエスカレートし、見るに堪えないような残虐シーンが登場する。

そのためか、マンネリ感がマイナスとなったのか、興行収入は他作に比べて極端に低い結果となってしまい、北米では約2800万ドル、全世界では約6800万ドルに終わった。

前作に続き登場場面は少ないが、関係者などに大きな影響を与える存在自体が強烈に印象に残る、主人公のジグソウ/ジョン・クレイマーを演ずるトビン・ベル、その後継者である警部補のコスタス・マンディロア、彼を追い詰めるものの殺害されるFBI捜査官のマーク・ロルストン、重要な存在として秘密が明らかになる主人公の元妻ベッツィ・ラッセル、彼女や共犯者との複雑な関係が明らかになる主人公の後継者ショウニー・スミス、”死のゲーム”の被験者となる保険会社の重役ピーター・アウターブリッジ、その妹であるジャーナリストで、同じく被験者となるサマンサ・レモール、被験者である保険会社の従業員キャロライン・ケーブジェリー・メンディシーノ、ジャネル・ハチソン、ショーン・アーメッド、ジェームズ・ギルバート、ラリッサ・ゴメス、メラニー・スクロファーノダライアス・マクラリーカレン・クリシェ、ショーン・マシーソン、保険金請求を却下される男性ジョージ・ニューバーン、その息子デヴォン・ボスティック、その母親ショーナ・マクドナルドFBI捜査官のアシーナ・カーカニス、麻薬患者ビリー・オーティス、ゲームの被験者として腕を失いながらも生き残るタネドラ・ハワード、同じゲームで命を落とすマーティ・モロー、末期ガンの主人公を治療する医師バハー・スーメク、その夫アンガス・マクファーデン、その娘ニーヴ・ウィルソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020