4161 Movies

地獄への道 Jesse James (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

西部開拓史に名を残した無法者ジェシー・ジェームズの波乱の人生を描く、製作ダリル・F・ザナック、監督ヘンリー・キング、脚本ナナリー・ジョンソン、主演タイロン・パワーヘンリー・フォンダナンシー・ケリーランドルフ・スコット他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・キング

製作:ダリル・F・ザナック
脚本:ナナリー・ジョンソン
撮影
ジョージ・バーンズ
W・ハワード・グリーン
編集:バーバラ・マクリーン
音楽:ルイス・シルヴァース

出演
ジェシー・ジェームズタイロン・パワー
フランク・ジェームズヘンリー・フォンダ
ゼレルダ”ズィー”ナンシー・ケリー
ウィル・ライト:ランドルフ・スコット
ルーファス・コッブ少佐:ヘンリー・ハル
看守:スリム・サマービル
ジョージ・ラニアン:J・エドワード・ブロムバーグ
バーシー:ブライアン・ドンレヴィ
ボブ・フォードジョン・キャラダイン
フォード夫人:クレア・デュ・ブレイ
マッコイ:ドナルド・ミーク
ジェシー・ジェームズJr.:ジョン・ラッセル
サミュエルズ夫人:ジェーン・ダーウェル
チャールズ・フォードチャールズ・タンネン
クラーク:ウィラード・ロバートソン
ビル:ハロルド・グッドウィン
ピンキー:アーネスト・ホイットマン
保安官補:エディ・ウォラー
ハンク:ポール・バーンズ
牧師:スペンサー・チャーターズ
トム・コルソン:アーサー・アイルスワース
医師:チャールズ・ミドルトン
ヘイウッド:チャールズ・ハルトン
ロイ:ジョージ・チャンドラー
農夫:ハリー・タイラー
少年の母親:ヴァージニア・ブリサック
ランキン判事:エドワード・ルセイント
マシューズ判事:ジョン・エリオット
連邦保安官:アーヴィル・アルダーソン
農場の少年:ジョージ・ブレイクストン
ジェームズの手下:ロン・チェイニーJr.
兵士:トム・ロンドン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1939年製作 106分
公開
北米:1939年1月27日
日本:1951年5月19日
製作費 $1,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
南北戦争後、大陸横断鉄道が西へと敷かれ、時として強引な方法で土地が奪われた。

鉄道会社”セントルイス・ミッドランド”の代理人バーシー(ブライアン・ドンレヴィ)は、無知な農夫の弱みに付け込み、土地をタダ同然で手に入れていた。

作業をするジェシー・ジェームズタイロン・パワー)に声をかけたバーシーは、農場の持ち主が母親のサミュエルズ夫人(ジェーン・ダーウェル)だと知る。

バーシーから鉄道のことを聞き、契約書のサインを求められた夫人は、弁護士と話してから決めると伝える。

夫人の息子フランクヘンリー・フォンダ)は、強引にサインさせようとするバーシーを不審に思い、彼を殴り倒して追い払おうとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
南北戦争後、大陸横断鉄道が西へと敷かれ、強引な手法で土地を買収する鉄道会社”セントルイス・ミッドランド”の代理人バーシーに母を殺されたジェシー・ジェームズと兄フランクは、復讐を誓う。
強盗団を組織して鉄道会社の汽車を襲ったフランクジェシーは、お尋ね者となり高額な賞金が懸けられる。
恋人ゼレルダに説得されて自首したジェシーは、それが鉄道会社側の罠だと知り処刑されそうになり、フランクと兄弟に友好的な連邦保安官のウィルの協力で逃亡するのだが・・・。
__________

西部開拓史で名高い無法者ジェシー・ジェームズの波乱の人生を描く西部劇。

本作は好評価を得て、翌年、ヘンリー・キングに代わりフリッツ・ラングが監督し、本作でフランク・ジェームズを演じたヘンリー・フォンダが主演した続編「地獄への逆襲」が公開された。

製作は前作と同じくダリル・F・ザナックが担当し、ジェシー・ジェームズを暗殺したボブ・フォード役のジョン・キャラダインも同じ役で出演している。

無法者一味が暴れ回るだけの内容ではなく、悪党ではあるものの人々に愛された、主人公ジェシー・ジェームズの人間性を中心に、ユーモアをまじえた軽快で切れ味鋭いヘンリー・キングの演出が見どころの作品。

豪華スター競演の中で、撮影当時24歳の主演タイロン・パワーは、人間味あふれる主人公ジェシー・ジェームズを魅力的に演じている。

弟をサポートするフランク・ジェームズ役のヘンリー・フォンダジェシーの妻ゼレルダ”ズィー”ナンシー・ケリー、彼女に惹かれながら主人公兄弟に協力する連邦保安官ランドルフ・スコット、人情味のあるヒロインの伯父で、新聞社の編集長のヘンリー・ハル、留置場の看守スリム・サマービル、主人公らの仲間割れを狙う探偵J・エドワード・ブロムバーグ、農場を買収する鉄道会社の代理人ブライアン・ドンレヴィジェシーを暗殺する仲間ボブ・フォードジョン・キャラダイン、その妻クレア・デュ・ブレイボブの弟チャールズ・フォードチャールズ・タンネン、鉄道会社社長のドナルド・ミーク、主人公の息子ジョン・ラッセル、主人公兄弟の母親サミュエルズ夫人のジェーン・ダーウェル、主人公の使用人アーネスト・ホイットマン

保安官補のエディ・ウォラー、主人公の仲間ポール・バーンズアーサー・アイルスワースロン・チェイニーJr.、牧師のスペンサー・チャーターズ、医師のチャールズ・ミドルトン、銀行の頭取チャールズ・ハルトン、新聞社社員のジョージ・チャンドラー、判事のエドワード・ルセイントジョン・エリオット連邦保安官アーヴィル・アルダーソン、農場の少年ジョージ・ブレイクストン、その母親ヴァージニア・ブリサック、兵士のトム・ロンドン、他ウィラード・ロバートソンハロルド・グッドウィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020