4161 Movies

予期せぬ出来事 The V.I.P.s (1963)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

霧のロンドン・ヒースロー空港を舞台に富豪夫婦の愛憎と居合わせた乗客たちの人間模様を描く、監督アンソニー・アスキス、主演エリザベス・テイラーリチャード・バートンルイ・ジュールダンオーソン・ウェルズエルザ・マルティネッリマーガレット・ラザフォードマギー・スミスロッド・テイラー他共演のドラマ。


ドラマ

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest
オーソン・ウェルズ / Orson Welles / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アンソニー・アスキス

製作:アナトール・デ・グランワルド
脚本:テレンス・ラティガン
撮影:ジャック・ヒルデヤード
編集:フランク・クラーク
音楽:ミクロス・ローザ

出演
フランセス・アンドロス:エリザベス・テイラー
ポール・アンドロス:リチャード・バートン
マーク・シャンセル:ルイ・ジュールダン
マックス・ブーダ:オーソン・ウェルズ
グロリア・グリッティ:エルザ・マルティネッリ
ブライトン公爵夫人:マーガレット・ラザフォード
ミード:マギー・スミス
レス・マングラム:ロッド・テイラー
ミリアム・マーシャル:リンダ・クリスチャン
ミルバンク:デニス・プライス
サンダース:リチャード・ワッティス
記者:デヴィッド・フロスト
ジョン・コバーン:ロバート・クート
ジョスリン:ロナルド・フレーザー
ポッター:ジョアン・ベンハム
空港監督官:マイケル・ホーダーン
シュワルツバッカー博士:マーティン・ミラー
英国海外航空/B.O.A.C職員:ランス・パーシバル
医師:ピーター・サリス
ホテルのウェイター:ストリンガー・デイヴィスマーガレット・ラザフォード夫)
ジャマイカ行きの乗客:クリフトン・ジョーンズ
客室乗務員:モイラ・フレーザー

イギリス 映画
配給 MGM
1963年製作 119分
公開
イギリス:1963年9月4日
北米:1963年9月19日
日本:1963年9月1日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $15,000,000


アカデミー賞
第36回アカデミー賞

・受賞
助演女優賞(マーガレット・ラザフォード


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン・ヒースロー空港
映画プロデューサーのマックス・ブーダ(オーソン・ウェルズ)は、女優のグロリア・グリッティ(エルザ・マルティネッリ)と共に到着する。

英国海外航空/B.O.A.C職員のジョスリン(ロナルド・フレーザー)は、VIPルームの接待担当のサンダース(リチャード・ワッティス)から、今日のVIPの中で、特に女優のフランセス・アンドロス(エリザベス・テイラー)に気を遣うよう指示される。

サンダースにVIPルームに案内されるブーダは、会計士のシュワルツバッカー博士(マーティン・ミラー)との打ち合わせを始める。

出国手続きに梃子摺るブライトン公爵夫人(マーガレット・ラザフォード)は、サンダースの計らいでそれを済ませ、職員のポッター(ジョアン・ベンハム)がVIPルームに案内する。

マイアミに向かうブライトン夫人は、屋敷を維持するために働きに行くことをポッターに話す。

フランセスと大富豪である実業家の夫ポール(リチャード・バートン)はヘリコプターで到着し、補佐のミルバンク(デニス・プライス)とサンダースが二人を迎える。

旅立つフランセスを見送るポールは、彼女に高価なブレスレットを贈りターミナルに到着する。

知人であるギャンブラーのマーク・シャンセル(ルイ・ジュールダン)に気づいたポールは、彼に声をかける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン・ヒースロー空港
実業家である大富豪のポール・アンドロス夫人で女優のフランセスは、ギャンブラーであるマークと駆け落ちすることを考えていた。
ポールに見送られたフランセスは、何も知らない彼に手紙を残してきたことをマークに伝える。
脱税を考える映画監督ブーダと女優のグロリア、会社の買収を阻止するためにニューヨークに向かおうとする、トラクター会社の経営者で青年実業家レスと秘書のミード、そして、屋敷が維持できないためにフロリダで働くことを考えるブライトン侯爵夫人らは、VIPルームで搭乗を待つ。
霧のために出発が遅れたフランセスは、手紙を読み戻って来たポールと話し合うことになるのだが・・・。
__________

脚本家のテレンス・ラティガンが、友人だったローレンス・オリヴィエ夫人ヴィヴィアン・リーが、不倫関係にあったピーター・フィンチと駆け落ちを考えるものの、霧のために空港の飛行が遅れたことで、彼女がローレンス・オリヴィエの元に戻ったという出来事を基にして書き上げた物語。

富豪夫妻の夫婦関係の亀裂を中心に、ロンドン・ヒースロー空港のVIPルームに集う人々の人間模様を描いた作品。

主人公夫婦の愛のもつれ自体が興味深い内容であるため、面白味はあるものの、周囲の人々の出来事が邪魔してしまっているところが残念な気がする。
富豪夫婦の亀裂と修復、青年実業家と秘書の関係だけを重点に描いた物語の方がよかったようにも思える。

とは言え、当時、存在した英国海外航空/B.O.A.C職員の接待の様子や、ベテラン俳優のユーモアをまじえた演技なども楽しめる作品には仕上がっている。

特に、第36回アカデミー賞で助演女優賞を受賞したマーガレット・ラザフォードのコミカルで味わいのある演技は見事であり、終盤で籠城する、実生活の夫であるホテルの老ウエイター役のストリンガー・デイヴィスとの微笑ましいシーンは印象に残る。

主演のエリザベス・テイラーは、愛に迷う富豪夫人を好演し、3か月前に公開された前作「クレオパトラ」(1963)でも共演した夫役のリチャード・バートンとは翌年、結婚することになるため、当時の二人の関係を考えながら観ると一層興味深い。

主人公との駆け落ちを考えるギャンブラーであるプレイボーイのルイ・ジュールダン、脱税を考える映画監督のオーソン・ウェルズ、その愛人である女優のエルザ・マルティネッリ、広大な屋敷の維持のために苦悩する公爵夫人のマーガレット・ラザフォード、企業買収で窮地に立たされる青年実業家ロッド・テイラー、彼を密かに愛する秘書のマギー・スミス、彼の恋人リンダ・クリスチャン、ポール(リチャード・バートン)の補佐デニス・プライスB.O.A.CのVIPルーム接待担当者リチャード・ワッティス、その部下ロナルド・フレーザー、ブーダ(オーソン・ウェルズ)に質問する記者のデヴィッド・フロスト、マーク(ルイ・ジュールダン)のギャンブラー仲間のロバート・クートB.O.A.Cの職員ジョアン・ベンハムランス・パーシバル、空港監督官のマイケル・ホーダーン、ブーダの会計士マーティン・ミラー、主人公の傷の手当てをする医師のピーター・サリス、ホテルのウェイター、ストリンガー・デイヴィスマーガレット・ラザフォードの夫)、ジャマイカ行きの乗客クリフトン・ジョーンズ、客室乗務員のモイラ・フレーザーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020