4509 Movies

地獄への逆襲 The Return of Frank James (1940)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1939年に公開された、「地獄への道」の続編。
ジェシーを殺した裏切り者であるフォード兄弟を追うフランク・ジェイムズの復讐を描く、製作ダリル・F・ザナック、監督フリッツ・ラング、主演ヘンリー・フォンダジーン・ティアニージャッキー・クーパーヘンリー・ハルジョン・キャラダイン他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:フリッツ・ラング

製作:ダリル・F・ザナック
脚本:サム・ヘルマン
撮影:ジョージ・バーンズ
編集:ウォルター・A・トンプソン
音楽:デヴィッド・バトルフ

出演
フランク・ジェイムズヘンリー・フォンダ
エレノア・ストーン:ジーン・ティアニー
クレム:ジャッキー・クーパー
ルーファス・コッブ少佐:ヘンリー・ハル
ボブ・フォードジョン・キャラダイン
ジョージ・ラニアン:J・エドワード・ブロムバーグ
マッコイ:ドナルド・ミーク
駅員:エディ・コリンズ
判事:ジョージ・バービア
検事:ラッセル・ヒックス
ピンキー:アーネスト・ホイットマン
チャーリー・フォードチャールズ・タネン
ランドルフ・ストーン:ロイド・コリガン
伝道師:ヴィクター・キリアン
ジャクソン大佐:エドワード・マクウェイド
ロイ:ジョージ・チャンドラー
傍聴人:アーヴィング・ベーコン
ダニエルズ保安官:フランク・シャノン
ネリー・ブレイン:バーバラ・ペッパー
ウィルソン:ルイ・メイソン
モーゼ:スタイミー・ビアード
俳優:フランク・サリー
俳優:ウィリアム・ポーリー
警官:デビットソン・クラーク
老人:ロバート・マッケンジー
デンバーの警官:エイドリアン・モリス
エレノアのメイド:リリアン・ヤーボ
ジェシー・ジェームズタイロン・パワー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1940年製作 92分
公開
北米:1940年8月16日
日本:1952年2月22日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ミズーリ州。
お尋ね者のジェシー・ジェームズタイロン・パワー)は、仲間のボブ・フォードジョン・キャラダイン)と弟チャーリーチャールズ・タネン)に裏切られて殺される。

ジェシーの兄フランクヘンリー・フォンダ)は、”ベン・ウッドソン”と名前を変えて身を隠し、農夫として暮らしていた。

フランクは、”フランク・ジェイムズ”は死んだと、使用人のピンキー(アーネスト・ホイットマン)に言い聞かせる。

そこに、子供時代から面倒を見ている少年クレム(ジャッキー・クーパー)が戻る。

クレムから、ジェシーボブチャーリーに背後から撃たれて殺されたことを知らされたフランクは、復讐は考えなかった。

フォード兄弟は法が裁くと考えるフランクは、それをクレムに伝える。

訪ねて来た伝道師(ヴィクター・キリアン)から、フォード兄弟が絞首刑になることを知らされたフランクは、法の裁きに満足する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ミズーリ州。
お尋ね者のフランク・ジェイムズは、裏切った仲間のボブ・フォードチャーリーに弟ジェシーが殺されたことを知る。
復讐を誓いリバティの町に向かったフランクは、協力者である新聞社社主コッブ少佐から、フォード兄弟が町を出たことを知らされる。
ミッドランド鉄道の社長マッコイが絡んでいることも知ったフランクは、世話をしている少年クレムと共にマッコイの金を奪い、フォード兄弟を追うのだが・・・。
__________

前年の1939年に公開された西部劇の秀作「地獄への道」の続編。

製作は前作同様ダリル・F・ザナックが担当し、フリッツ・ラングが監督した作品。

主人公のフランク・ジェイムズを演ずる主演のヘンリー・フォンダをはじめ、前作の多くのキャラクターがそのまま登場する。

軽快で切れのいいフリッツ・ラングの演出、無法者ではあるが、正義感や誠実さが感じられる主人公を演ずるヘンリー・フォンダの好演、また、ヒロインを演ずる、本作がデビュー作となる撮影当時19歳のジーン・ティアニーの輝くような美しさなど、西部劇の醍醐味も満載の快作に仕上がっている。

主人公の世話になっている少年を印象的に演じ熱演するジャッキー・クーパー、今回も味のある演技で主人公の協力者を演ずる新聞社社主ヘンリー・ハル、主人公の仇役であるボブ・フォードジョン・キャラダイン、その弟チャーリー・フォードチャールズ・タネン、鉄道会社に雇われる探偵のJ・エドワード・ブロムバーグ、鉄道会社社長のドナルド・ミーク、駅員のエディ・コリンズ、判事のジョージ・バービア、検事のラッセル・ヒックス、主人公の使用人アーネスト・ホイットマン、ヒロインの父親である新聞社社主ロイド・コリガン、伝道師のヴィクター・キリアン、主人公の恩師である大佐エドワード・マクウェイド、新聞社の社員ジョージ・チャンドラー、裁判の傍聴人アーヴィング・ベーコン、保安官のフランク・シャノン、集配所の夜警ルイ・メイソン、ホテルのボーイ役スタイミー・ビアード、舞台俳優のフランク・サリーとウィリアム・ポーリー、警官のデビットソン・クラークとエイドリアン・モリス、老人のロバート・マッケンジー、ヒロインのメイド役リリアン・ヤーボ、他バーバラ・ペッパーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021