4352 Movies

ボーン・イエスタデイ Born Yesterday (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1946年初演のガーソン・ケニンの舞台劇”Born Yesterday”の映画化。
無学で下品な富豪の愛人が教育係になった新聞記者との出会いで新たな人生を手に入れるまでを描く、監督ジョージ・キューカー、主演ジュディ・ホリデイブロデリック・クロフォードウィリアム・ホールデンハワード・セント・ジョン他共演のコメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・キューカー

製作:S・シルヴァン・サイモン
原作:ガーソン・ケニンBorn Yesterday
脚本
ガーソン・ケニン
アルバート・マンハイマー
撮影:ジョセフ・ウォーカー
編集:チャールズ・ネルソン
衣裳デザイン:ジャン・ルイ
音楽:フレデリック・ホランダー

出演
エマ”ビリー”ドーン:ジュディ・ホリデイ
ハリー・ブロック:ブロデリック・クロフォード
ポール・ヴェラル:ウィリアム・ホールデン
ジム・デヴェリー:ハワード・セント・ジョン
エディ:フランク・オットー
ノーヴァル・ヘッジス下院議員:ラリー・オリバー
アンナ・ヘッジス:バーバラ・ブラウン
サンボーン:グランドン・ローズ
ヘレン:クレア・カールトン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1950年製作 102分
公開
北米:1950年12月5日
日本:未公開


アカデミー賞
第23回アカデミー賞

・受賞
主演女優賞(ジュディ・ホリデイ
・ノミネート
作品・監督・脚色・衣裳デザイン賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ワシントンD.C.

自己中心的で横暴なハリー・ブロック(ブロデリック・クロフォード)は、くず鉄業で財を成した富豪だった。

ビジネスのために現地に到着したハリーは、ホテルのワンフロアを借り切り、婚約者のエマ”ビリー”ドーン(ジュディ・ホリデイ)らと滞在することになる。

新聞記者のポール・ヴェラル(ウィリアム・ホールデン)は、専用エレベーターに乗るハリーに声をかけるものの、相手にされない。

支配人のサンボーン(グランドン・ローズ)に最高級スイートルームに案内されたハリーは、1泊400ドルすることをビリーに自慢する。

ハリーは、サンボーンとボーイにチップを渡すよう部下のエディ(フランク・オットー)に指示し、現われた弁護士のジム・デヴェリー(ハワード・セント・ジョン)とビジネスに関するワイロの話などを始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
自己中心的で横暴なハリーは、くず鉄業で財を成した富豪だった。
ハリーは、無学で下品な婚約者のエマ”ビリー”ドーンがビジネスの妨げになると考え、弁護士のジムと相談して、取材に来た新聞記者のポールを彼女の教育係として雇う。
ポールと惹かれ合う仲になったビリーは、彼から本を与えられ、市内観光で国会議事堂などを回り様々な知識を吸収して、何事にも自分の考えを持つようになるのだが・・・。
__________

既に様々な名作を手掛けていたジョージ・キューカーの無駄のない軽快な演出が光るコメディの秀作。

映画監督、脚本家としても活躍していたガーソン・ケニンの演出した舞台劇”Born Yesterday”の映画化であり、オリジナルキャストのジュディ・ホリデイが主演を演じた。

富豪のハリーの部下エディ役のフランク・オットー、ハリーと手を組むヘッジス下院議員のラリー・オリバーも舞台で同じ役を演じている。

第23回アカデミー賞では作品賞以下5部門にノミネートされ、ジュディ・ホリデイが主演女優賞を獲得した。

ノミネート作品・監督・脚色・衣裳デザイン賞(白黒)

2012年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ドラマの舞台がワシントンD.C.あるところがポイントで、教養のない主人公が、アメリカの精神を知り知識を得るには最適な場所と言える。
市内の観光名所、国会議事堂議会図書館ナショナル・ギャラリー・オブ・アートジェファーソン記念館などを回りながら、主人公が、アメリカという国家について考え、教養を身につけていく姿が興味深く描かれている。

無学で下品な女性として登場する主人公なのだが、ジュディ・ホリデイがシーンの度に着替える衣裳の素晴らしさも注目だ。

舞台の当たり役でもあり、主人公を見事に演じたジュディ・ホリデイの演技は各方面で絶賛され、その年の演技賞を総なめにした。
特に、「サンセット大通り」のグロリア・スワンソン、「イヴの総て」のベティ・デイヴィスを抑えてのオスカー受賞は偉業とも言える。

自己中心的で粗暴な富豪を熱演するブロデリック・クロフォード、主人公に惹かれながら彼女の教育係を務める新聞記者をいい雰囲気で演ずるウィリアム・ホールデン、問題がある富豪に手を焼きながらも補佐として働く弁護士のハワード・セント・ジョン、富豪の部下フランク・オットー、富豪と手を組む下院議員のラリー・オリバー、その妻バーバラ・ブラウン、ホテルの支配人グランドン・ローズ、ホテルのメイド役クレア・カールトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020