4237 Movies

サンセット大通り Sunset Blvd. (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

その存在や生活感などが”虚構”にさえ見えてしまうハリウッドの内幕を描く、監督、脚本ビリー・ワイルダー、主演ウィリアム・ホールデングロリア・スワンソンエリッヒ・フォン・シュトロハイムナンシー・オルソン他共演によるフィルム・ノワール作品として映画史上に残る不朽の名作。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作:チャールズ・ブラケット
脚本
チャールズ・ブラケット

ビリー・ワイルダー
D・M・マーシュマンJr.
撮影:ジョン・サイツ
編集:アーサー・P・シュミット
美術・装置
ハンス・ドレイアー

ジョン・ミーハン
サム・コマー
レイ・モイヤー
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
ウィリアム・ホールデン:ジョー・ギリス
グロリア・スワンソン:ノーマ・デズモンド
エリッヒ・フォン・シュトロハイム:マックス・フォン・マイアリング
ナンシー・オルソン:ベティ・シェイファー
ジャック・ウェッブ:アーチー・グリーン
フレッド・クラーク:シェルドレイク
ロイド・ガフ:マリノ
フランクリン・ファーナム:葬儀屋
ヘッダ・ホッパー:本人
バスター・キートン:本人
セシル・B・デミル:本人
H・B・ワーナー:本人
レイ・エヴァンス:本人
アンナ・Q・ニルソン:本人
ジェイ・リヴィングストーン:本人

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1950年製作 109分
公開
北米:1950年8月10日
日本:1951年10月5日
製作費 $1,752,000
世界 $5,000,000


アカデミー賞 ■
第23回アカデミー賞
・受賞
脚色・美術(白黒)・作曲賞(ドラマ・コメディ)
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ウィリアム・ホールデン)
主演女優(グロリア・スワンソン)
助演男優(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)
助演女優(ナンシー・オルソン)
撮影(白黒)・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルスサンセット大通り
ある邸宅で殺人事件が発生し警察が駆けつける。

プールに浮かんでいる被害者は、三流の脚本家ジョー・ギリス(ウィリアム・ホールデン)だった。
__________

6ヶ月前。
売れない脚本家ギリスは、ローンを払わず、車を差し押さえられそうになる。

金策に困ったギリスは、パラマウントに送っていた脚本を頼りに、プロデューサーのシェルドレイク(フレッド・クラーク)に直談判に向かう。

はったりをかけて脚本を売り込もうとしたギリスだったが、それをチェックしてシェルドレイクに渡した脚本部のベティ・シェイファー(ナンシー・オルソン)が、手厳しい評価を下す。

結局ギリスは、シェルドレイクや他の映画会社からも相手にされず、エージェントに借金を頼むが、それも断られてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
売れない脚本家ジョー・ギリスは、信販会社の調査員から逃れるために、サンセット大通りの、ある邸宅に車を乗り入れてしまう。
執事マックスに屋敷内に通され、女主人に会ったギリスは、ペットのサルの葬儀屋と間違えられてしまう。
そしてギリスは、その女主人が、往年の大女優”ノーマ・デズモンド”だということに気づく。
過去の栄光に陶酔するノーマは、ギリスが脚本家だと知り、自らの新作映画について語り始め、セシル・B・デミルと手を組むという脚本を、彼に読ませる。
内容は平凡だったが、ギリスはノーマが批判を受け付けないことを察知し、手直しを提案する。
そこでノーマは、ギリスにそれを依頼し、屋敷内の部屋と高額の報酬と約束する。
生活に困窮するギリスは、当然ノーマの依頼を引き受けるのだが・・・。
__________

1989年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した最初の作品でもある。

第23回アカデミー賞では、作品賞をはじめ11部門にノミネートされ、脚色、美術(白黒)、作曲賞(ドラマ・コメディ)を受賞した。
・ノミネート
作品、監督
主演男優(ウィリアム・ホールデン)
主演女優(グロリア・スワンソン)
助演男優(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)
助演女優(ナンシー・オルソン)
撮影(白黒)、編集賞

この年は、同じく傑作の「イヴの総て」(1950)が主要部門を獲得したために、本作は3部門の受賞に終わった。

忘れられぬ過去の栄光にしがみつく中年女優と、彼女に見初められた三流脚本家と執事の、”不気味”なまでの関係が生み出す悲劇を生々しく描いた、ビリー・ワイルダーの卓越した演出力と脚本(共同)は秀逸で、凄まじいラストを迎える、クライマックスまでの緊迫感は息を呑む。

主演のウィリアム・ホールデンが、いきなり殺害された死体でプールに浮かび登場するショッキングなオープニングで、早くも度肝を抜かれるが、サスペンスの要素を取り入れた人間ドラマとしても、上質な仕上がりとなっている。

外見は廃墟に見える、大女優の豪邸内のセットや装飾品、緊張感を煽るフランツ・ワックスマンの音楽も素晴らしい効果を上げている。

若手の星として1950代に飛躍することになる、ウィリアム・ホールデンの人気を決定付けた作品の一本で、金策に悩み。渡りに船で受けた仕事のお陰で、悲劇の主人公となってしまう脚本家の苦悩を見事に演じている。

自身の俳優人生を髣髴させる、グロリア・スワンソンの鬼気迫る演技の素晴らしさは言うまでもないが、実生活と物語とで、同じ年齢設定の50歳では、忘れ去られた化石のような老女優とは言い難いのだが、10代後半からのサイレント映画に出演し、全盛期から既に20年以上の月日が流れていることを思えば、当時の状況からして真実味もある。

実際のサイレント俳優バスター・キートンH・B・ワーナーアンナ・Q・ニルソンなどが、カードゲームの場面でチラリと顔を出す場面があるが、ビリー・ワイルダーの真骨頂である、独特の皮肉の効いたユーモアを極力抑えた作品の中で、ワンポイントとなるシーンとして非常に興味深い。

感情を表に出さない、悲劇を背負うもう一人の主人公と言えるほどの存在感を示す、執事役エリッヒ・フォン・シュトロハイムの、主人を悲しげに見つめながら、演技をつけるラストの表情は、悲惨なドラマを象徴している。
彼は実際にグロリア・スワンソン作品「Queen Kelly」(1929)を監督し、劇中に主人公達がそれを屋敷で上映鑑賞する場面も登場する。

これがデビュー作、いきなりアカデミー助演賞にノミネートされた、撮影所脚本部のナンシー・オルソン、その恋人役のジャック・ウェッブ、プロデューサーのフレッド・クラーク、そして、”史上最高の脇役”としてセシル・B・デミルが、「サムソンとデリラ」の実際のセットを使い、本人役で重要な役を演じ、女優でもあるゴシップ・コラムニストのヘッダ・ホッパーも本人役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020