4451 Movies

野生のエルザ Born Free (1966)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1960年に発表された、ジョイ・アダムソンの著書”Born Free”を基に製作された作品。
狩猟監視員夫妻が育てた野生のライオンとの交流を描く、監督ジェームズ・ヒル、主演ヴァージニア・マッケンナビル・トラヴァースジェフリー・キーン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・ヒル

製作
サム・ジャッフェ
ポール・B・ラディン
原作:ジョイ・アダムソンBorn Free
脚本:レスター・コール
撮影:ケネス・タルボット
編集:ドン・ディーコン
音楽:ジョン・バリー

出演
ジョイ・アダムソンヴァージニア・マッケンナ
ジョージ・アダムソンビル・トラヴァース
ジョン・ケンドール:ジェフリー・キーン
ヌル:ピーター・ルコイエ
医師:スーリヤ・パテル
ワトソン:ジェフリー・ベスト
サム:ビル・ゴッデン
ジェームズ:ロバート・S・ヤング

イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1966年製作 95分
公開
イギリス:1966年3月18日
北米:1966年6月22日
日本:1966年3月15日
製作費 $2,000,000


アカデミー賞
第39回アカデミー賞

・受賞
作曲・歌曲賞”Born Free


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ケニア北部。
川で洗濯をしていた女性が、オスのライオンに殺される事件が起きる。

イギリス人のジョイ・アダムソンヴァージニア・マッケンナ)は、狩猟監視員である夫のジョージビル・トラヴァース)と共に、岩ダヌキのパティと共に平穏な日々を送っていた。

現地人にある場所に案内されたジョージは、殺人ライオンとメスを仕留める。

ジョイは、仕事から戻ったジョージから、ライオンを仕留めたことを知らされる。

ジョージは、残された3匹の子ライオンをジョイにプレゼントする。

ジョイジョージは、早速3匹にミルクを与えるものの、飲んでもらえなかった。

何日も飲まない状態が続き、ジョイジョージは様々なミルクの調合を試す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ケニア北部。
イギリス人狩猟監視員のジョージ・アダムソンは、人喰いライオンのオスとメスを仕留め、残された3匹の子ライオンを持ち帰り妻のジョイと共に育てることにする。
ミルクを飲ませることに苦労しながら、3匹と楽しい日々を送るジョイジョージだったが、今後のことを考えて動物園に送る決心をする。
自分を母と思うメスのライオン”エルザ”との別れが辛いジョイは悲しむが、ジョージは彼女のためにエルザだけを残す。
やがてエルザは成長し、問題を起こす可能性があるため、再び動物園に送ることが検討される。
それに反対するジョイは、ジョージを説得してエルザを野生に返すための準備を始めるのだが・・・。
__________

主人公であるジョイ・アダムソンの著書”Born Free”を基に製作された実録ドラマ。

実生活でも夫婦であるヴァージニア・マッケンナビル・トラヴァースがアダムソン夫妻が演じた。

アフリカの大自然を舞台に、2人が育てた野生のライオン”エルザ”との交流が、愛情あふれるシーンと共に見事に描かれている。

クライマックスでジョイが、人間社会と野生動物の将来的な関係のために努力してくれた”エルザ”を誇りに思うとジョージに語る言葉が印象に残る。

1972年に、本作の主役2人以外のキャストを起用した続編「永遠のエルザ」が公開され、1974年には”同名(Born Free)テレビシリーズ”(13回)が放映された。

第39回アカデミー賞では、ジョン・バリーが作曲賞を、ラストシーンを盛り上げるマット・モンローが歌う”Born Free”が歌曲賞を受賞した。

ジョージの上司である狩猟監視員の管理官ジェフリー・キーン、主人公夫妻の使用人ピーター・ルコイエ、ジョージを治療する医師のスーリヤ・パテル、ハンターのジェフリー・ベストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021