4233 Movies

イヴの総て All About Eve (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

ブロードウェイハリウッド、または芸能界の地位や名誉欲に執着する野心家の女性と、彼女に翻弄される業界人の姿を描いた、製作、監督、脚本ジョセフ・L・マンキーウィッツベティ・デイヴィスアン・バクスタージョージ・サンダースセレステ・ホルム共演のドラマ。マリリン・モンローも脇役出演する。


ドラマ

ベティ・デイヴィス / Bette Davis / Pinterest
マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
製作:ダリル・F・ザナック
脚本:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
撮影:ミルトン・クラスナー
原作:メアリー・オアーThe Wisdom of Eve
編集:バーバラ・マクリーン
美術・装置
ライル・R・ウィーラー
ジョージ・デイヴィス
トーマス・リトル
ウコルター・M・スコット
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
マーゴ・チャニング:ベティ・デイヴィス
イヴ・ハーリントン/ガートルード・スレシンスキー:アン・バクスター
アディソン・デウィット:ジョージ・サンダース
カレン・リチャーズ:セレステ・ホルム
ビル・サンプソン:ゲイリー・メリル
ロイド・リチャーズ:ヒュー・マーロウ
マックス・フェビアン:グレゴリー・ラトフ
バーディー・クーナン:セルマ・リッター
クローディア・カズウェル:マリリン・モンロー
フィービー:バーバラ・ベイツ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1950年製作 138分
公開
北米:1950年10月13日
日本:1951年9月21日
北米興行収入 $63,460


アカデミー賞 ■
第23回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
助演男優(ジョージ・サンダース)
脚本・録音・衣装デザイン賞
・ノミネート
主演女優(ベティ・デイヴィス/アン・バクスター)
助演女優(セレステ・ホルム/セルマ・リッター)
編集・撮影(白黒)・美術(白黒)・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アメリカ演劇界最高の栄誉”セイラ・シドンズ賞”をイヴ・ハリントン(アン・バクスター)が受賞することになる。

しかし、会場の喝采を受けるイヴを、複雑な表情で見つめる数人の出席者がいた。
__________

8ヶ月前。
劇作家ロイド・リチャーズ(ヒュー・マーロウ)の妻カレン(セレステ・ホルム)は、大女優であるマーゴ・チャニング(ベティ・デイヴィス)に憧れ、毎晩、彼女の楽屋口に訪れるイヴを気にかけていた。

ある晩、劇場の裏口で、イヴに声をかけられたカレンは、サインねだりか非行少女だと言い張るマーゴを説得して彼女にイヴを紹介する。

マーゴは、ロイドや付き人のバーディー・クーナン(セルマ・リッター)とで、イヴの語る身の上話を聞き感銘を受ける。

そこに、マーゴの恋人で、演出家のビル・サンプソン(ゲイリー・メリル)が現れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1946年に発表された、メアリー・オアーの短編”The Wisdom of Eve”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
劇作家ロイド・リチャーズの妻カレンは、大女優マーゴ・チャニングに憧れ、毎日劇場に足を運ぶ貧しい女性イヴを気にかけ、カレンはイヴをマーゴに紹介する。
イヴを気に入ったマーゴは、彼女を付き人にするが、プライバシーにまで干渉し始めるイヴを、マーゴは次第に嫌い始める。
カレンは、その後もイヴを支え続けるが、マーゴの代役を務めた彼女は、マーゴの恋人で演出家のビルや、ロイドにまで接近し始める。
イヴの周囲が、彼女の行動に警戒し始めた頃、批評家アディソンはイヴの正体を暴き、彼女を影で操ろうと画策する・・・。
__________

前年の「三人の妻への手紙」(1949)に続いて、2年連続でアカデミー監督賞と脚本賞に輝く快挙を成し遂げたジョセフ・L・マンキーウィッツの、演劇界の内幕を描いた重厚なドラマで、冒頭の謎が解けていくクライマックスまでの展開は、さながらミステリーのような面白味もある。

第23回アカデミー賞では、12部門のノミネート中、作品賞以下6部門で受賞した映画史上に残る名作。
・受賞
作品・監督
助演男優(ジョージ・サンダース)
脚本・録音・衣装デザイン賞
・ノミネート
主演女優
(ベティ・デイヴィス/アン・バクスター)
助演女優
(セレステ・ホルム/セルマ・リッター)
編集・撮影(白黒)・美術(白黒)・作曲賞

1990年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

火花を散らすベティ・デイヴィスアン・バクスターをはじめとした、主な出演者それぞれの個性を見事に生かした、ジョセフ・L・マンキーウィッツの、迫力さえ感じさせる演出は見事だ。

誰もが平伏す大女優、それを蹴落とそうとする強かな女性、さらには、その上手をいく策略家の登場という、目まぐるしいストーリー展開にも圧倒される。

華やかな世界と、うごめく人間模様を見事に表現するアルフレッド・ニューマンの音楽、艶やかな演劇界、特に女優陣の衣装を担当したイデス・ヘッドの確かな仕事も素晴らしい。

主演のベティ・デイヴィスは、”悪女女優を見事に演じた”などと記してあるコメントをよく見かけるが、”秀でた才能の大女優を演じた”と言った方が正しいだろう。

この位のパワーがなければ、その世界のトップの座を勝ち取れるはずもなく、現実の彼女を投影しているような役柄も実に興味深い。
へたな男優が、10人位束になってもかないそうもない雰囲気も彼女らしい。
彼女は、恋人役のゲイリー・メリルと、撮影終了直後に結婚している。

ベティ・デイヴィスと揃ってアカデミー主演賞候補になったアン・バクスターこそ、強かな悪女役で、ハリウッドの女優にしては、小柄で地味でもあり、そして誠実そうなイメージとのギャップが、見事な効果を上げている。

その彼女の上をいく”悪人”ジョージ・サンダースの隙のない策略家は、当時44歳とは思えない貫禄と共に、圧倒的な存在感がある。

彼は、1972年に睡眠薬自殺をするが、発見された遺書には「退屈だからこの世を去る」とあったという。
本作の彼を見ていると、そのような命の絶ち方をしそうな雰囲気がある。

こちらも揃ってアカデミー助演賞にノミネートされた、セレステ・ホルムセルマ・リッターらの、実力派俳優の好演も見ものだ。

セルマ・リッターは、後半、全く姿を見せなくなってしまうのは残念だ。

女優人に関るゲイリー・メリルヒュー・マーロウグレゴリー・ラトフも、それぞれがいい味を出している

まだ20代半ばのマリリン・モンローの、美しさが際立つ出演も印象に残る。

そして、ラストを飾る、次の野心家役でバーバラ・ベイツが出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020