4452 Movies

絞首台の決闘 Good Day for a Hanging (1959)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

娘の幼馴染である青年が犯した殺人の唯一の目撃者である連邦保安官の苦悩を描く、監督ネイサン・ジュラン、主演フレッド・マクマレイマギー・ヘイズロバート・ヴォーンジョーン・ブラックマンジェームズ・ドーリー他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:ネイサン・ジュラン

製作:チャールズ・H・シニア
原作:ジョン・H・リーズ
脚本
ダニエル・B・ウルマン
モーリス・ジム
撮影:ヘンリー・フリューリッヒ
編集:ジェローム・トムズ

出演
ベン・カトラー連邦保安官:フレッド・マクマレイ
ルース・グレンジャー:マギー・ヘイズ
エディ・キャンベル:ロバート・ヴォーン
ローリー・カトラー:ジョーン・ブラックマン
ポール・リッジリー医師:ジェームズ・ドーリー
タラント・ジョスリン:ウェンデル・ホームズ
ウィリアム・P・セルビー弁護士:エドモン・ライアン
モリー・ケイン:キャサリン・カード
ハイラム・ケイン連邦保安官:エミール・メイヤー
ジョージ・フレッチャー:ビング・ラッセル
コーリー:ステイシー・ハリス
ハリー・ランダース:ラッセル・ソーソン
エド・ムーア保安官補:デンバー・パイル
ウィリアム・エイブリー保安官補:フィル・チェンバース
オルソン:ハワード・マクニアー
ミッジ・グレンジャー:ラスティ・スロープ
フレイザー判事:フランク・ウィルコックス
馬車の農夫:トム・ロンドン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1959年製作 86分
公開
北米:1959年1月
日本:1961年11月17日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1878年、ネブラスカ州。
エディ・キャンベル(ロバート・ヴォーン)とコーリー(ステイシー・ハリス)ら3人は、町に向かう駅馬車を確認する。

駅馬車に乗るジョージ・フレッチャー(ビング・ラッセル)と兄のマットも、仲間のエディらの姿に気づき時間通りだと考える。

スプリングデール。
銀行に着いたエディは、外で監視する。

コーリーらも現れ、駅馬車も到着する。

駅馬車業を営む元連邦保安官のベン・カトラー(フレッド・マクマレイ)は、娘のローリー(ジョーン・ブラックマン)に駅馬車のことを任せる。

エディを残し、ジョージらは銀行に入る。

その場にいた連邦保安官のハイラム・ケイン(エミール・メイヤー)は、妻モリー(エミール・メイヤー)と共に銀行を出る。

ジョージらは頭取らに銃を向けて、現金を奪おうとする。

ハイラムに声をかけるベンに気づいたエディは、ローリーの幼馴染だったために身を隠す。

ベンは、2週間後に結婚するルース・グレンジャー(マギー・ヘイズ)のことを、ハイラムとモリーに話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1878年、ネブラスカ州。
駅馬車業を営む元連邦保安官のベン・カトラーは、銀行を襲った悪党のジョージらを追跡する。
娘のローリーの幼馴染エディが一味に加わり、連邦保安官のハイラムを射殺したのを目撃したベンは、彼を銃撃して町に連行する。
未亡人ルースとの結婚を控えていたベンは連邦保安官に復帰し、エディを裁判にかけようとする。
エディに惹かれていたローリーは、彼が殺人犯だと思えず、父ベンと対立する。
正義と法を守らなければならないベンは、住民もエディに同情する中、苦悩しながら様々なことに対処するのだが・・・。
__________

美術監督として「わが谷は緑なりき」(1941)で美術賞を受賞したことで知られる、ネイサン・ジュランが監督した作品。
*「剃刀の刃」(1946)でも美術賞にノミネートされた。

娘の幼馴染である青年が犯した殺人の唯一の目撃者である連邦保安官の苦悩を描く西部劇。

少年時代から知る青年の犯行を目撃するものの、それを信じない娘や同情する周囲から次第に孤立していく主人公の辛い立場と心情を描く、ネイサン・ジュランの繊細な演出が見どころの作品。

公開時のことは不明だが、音楽担当者がクレジットされていない作品であり、「決断の3時10分」(1957)のテーマ曲”The 3:10 to Yuma”が随所に挿入されていることが気になる。

主演のフレッド・マクマレイは、娘や住人に批判されつつも、正義と法を守ろうとする風格ある連邦保安官を見事に演じている。

主人公を理解して支える婚約者のマギー・ヘイズ、銀行強盗団の見張り役だったが、連邦保安官を殺してしまう青年ロバート・ヴォーン、彼に惹かれている主人公の娘ジョーン・ブラックマン、彼女を愛する医師のジェームズ・ドーリー、検事のウェンデル・ホームズ、弁護士のエドモン・ライアン、殺される連邦保安官エミール・メイヤー、その妻キャサリン・カード、銀行強盗のビング・ラッセル、その仲間ステイシー・ハリス、町の住人ラッセル・ソーソンハワード・マクニアー、保安官補のデンバー・パイルフィル・チェンバース、ルース(マギー・ヘイズ)の息子ラスティ・スロープ、判事のフランク・ウィルコックス、馬車の農夫トム・ロンドンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021