4373 Movies

君の名前で僕を呼んで Call Me by Your Name (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2007年に発表された、アンドレ・アシマンの小説”Call Me by Your Name”を基に製作された作品。
大学教授である父親の助手となった大学院生に思いを寄せる少年のひと夏の恋を描く、監督ルカ・グァダニーノ、脚本ルカ・グァダニーノ、主演アーミー・ハマーティモシー・シャラメマイケル・スタールバーグアミラ・カサール他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ルカ・グァダニーノ
製作
ピーター・スピアーズ
ルカ・グァダニーノ
エミリー・ジョルジュ
ロドリゴ・テイシェイラ
マルコ・モラビート
ジェームズ・アイヴォリー
ハワード・ローゼンマン
製作総指揮
デレク・シモンズ
トム・ドルビー
マルガレート・バイユー
フランチェスコ・メルツィ・デリル
ナイマ・アベド
ニコラス・カイザー
ソフィー・マス
ロウレンソ・サンターナ
原作:アンドレ・アシマンCall Me by Your Name
脚本:ジェームズ・アイヴォリー
撮影:サヨムプー・ムックディプローム
編集:ヴァルテル・ファサーノ

出演
オリヴァー:アーミー・ハマー
エリオ・パールマン:ティモシー・シャラメ
サミュエル・パールマン:マイケル・スタールバーグ
アネラ・パールマン:アミラ・カサール
マルシア:エステール・ガレル
キアラ:ヴィクトワール・デュボワ
マファルダ:バンダ・カプリオロ
アンキーゼ:アントニオ・リモルディ
バンビ:エレナ・ブッチ
ニコ:マルコ・エスグロッソ
ムニール:アンドレ・アシマン
アイザック:ピーター・スピアーズ
本人:ベッペ・グリッロ

イタリア/フランス/ブラジル/アメリカ 映画
配給
ソニー・ピクチャーズ クラシックス(北米)
ワーナー・ブラザーズ(イタリア)
Memento Films International(世界)
2017年製作 132分
公開
北米:2017年11月24日
日本:2018年4月27日
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $18,095,700
世界 $41,888,700


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・受賞
脚色賞
・ノミネート
作品
主演男優(ティモシー・シャラメ
歌曲賞(スフィアン・スティーヴンス”Mystery of Love”)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1983年の夏、北イタリア
内向的な読書家で音楽の才能もある、17歳のユダヤイタリア人エリオ・パールマン(ティモシー・シャラメ)は、ガールフレンドのマルシア(エステール・ガレル)と過ごしていた。

考古学の教授である父サミュエル(マイケル・スタールバーグ)は、同じユダヤ人である24歳のアメリカ人大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)を夏の間、家に滞在させて、学術的な事務処理を手伝わせることにする。

それが毎年の恒例行事だったサミュエルと妻アネラ(アミラ・カサール)は、到着したオリヴァーを歓迎してエリオを紹介し、部屋に案内させる。

知的で長身そしてハンサムなオリヴァーと共通点がないと思ったエリオは、自信過剰気味でもある彼と親しくなれる気がしなかった。

エリオの部屋を提供されたオリヴァーは、疲れていたためにベッドで眠ってしまう。

その後、家政婦のマファルダ(バンダ・カプリオロ)は、鐘を鳴らして家族に夕食を知らせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1983年の夏、北イタリア
内向的な読書家で音楽の才能もある、17歳のユダヤイタリア人エリオは、考古学の大学教授である父サミュエルの助手となったアメリカ人大学院生のオリヴァーを迎える。
エリオは、知的で長身そしてハンサムなオリヴァーと共通点もなく、自信過剰気味な彼と親しくなれる気がしない。
そんなエリオは、反発しながらも次第にオリヴァーの魅力に惹かれ、彼を求めるようになってしまうのだが・・・。
__________

アンドレ・アシマンの小説”Call Me by Your Name”を基に、ジェームズ・アイヴォリーが脚色し、ルカ・グァダニーノが監督した作品。
アンドレ・アシマンは、主人公家族の友人役で出演している。

イタリアの田舎町を舞台に、大学院生に惹かれる少年の切ない恋は、若さゆえに情熱的でもあり、またもの悲しい。
その揺れ動く少年の心を繊細かつ美しく綴る、ジェームズ・アイヴォリーの脚色は第90回アカデミー賞で見事に脚色賞を受賞した。
*ノミネート
作品
主演男優(ティモシー・シャラメ
歌曲賞(スフィアン・スティーヴンス”Mystery of Love”)

1980年代初頭を描くドラマは郷愁を誘い、主人公の家族関係や使用人を含めた雰囲気、町並みや自然などのロケーションも素晴らしい。

ルカ・グァダニーノは、リチャード・リンクレイターの”ビフォア・サンライズ”とそのシリーズのように、本作の続編を製作する考えがあると発言している。

主演のアーミー・ハマーは、自分に惹かれる少年の成長などを考えながら関係を保つ大学院生を好演し、切ない恋に心揺れる少年を見事に演じたティモシー・シャラメの演技は絶賛され、オスカーにノミネートされた。

主人公の父親である大学教授マイケル・スタールバーグ、その妻アミラ・カサール、主人公のガールフレンド役エステール・ガレル、友人のヴィクトワール・デュボワ、パールマン家の家政婦バンダ・カプリオロ、同じく使用人のアントニオ・リモルディ、美術史家のエレナ・ブッチとマルコ・エスグロッソ、パールマン家の友人アンドレ・アシマンピーター・スピアーズ、アーカイブ映像で登場するベッペ・グリッロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021