4373 Movies

ヒッチ・ハイカー The Hitch-Hiker (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ヒッチ・ハイカーの殺人鬼と行動を共にすることになった2人の男性が体験する恐怖を描く、監督、脚本アイダ・ルピノ、主演エドモンド・オブライエンフランク・ラブジョイウィリアム・タルマン他共演の犯罪ドラマであるフィルム・ノワールの名作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:アイダ・ルピノ
製作:コリアー・ヤング
脚本
アイダ・ルピノ
コリアー・ヤング
撮影:ニコラス・ムスラカ
編集:ダグラス・スチュワート
音楽:リース・スティーヴンス

出演
ロイ・コリンズ:エドモンド・オブライエン
ギルバート・ボーエン:フランク・ラブジョイ
エメット・マイヤーズ:ウィリアム・タルマン
アルバラード警部:ホセ・トーヴェイ
本人:ウェンデル・ナイルズ
警視総監:ジャン・デル・ヴァル
政府捜査官:クラーク・ホーワット
ホセ:ナティヴィダッド・ヴァシオ
ウィリアム・ジョンソン:ロドニー・ベル

アメリカ 映画
配給 RKO Radio Pictures
1953年製作 71分
公開
北米:1953年3月20日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
街道でヒッチハイクをする男は、あるカップルの車に乗せてもらう。

男女を射殺した男は、現金を奪い車から離れる。

2人の遺体が発見されてヒッチ・ハイカーによる殺人事件は報道され、容疑者エメット・マイヤーズ(ウィリアム・タルマン)は全国指名手配となる。

その後も事件は起き、ウィリアム・ジョンソン(ロドニー・ベル)を殺して現金を奪ったヒッチ・ハイカーは、車を奪って逃走する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ヒッチ・ハイカーによる殺人事件が連続して起きる。
カリフォルニア州に住むロイ・コリンズと友人のギルバートは、釣り旅行に出発してメキシコに向かう。
途中、ガス欠で立ち往生していた男を乗せたロイとギルバートは、それがヒッチ・ハイカーの殺人鬼マイヤーズだったために驚く。
マイヤーズは、ロイとギルバートを逃亡に利用して、サンタ・ロザリアに向かいカリフォルニア湾を渡ろうとするのだが・・・。
__________

女流映画監督の先駆けである、人気女優アイダ・ルピノの8作の監督作品の中でも特に評価が高い作品。

精神病の殺人犯ビリー・クック(1928–1952)の犯した事件を基にした物語を参考に、アイダ・ルピノと元夫のコリアー・ヤングの脚本によるフィルム・ノワールの名作。

1998年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ヒッチ・ハイカーを装う殺人鬼が、自分の目的達成だけに行動し、邪魔者は容赦なく排除していく状況下に置かれる、旅行者である2人の男性が体験する恐怖などを緊迫感溢れる映像で描く、アイダ・ルピノの演出手腕が見どころの作品。
物語には女性が殆ど登場せず、犯人の残忍さや場当たり的な行動なども含め、その演出も男性的であることにも注目したい。

楽しみしていた釣り旅行が最悪の事態になってしまう、殺人犯と共に旅をすることになる男性エドモンド・オブライエン、その友人であり、物事に冷静に対処するフランク・ラブジョイ、逃亡のために手段を選ばない凶悪犯ウィリアム・タルマン、事件の捜査を担当するメキシコ警察の警部のホセ・トーヴェイ、本人役で登場するラジオ・アナウンサーのウェンデル・ナイルズメキシコの警視総監ジャン・デル・ヴァル、アメリカ政府捜査官のクラーク・ホーワット、犯人に気づき通報するメキシコ人のナティヴィダッド・ヴァシオ、犯人に殺されるロドニー・ベルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021