4451 Movies

海賊キッド Captain Kidd (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

国王の財宝を奪おうとする海賊船の船長”キャプテン・キッド/ウィリアム・キッド”の謀略を描く、監督ローランド・V・リー、主演チャールズ・ロートンランドルフ・スコットバーバラ・ブリトンジョン・キャラダインギルバート・ローランド他共演のアドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ローランド・V・リー

製作:ベネディクト・ボジャース
原作:ロバート・N・リー
脚本:ノーマン・ライリー・レイン
撮影:アーチー・スタウト
編集:チャールズ・オッズ
音楽:ウェルナー・ジャンセン

出演
ウィリアム・キッド船長:チャールズ・ロートン
アダム・マーシー:ランドルフ・スコット
レディ・アン・ダンスタン:バーバラ・ブリトン
オレンジ・ポヴィー:ジョン・キャラダイン
ホセ・ロレンゾ:ギルバート・ローランド
バーソロミュー・ブラヴィンズ:ジョン・クォーレン
シプリアン・ボイル:シェルドン・レナード
ローソン船長:ウィリアム・ファーナム
ウィリアム3世ヘンリー・ダニエル
キャリーシャドウェル:レジナルド・オーウェン
セオドア・ブレイド:アブナー・ビーバーマン
刑務所の看守:ハリー・コーディング
マイケル・オショーン:レイ・ティール
フォールズワース卿:ラムスデン・ヘイア
ランダーズ刑務所長:フレデリック・ウォーロック

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1945年製作 90分
公開
北米:1945年11月22日
日本:1948年5月11日
製作費 $1,500,000


アカデミー賞
第18回アカデミー賞

・ノミネート
音楽賞(ドラマ・コメディ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
マダガスカル付近。
海賊のウィリアム・キッド船長(チャールズ・ロートン)は、ブレイン卿のイギリスガレオン船”十二使徒”などを襲い、財宝を奪って島に向かう。

キッドは、オレンジ・ポヴィー(ジョン・キャラダイン)ら4人と共に財宝を埋めようとする。

自分が宝を独り占めにしようとしていると疑う1人を射殺したキッドは、その死体と共に財宝を埋める。

1699年、ロンドン
キッドは、国王ウィリアム3世ヘンリー・ダニエル)に気に入られるために、上品な振る舞いを身につけようと考え、キャリーシャドウェル(レジナルド・オーウェン)を雇う。

ハンプトン・コート宮殿
マダガスカル航海の危険について話し合われる宮廷会議が開かれる。

国王ウィリアム3世は、フォールズワース卿(ラムスデン・ヘイア)の船を護衛させて、マダガスカルを通過させるつもりのキッドを呼ぶ。

キッドは、海賊船になった”十二使徒”のブレイン卿に騙されたことを国王に話し、任務が果たせた場合には、彼の領地と城を与えてほしいと伝える。

衛兵長に侮辱されたキッドは、彼と剣を交えて懲らしめ、国王に認められる。

キッドが気に入った国王は、インドから財宝を運ぶフォールズワース卿の船”クイダ”と合流し、護衛してマダガスカルを通過することを彼に命ずる。

キッドは、死刑宣言を受けた元海賊を部下にしたいことを国王に伝えて、それが許可される。

刑務所の囚人アダム・マーシー(ランドルフ・スコット)は、食事にケチをつけて騒ぎを起こす。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1699年、ロンドン
海賊船の船長ウィリアム・キッドは正体を隠し、国王ウィリアム3世から、インドから財宝を運ぶ船の護衛を任される。
海賊の囚人マーシーらを船員として雇ったキッドは、彼らを利用して国王の船の財宝を奪おうとする。
実は貴族だったマーシーは、キッドが父ブレイン卿を殺し財宝を奪ったことを知り、協力すると見せかけて彼の悪事を暴こうとするのだが・・・。
__________

サイレント時代に俳優として活躍し、監督、脚本家、製作者に転向して数々のキャリアを重ねたローランド・V・リーの、監督としては最後の作品。

国王ウィリアム3世に気に入られながら、国家の財宝を奪おうと考える海賊船の船長”キャプテン・キッド/ウィリアム・キッド”を好演するチャールズ・ロートンと、彼に父を殺され、その真相を探ろうとする貴族を演ずるランドルフ・スコットの熱演の他、個性派を揃えた共演陣も注目のアドベンチャー作品。

第18回アカデミー賞では、音楽賞(ドラマ・コメディ)にノミネートされた。

主人公のウィリアム・キッドが、仲間を裏切りながら、富と名声を独り占めにするために着々と計画を進めていく展開が興味深く描かれ、その陰謀に気づき悪事を暴こうとする側との対決の末、正義が勝つという痛快な結末もいい。

国王の特使である父(ラムスデン・ヘイア)を殺される貴族の令嬢バーバラ・ブリトン、主人公の仲間であるものの裏切られるジョン・キャラダインギルバート・ローランドシェルドン・レナード、マーシー(ランドルフ・スコット)の友人ジョン・クォーレン、国王の財宝を運ぶ船の船長ウィリアム・ファーナム、国王ウィリアム3世ヘンリー・ダニエル、主人公に雇われながらマーシーに協力するレジナルド・オーウェン、刑務所の看守ハリー・コーディング、刑務所長フレデリック・ウォーロック他、アブナー・ビーバーマンレイ・ティールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021