4451 Movies

雨 Rain (1932)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1921年に発表された、サマセット・モームの短編”Miss Thompson”を基にした、ジョン・コルトンとクレメンス・ランドルフの戯曲”Rain”の映画化。
雨が降り続く南海で1人の娼婦と彼女を取り巻く人々との関係を描く、製作、監督ルイス・マイルストン、主演ジョーン・クロフォードウォルター・ヒューストンマット・ムーアウィリアム・ガーガンガイ・キビービューラ・ボンディ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ルイス・マイルストン

製作:ルイス・マイルストン
原作
サマセット・モームMiss Thompson
ジョン・コルトン/クレメンス・ランドルフ”Rain”(戯曲)
脚本:マックスウェル・アンダーソン
撮影:オリヴァー・T・マーシュ
編集:W・ダンカン・マンスフィールド
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
サディー・トンプソン:ジョーン・クロフォード
アルフレッド・デヴィッドソン:ウォルター・ヒューストン
ロバート・マクフェイル医師:マット・ムーア
ティム・オハラ軍曹:ウィリアム・ガーガン
ジョー・ホーン:ガイ・キビー
デヴィッドソン夫人:ビューラ・ボンディ
マクフェイル夫人:ケンダル・リー
ホジソン:フレッド・ハワード
グリッグス:ベン・ヘンドリックスJr.
ベイツ:ウォルター・キャトレット
アミーナ:メアリー・ショー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1932年製作 92分
公開
北米:1932年10月12日
日本:1933年9月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サモアパゴパゴ
延々と雨が降り続いていた。

アメリカ海兵隊のティム・オハラ軍曹(ウィリアム・ガーガン)は、ホジソン(フレッド・ハワード)とグリッグス(ベン・ヘンドリックスJr.)と共に、船が到着するため、雑貨店の店主ジョー・ホーン(ガイ・キビー)の元に向かう。

雑貨店兼ホテルに着いたオハラは、ジョーの妻アミーナ(メアリー・ショー)と子供たちに迎られ、ホジソンとグリッグスにジョーを連れて来させる。

オハラはジョーを伴い、ホジソンとグリッグスと共に船に向かう。

アピアに向かう途中で立ち寄った船の乗客である宣教師のアルフレッド・デヴィッドソン(ウォルター・ヒューストン)、その妻(ビューラ・ボンディ)、ロバート・マクフェイル医師(マット・ムーア)、その妻(ケンダル・リー)は、しばらく滞在することを知らされる。

滞在の理由を訊かれたデヴィッドソンは、船員の一人がコレラに罹ったために、他の船員の検査が終わるまで、数日は出航できないと皆に伝える。

ホテルを経営するジョーを知っているデヴィッドソンは、現れた彼にマクフェイル夫妻を紹介し、宿泊を希望する。

デヴィッドソンは、総督と話をするために船を降りる。

ジョーらは、船員のベイツ(ウォルター・キャトレット)から、売春婦のサディー・トンプソン(ジョーン・クロフォード)を紹介され、”ハンサム”と言われたオハラは、彼女が気に入る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サモアパゴパゴ
アピアに向かう予定の客船の船員がコレラに罹り、検査のために停泊することになる。
過去がある娼婦のサディー・トンプソンや宣教師のデヴィッドソン夫妻、マクフェイル医師夫妻などは、ジョーが経営する雑貨店兼ホテルに宿泊することになる。
駐留するアメリカ海兵隊のオハラ軍曹に気に入られたサディーは、彼らと共に部屋で騒ぎ始める。
サディーのことが気になるデヴィッドソンは、彼女を聖職者の立場で更生させようとするのだが・・・。
__________

サマセット・モームの短編”Miss Thompson”を基にした戯曲”Rain”の映画化で、製作を兼ねたルイス・マイルストンが監督したことで話題になったドラマ。

MGMからユナイテッド・アーティスツに貸し出されジョーン・クロフォードが、過去がある娼婦を演じ、その美しさと演技力が注目されて作品。

舞台で主人公を演じたジーン・イーグルス、1928年公開の「港の女」のグロリア・スワンソンに比べるとジョーン・クロフォードの演技の評価は低く、作品は興行的に失敗した。

陰鬱な雰囲気が漂う物語の効果として、タイトル通りほぼ全編で雨が降り続く中で、1人の娼婦の心の動きを丹念に描く、ルイス・マイルストンの演出手腕が見どころの作品。

帰国すれば刑期が待っている娼婦を演ずるジョーン・クロフォードと、彼女の心を探りながら神の道に導き、罪を償わせようとする宣教師を演ずるウォルター・ヒューストンの、激しい演技のぶつかり合いが見どころの作品でもある。

誰よりも神に近い存在である宣教師が、主人公への欲望を抑えきれずに間違いを犯すクライマックスと、一度は改心するものの、人間の醜さを知った主人公が、自分を変えずに生きることを決めるラストは考えさせられる。

主人公のことを理解する医師マット・ムーア、その妻ケンダル・リー、主人公に惹かれる海兵隊軍曹のウィリアム・ガーガン、雑貨店とホテルの経営者ガイ・キビー、主人公を嫌う宣教師の妻ビューラ・ボンディ海兵隊員のフレッド・ハワードとベン・ヘンドリックスJr.、主人公と意気投合する船員のウォルター・キャトレットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021