5166 Movies

狙撃者 The Sniper (1952)

女性に対する嫌悪感により殺人を繰り返す男の行動と警察の執念の捜査を描く、製作スタンリー・クレイマー、監督エドワード・ドミトリク、主演アドルフ・マンジューアーサー・フランツジェラルド・モーアマリー・ウィンザーフランク・フェイレン他共演のフィルム・ノワール

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:エドワード・ドミトリク
製作:スタンリー・クレイマー
原案
エドナ・アンハルト
エドワード・アンハルト
脚本:ハリー・ブラウン
撮影:バーネット・ガフィ
編集:アーロン・ステル
音楽:ジョージ・アンタイル

出演
フランク・カフカ警部補:アドルフ・マンジュー
エドワード”エディ”ミラー:アーサー・フランツ
ジョー・フェリス巡査部長:ジェラルド・モーア
ジーン・ダール:マリー・ウィンザー
アンダーソン警部:フランク・フェイレン
ジェームズ・G・ケント医師:リチャード・カイリー
フィッツパトリック夫人:リリアン・ボンド
下宿の家主:メイベル・ペイジ
メイ・ネルソン:マーロ・ドワイヤー
クリーニング会社の社員:ジェラルディン・カー
クリーニング会社の労働者:ウォーリー・コックス
バーの酔っ払い客:チャールズ・レイン
通行人:ジャン・ウィルス
ドラッグストアのティーンエイジャー:カレン・シャープ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1952年製作 88分
公開
北米:1952年5月9日
日本:未公開


アカデミー賞
第25回アカデミー賞
・ノミネート
原案賞


ストーリー
サンフランシスコ
クリーニング会社の配達員エドワード”エディ”ミラー(アーサー・フランツ)は、女性への嫌悪感に苦しんでいた。
女性に惹かれ、自分の思い通りにならないと判断した場合、その苦しみは悪化した。
ある夜エディは、女性が恋人と一緒にいる姿に憎しみを感じ、アパートの窓から、所持しているライフル(M1A1カービン)の銃口を向けてしまう。
気晴らしに街に出たエディは、女性やカップルが気になり、かつて世話になった医療刑務所の担当医に電話をするものの、不在だったために苛立ちながらアパートに戻る。
混乱するエディは、右手を電気コンロに押し付けて火傷してしまう。
救急病院に向かったエディは治療を受け、火傷が自傷行為だと知った別の医師は、精神科の治療を受けたことがあるか彼に尋ねる。
医療刑務所の精神病棟にいたエディは、釈放されことと、女性を殴ったために服役したことを話す。
医師は、エディを治療した医師に、彼を精神科に入れることを提案する
急患が入り、忙しい医師たちに対応してもらえないエディはその場を去る。
翌日エディは、常客でピアニストのジーン・ダール(マリー・ウィンザー)に洗濯物を届け、汚れたドレスのクリーニングを頼まれる。
エディは、親切なジーンに惹かれていたが、そこに彼女の男友達アルが訪ねてきたために、裏口から帰ることになり苛立つ。
その夜、ジーンを尾行したエディは、彼女が演奏するクラブの向かいのアパートに侵入する。
屋上でエディは、持参した銃を組み立てて待機する。
仕事を終えたジーンは、クラブの外でエディに狙撃されて死亡する。
事件を捜査するフランク・カフカ警部補(アドルフ・マンジュー)は、部下のジョー・フェリス巡査部長(ジェラルド・モーア)に、向かいのビルなどを調べさせる。
その後、バーで飲んでいたエディは、その場にいたメイ・ネルソン(マーロ・ドワイヤー)と話すが、話の嘘がバレて侮辱され苛立つ。
翌日、フランクとジョーはジーンの家を調べ、彼女の恋人アルなどを尋問して、銃を使った犯人を探すのだが・・・。


解説 評価 感想

ハリウッド・ブラックリストに名を連ね、イギリスに亡命していたエドワード・ドミトリクが、スタンリー・クレイマーに招かれて復帰し監督した作品。
主演はアドルフ・マンジューアーサー・フランツジェラルド・モーアマリー・ウィンザーフランク・フェイレンなどが共演した作品。

女性に対する嫌悪感により殺人を繰り返す男の行動と、警察の執念の捜査を描くフィルム・ノワールの秀作。

第25回アカデミー賞では、原案賞にノミネートされた。

主演のアドルフ・マンジューが警部補として事件を担当し、その執念の捜査が着々と実を結ぶ過程が、エドワード・ドミトリクの見事な演出により緊迫感溢れる映像で展開する。

精神を病む異常者である狙撃犯を演ずるアーサー・フランツの好演が光る。

野球に興味を示す物静かな犯人が、些細なことで殺人鬼に変貌する姿が恐ろしい。
特に、ドラマの重要な役となる雰囲気で登場する、クラブのピアニスト役のマリー・ウィンザーが、殺人のターゲットとなり呆気なく狙撃されてしまうシーンは衝撃的だ。

事件を捜査するジェラルド・モーア、事件を指揮する警部フランク・フェイレン、捜査に協力する精神科医リチャード・カイリー、犯人に殺害される女性市民連盟のリーダー、リリアン・ボンド、犯人の下宿の家主メイベル・ペイジ、犯人に殺害される女性マーロ・ドワイヤー、犯人が勤めるクリーニング会社の職員ジェラルディン・カー、その会社の労働者ウォーリー・コックス、バーの酔っ払い客チャールズ・レイン、通行人のジャン・ウィルス、ドラッグストアのティーンエイジャー、カレン・シャープなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022