4236 Movies

暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ハリー・カーニッツマルセル・アシャールの戯曲の映画化で、同年公開された「ピンクの豹」(1964)で、準主役として登場して好評だったキャラクターの、”ジャック・クルーゾー警部”を主役にしたコメディ。
パリ警視庁のジャック・クルーゾー警部が巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本ブレイク・エドワーズ、主演ピーター・セラーズエルケ・ソマージョージ・サンダースハーバート・ロム他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ブレイク・エドワーズ
製作:ブレイク・エドワーズ
原作
ハリー・カーニッツ
マルセル・アシャール
脚本
ブレイク・エドワーズ
ウィリアム・ピーター・ブラッティ
撮影:クリストファー・チャリス

編集
ラルフ・E・ウィンターズ

バート・ベイツ
音楽:ヘンリー・マンシーニ

出演
ジャック・クルーゾー警部:ピーター・セラーズ
マリア・ガンブレリ:エルケ・ソマー
ベンジャミン・バロン:ジョージ・サンダース
シャルル・ドレフュス警視:ハーバート・ロム
カトー:バート・クウォーク
エルキュール刑事:グレアム・スターク
ドミニク・バロン:トーレーシー・リード
フランソワ刑事:アンドレ・マランヌ

アンリ・ラファージュ:ダグラス・ウィルマー
ジョルジュ:デヴィッド・ロッジ

イギリス/アメリカ 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ
The Mirisch Company
1964年製作 102分
公開
北米:1964年6月23日
日本:1965年2月13日
北米興行収入 $12,368,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
パリ
富豪ベンジャミン・バロン(ジョージ・サンダース)邸で、運転手の銃殺事件が起きる。

パリ警視庁
シャルル・ドレフュス警視(ハーバート・ロム)は、その現場、にジャック・クルーゾー警部(ピーター・セラーズ)を手違いで派遣してしまったことを知り天を仰ぐ。

助手のエルキュール刑事(グレアム・スターク)を連れ、現場に向かったクルーゾーは、バロンに挨拶して、早速、執事頭アンリ(ダグラス・ウィルマー)の案内で死体のある部屋に向かう。

使用人の証言で、被害者が死亡した際、一緒に部屋にいたメイドのマリア・ガンブレリ(エルケ・ソマー)が疑われていた。

しかし、マリアの美しさに魅了されたクルーゾーは、彼女をかばってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
パリ
富豪バロン邸で、運転手の銃殺事件が起きる。
パリ警視庁のドレフュス警視は、手違いでジャック・クルーゾー警部を派遣してしまう。
バロンに挨拶したクルーゾーは、被害者の死亡時に一緒に部屋にいた、メイドのマリアが疑われていたことを知ったクルーゾーだったが、彼女のあまりの美しさに魅了されてしまう。
現場に現れたドレフュスは、直ちにクルーゾーを担当から外すが、上層部の要請で、再び彼は捜査に復帰する。
その後クルーゾーは、マリアが誰かをかばっていると考え捜査を進める。
そんな時、マリアが温室で、庭師の死体の横に血だらけの鋏を持って立っている現場を見てしまう。
誰もが見ても、マリアが犯人であるという状況下で、それでもクルーゾーは、逮捕された彼女を釈放してしまう・・・。
__________

クルーゾー以外の登場人物に、前作とのつながりはなく、続編とは言えない作品でもある。

実際には、1975年に「ピンク・パンサー2」が登場して、ピンクパンサーのシリーズが誕生したと言った方が正しい。

当然、ヘンリー・マンシーニの”ピンク・パンサーのテーマ”も登場しないが、本作の彼のテーマ曲も、なかなか魅力的だ。

どこまでも、クルーゾーにドジを踏ませようとする、笑いのツボを押さえた、ブレイク・エドワーズの軽快な演出は冴え渡る。

ピンクの豹」(1964)でクルーゾー役を予定していた、ピーター・ユスティノフの撮影直前の交番で得た役を、生涯の当たり役にしたピーター・セラーズの、抱腹絶倒の名演は出色で、脂の乗り切っているこの時代に、シリーズ化されなかったのがやや残念だ。

キュートな魅力が印象的な、事件の容疑者エルケ・ソマー、「ピンクの豹」のデヴィッド・ニーヴン同様、深みのある演技でドラマを引き締める、貫禄のジョージ・サンダース、クルーゾーの行動に頭を痛め、殺意まで抱く上司ハーバート・ロム、クルーゾーの使用人にして謎の東洋人バート・クウォーク、クルーゾーに呆れながらも協力する助手役のグレアム・スターク、バロン夫人トーレーシー・リードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020