4236 Movies

ピンクの豹 The Pink Panther (1964)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

後にシリーズ化されることになる、大ヒット傑作コメディの第一弾。
怪盗としての顔を持つ紳士がダイヤ”ピンク・パンサー”を狙い、事件を担当するパリ市警ジャック・クルーゾー警部が巻き起こす騒動を描く、監督、脚本ブレイク・エドワーズ、主演デヴィッド・ニーヴンピーター・セラーズロバート・ワグナーキャプシーヌクラウディア・カルディナーレ他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ブレイク・エドワーズ
製作:マーティン・ジュロー
脚本
ブレイク・エドワーズ

モーリス・リッチリン
撮影:フィリップ・H・ラスロップ
編集:ラルフ・E・ウィンターズ
音楽:ヘンリー・マンシーニ

出演
チャールズ・リットン卿:デヴィッド・ニーヴン

ジャック・クルーゾー警部:ピーター・セラーズ
ジョージ・リットン:ロバート・ワグナー
シモーヌ・クルーゾー:キャプシーヌ
ダーラ王女:クラウディア・カルディナーレ
アンジェラ・ダニング夫人:ブレンダ・デ・バンジー
タッカー:コリン・ゴードン
ギリシャのいとこ:フラン・ジェフリーズ

イギリス/アメリカ 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ

The Mirisch Company
1963年製作 114分
公開
北米:1964年3月20日
日本:1964年2月8日
北米興行収入 $10,878,110


アカデミー賞 ■
第37回アカデミー賞
・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ヨーロッパ各地で”ファントム”の犯行による宝石が奪われる事件が頻発する。

パリ市警のジャック・クルーゾー警部(ピーター・セラーズ)は、ファントムの一味と思われる黒髪の女性が鍵を握ると見て、彼女の捜査に全力をあげる。

イタリアコルティナ・ダンペッツォ
父王から譲り受けたダイヤモンド”ピンク・パンサー”を所有する、休暇を楽しむ中東某国王女ダーラ(クラウディア・カルディナーレ)を、チャールズ・リットン卿(デヴィッド・ニーヴン)が監視していた。

そこに、クルーゾーとその妻シモーヌ(キャプシーヌ)も現れるが、彼女こそがファントムの一味の女性で、リットンとも通じ愛し合う仲だった。

ゲレンデで偶然に会ったふりをして、リットンはダーラに夕食を誘われ、快くそれを受け入れる。

クルーゾーは、ダーラが所有するピンク・パンサーを狙い、ファントムが必ず現れるはずだと考えていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
怪盗”ファントム”として強盗を続けて、ダイヤ”ピンク・パンサー”を狙うリットン卿は、その所有者の中東某国王女ダーラを監視する。
リットンの愛人でもある共謀者であり、パリ市警ジャック・クルーゾー警部の妻シモーヌも、夫の捜査の付き添いとして、ダーラの滞在先コルティナに現れる。
警戒するクルーゾーの”捜査”をかわしながら、首尾よくダーラに接近したリットンは、現れた甥のジョージと、彼女のローマの屋敷に侵入し”ピンク・パンサー”を盗み出そうとする。
しかし、”ピンク・パンサー”は既に何者かに盗まれた後で、二人はあえなく警察に逮捕されてしまうのだが・・・。
__________

本作の準主役であるクルーゾー警部が評判となり、”ピンク・パンサー”は登場しないものの、スピンオフ作品として、わずか3ヵ月後に公開されることになる「暗闇でドッキリ」からが、本格的にクルーゾーが活躍するシリーズと言うのが正しく、第一作の本作は別物のロマンチック・コメディと考えた方がいい。

但し、ピンク・パンサーのキャラクターとヘンリー・マンシーニの、余りにも有名になったテーマ曲は、本作から生まれたものであり、それらのインパクトの大きさは、後の映画界に大きな影響を与えた。

第37回アカデミー賞では、そのテーマ曲が作曲賞にノミネートされた。

美しいヨーロッパの各地を巡る展開、謎めいた紳士と、かなりはずれた警部、そして、それを取り巻く美女など、コメディとしての娯楽の要素満載で描く、ブレイク・エドワーズの演出も冴え渡る。

今見ると、クルーゾー警部にどうしても目がいってしまうが、正にはまり役の強盗貴族役デヴィッド・ニーヴンの、スマートでダンディなキャラクターを生かした、ユーモア溢れる演技は絶妙だ。

ピーター・セラーズが登場すると、普通のコメディが一気にドタバタになるところが実に可笑しい。
その後、主役となるクルーゾーに比べると、まだまだ”間抜け度”が足りない気がするものの、それがまた初々しくていい味を出している。

若々しい美青年ロバート・ワグナー、作品に華を添え、主役を食うほどの活躍を見せる、美しいキャプシーヌクラウディア・カルディナーレ、保険会社の調査員コリン・ゴードン、世話焼きの有閑マダム役ブレンダ・デ・バンジー、見事な歌と踊りを披露してくれるフラン・ジェフリーズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020