4213 Movies

ピンクパンサー The Pink Panther (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

原案ブレイク・エドワーズピーター・セラーズ主演の人気シリーズ(1963~)を受け継ぐ新シリーズ。
パリ警察のドジな警部ジャック・クルーゾーが巻き起こす騒動を描く、監督ショーン・レヴィ、製作、主演スティーヴ・マーティンケヴィン・クラインジャン・レノエミリー・モーティマービヨンセ・ノウルズジェイソン・ステイサムクライヴ・オーウェン他共演の爆笑コメディ。


コメディ

スティーヴ・マーティン / Steve Martin / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ショーン・レヴィ
製作:ロバート・シモンズ
製作総指揮
トレイシー・トレンチ
アイラ・シューマン
原案
モーリス・リッチリン

ブレイク・エドワーズ
脚本
レン・ブラム

スティーヴ・マーティン
撮影:ジョナサン・ブラウン
編集
ジョージ・フォルシーJr.

ブラッド・E・ウィルハイト
作曲
クリストフ・ベック

ヘンリー・マンシーニ(テーマ曲)

出演
ジャック・クルーゾー警部:スティーヴ・マーティン
シャルル・ドレフュス主任警部:ケヴィン・クライン
ギルバート・ポントン:ジャン・レノ
ニコル・デュラン:エミリー・モーティマー
ザニア:ビヨンセ・ノウルズ
グリュアン:ジェイソン・ステイサム
ナイジェル・ボズウェル/006:クライヴ・オーウェン
ユーリ:ヘンリー・ツェニー
ラロック:ロジャー・リース
チェリー:クリスティン・チェノウェス

アメリカ 映画
配給
MGM(北米)
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
2006年製作 92分
公開
北米:2006年2月10日
日本:2006年5月13日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $82,226,470
世界 $158,851,360


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
地方の巡査だったジャック・クルーゾー(スティーヴ・マーティン)は、ドジばかりして昇進の見込みなど全くなかった。

フランスVS中国のサッカー国際試合で、フランスの代表チームのグリュアン監督(ジェイソン・ステイサム)が、試合に勝利した直後、何者かに殺害されてしまう。

その時、グリュアン所有の高価なダイヤモンドの指輪”ピンクパンサー”も消えてしまう。

事件を任されたシャルル・ドレフュス主任警部(ケヴィン・クライン)は、7回もノミネートされている名誉賞欲しさに、無能な田舎巡査クルーゾーを捜査の担当にする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

2009年には、続編「ピンクパンサー2」が公開された。

*(簡略ストー リー)
サッカー国際試合で、フランス代表チームのグリュアン監督が、試合に勝利した直後に殺害され、彼が所有する高価なダイヤモンドの指輪”ピンクパンサー”も消えてしまう。
事件を任されたドレフュス主任警部は、執着する名誉賞欲しさに、無能な田舎町の巡査ジャック・クルーゾーを捜査の担当にする。
間抜けなクルーゾーが、世間を振り回している間に、ドレフュスは手柄を上げようと企んでいたのだ。
ドレフュスは、クルーゾーをおだてて警部に昇進させて、忠実で純情な秘書ニコルと、2等級刑事ポントンを補佐に付ける。
クルーゾーとポントンは、グリュアンの恋人で人気歌手のザニアに接触し、その後の捜査で、彼が関係者全てから恨まれていたことを知る。
一方、精鋭を集めたドレフュスは成果を得られず、逆にクルーゾーの評価は上がり、名誉賞の候補になってしまうのだが・・・。
__________

はまり役のピーター・セラーズを、上回るとまでは言えないものの、期待を一身に受けたスティーヴ・マーティンはかなりの熱演を見せる。

60歳を過ぎた彼の、約20年前の全盛期が甦ったような、当時の彼の作品で大いに笑わせてもらったファンとしては、実に嬉しい仕上がりとなっている。
参考:
サボテン・ブラザース」(1986)
ペテン師とサギ師」(1988)

スティーヴ・マーティンの、フランス語訛りの英語がとにかく笑える。
特に、ニューヨーク行きのために習う英語の発音がうまくできないシーンは最高に可笑しい。
上記「ペテン師とサギ師」(1988)でも、同じような場面がある。

警官なのに”悪役”、ケヴィン・クラインのユーモアのセンスも抜群だ。

コメディにもかかわらず、セットの豪華さなどは、パリの雰囲気なども含めて見応えがある。
アクション大作並みの製作費8000万ドルは伊達ではない!!

北米興行収入は約8200万ドル、全世界では、約1億5900万ドルのヒットとなった。

秘書役エミリー・モーティマービヨンセも作品に華を添え、S・マーティンのワンマン作品になりそうなところをうまく和らげている。

フランス人役と言ったら、ジャン・レノしかいないのか?と言いたくなる配役は気になる。
ジャン・レノ自身は、なかなかいい役を演じているのだが、彼以外のフランス人役者を見てみたい気がする。

カメオ出演で、サッカー代表チーム監督の被害者ジェイソン・ステイサム、クルーゾーに手柄を譲るイギリス諜報員クライヴ・オーウェン、犯人のヘンリー・ツェニー、カジノのオーナー、ロジャー・リースなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020