4215 Movies

プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada (2006)

  •  
  •  
  • 32
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2003年に発表され27カ国語に翻訳された、ローレン・ワイズバーガー同名ベストセラー小説を基に製作された作品。
ジャーナリスト志願の女性の超一流ファッション誌での奮闘を描く、主演メリル・ストリープアン・ハサウェイスタンリー・トゥッチエミリー・ブラント他共演、監督デビッド・フランケルによるコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:デビッド・フランケル
製作:ウェンディ・フェネルマン
製作総指揮
カレン・ローゼンフェルト
ジョー・カラッシオロ・ジュニア
原作:ローレン・ワインバーガー
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:フロリアン・バルハウス
編集:マーク・リヴォルシー
衣装デザイン:パトリシア・フィールド
音楽:セオドラ・シャピロ

出演
ミランダ・プリーストリー:メリル・ストリープ
アンドレア・サックス:アン・ハサウェイ
ナイジェル:スタンリー・トゥッチ
エミリー・チャールトン:エミリー・ブラント
クリスチャン・トンプソン:サイモン・ベイカー
ネイト・クーパー:エイドリアン・グレニアー
アーヴ・ラヴィッツ:タイバー・フェルドマン
ダグ:リッチ・ソマー
リリー:トレイシー・トーマス
ジェームズ・ホルト:ダニエル・サンジャタ
ジャクリーヌ・フォレ:ステファニー・ショスタク
リチャード・サックス:デヴィッド・マーシャル・グラント

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2006年製作 110分
公開
北米: 2006年6月30日
日本: 2006年11月18日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $124,740,500
世界 $326,315,340


アカデミー賞 ■
第79回アカデミー賞
ノミネート
主演女優(メリル・ストリープ)
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
スタンフォード大の法科大学院を断り、ジャーナリストを目指すアンドレア・サックス(アン・ ハサウェイ)は、出版社”イライアス=クラーク”発行の超一流ファッション誌“RUNWAY”の就職面談を受ける。

そこは、ファッション界をリードする編集長”女帝”ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)が支配する過激な職場だった。

そんなこととは知らず、アンドレアはミランダのアシスタント、エミリー・チャールトン(エミリー・ブラント)や側近ナイジェル(スタンリー・ トゥッチ)に服装や態度をバカにされてしまう。

出社したミランダは、面接はしたもののアンドレアにまともな対応もしなかった。

自分は優秀だと思っていたアンドレアは愕然とするが、なぜか採用が決まってしまう。

アンドレアは、何とかアシスタントをこなすものの、容赦ない言葉がミランダから浴びせられ、同棲している恋人のネイト・クーパー(エイドリアン・グレニアー)に愚痴ばかりこぼしてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
ジャーナリストを目指すアンドレア・サックスはスタンフォード大の法科大学院を断り、超一流ファッション誌“RUNWAY”の就職面談を受ける。
ファッション界をリードする編集長の、”女帝”と言われるミランダ・プリーストリーの存在を知らないアンドレアは、アシスタント、エミリーや側近ナイジェルに、服装や態度をバカにされてしまう。
結局アンドレアは、ミランダとのまともな面談も受けられなかったが、なぜか彼女は採用される。
その後、昼夜を問わないミランダの命令や、あまりの仕打ちに、アンドレアの私生活は狂い始め、彼女はナイジェルに泣きつくものの、彼は努力不足を指摘し辞職を勧める。
それに奮起したアンドレアは、ナイジェルの助けを借りて外見から変身し、ミランダの命令の先をいく努力をする。
会社では、徐々にその存在感をアピールできるようになったアンドレアだったが、それと同時に、同棲中の恋人ネイトや友人達の心が、彼女から離れていく・・・。
__________

著者ワインバーガーは、”ヴォーグ”の編集長アシスタントをしていた実体験を基にして、同誌の編集長アナ・ウインターをモデルにしたと言われている。

ミランダの猛烈な仕事ぶりと、日本では想像がつかない、一流誌の編集長の待遇や生活にも驚く。
実際にアナ・ウインターの年収は200万ドルを超えている。
(それほど多い金額にも思えないが・・・)

ファッション業界を描いた作品だけあって、洋服だけでなく、セットの備品など、とにかくセンスがいい。
パソコンも、このような作品には、やはりMacが似合う。

北米興行収入は約1億2500万ドル、全世界では約3億2600万ドルのヒットとなった。

第79回アカデミー賞では、主演女優(メリル・ストリープ)、衣装デザイン賞にノミネートされた。

ミランダを演じたメリル・ストリープは、役に入れ込み過ぎて、やや大袈裟に感じるところもあるが、その辺りは貫禄といったところだろうか。

終始、自分のスタイルを貫き通す、誰をも寄せ付けない、カリスマ編集長役の熱演は圧巻だ。

愛嬌はあるものの、”ダサイ”役を演じたアン・ハサウェイが、健気に奮闘する様子が興味深く描かれ、本作がヒットした要因でもある。

最初は憎らしい主人公のアシスタント役として登場するエミリー・ブラントが、クライマックスで見せる、アンドレア(A・ハサウェイ)への友情を示す笑顔がなかなかいい。

また、本作の魅力の一つ、人間味溢れる役には打って付けの、スタンリー・トゥッチの存在と好演は見逃せない。

キザなエッセイスト、サイモン・ベイカー 、地道に働く、アンドレア(A・ハサウェイ)の恋人エイドリアン・グレニアー、出版社会長タイバー・フェルドマン、アンドレアの友人リッチ・ソマートレイシー・トーマス、デザイナーのダニエル・サンジャタ、主人公のライバル、ステファニー・ショスタク、アンドレアの父デヴィッド・マーシャル・グラントなどが共演している。

もちろん、カメオ出演で大物がずらりと顔を揃えているのも見所で、原作者のローレン・ワイズバーガーは、ミランダの双子の娘の乳母役で出演。

ファッション・デサイナー、ヴァレンティノ・ガルヴァーニ、スーパーモデルのハイジ・クラムブリジット・ホールらが、さり気なく出演しているところも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020