4551 Movies

女性No.1 Woman of the Year (1942)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

新聞社の敏腕記者同士の恋の行方を描く、製作ジョセフ・L・マンキウィッツ、監督ジョージ・スティーヴンス、主演スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘプバーンフェイ・ベインター他共演によるロマンチック・コメディの秀作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・スティーヴンス

製作:ジョセフ・L・マンキウィッツ
脚本
リング・ラードナーJr.
マイケル・ケニン
撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
編集:フランク・サリヴァン
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
サム・クレイグ:スペンサー・トレイシー
テス・ハーディング:キャサリン・ヘプバーン
エレン・ウィットコム:フェイ・ベインター
クレイトン:レジナルド・オーウェン
ウィリアム・J・ハーディング:マイナー・ワトソン
”ピンキー”ピータース:ウィリアム・ベンディックス
フロー・ピータース:グラディス・ブレイク
ジェラルド・ハウ:ダン・トビン
フィル・ウィテカー:ロスコー・カーンズ
エリス:ウィリアム・タネン
リュベック博士:ルートヴィヒ・ストーセル
マトロン:サラ・ヘイデン
アルマ:エディス・エヴァンソン
クリス:ジョージ・ケザス

アメリカ 映画
配給 MGM
1942年製作 114分
公開
北米:1942年2月5日
日本:1949年1月29日
製作費 $1,006,000
北米興行収入 $1,935,000
世界 $2,708,000


アカデミー賞
第15回アカデミー賞

・受賞
脚本賞
・ノミネート
主演女優賞(キャサリン・ヘプバーン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
新聞社”ニューヨーク・クロニクル”のスポーツ記者サム・クレイグ(スペンサー・トレイシー)は、友人で元ボクサーの”ピンキー”ピータース(ウィリアム・ベンディックス)のバーに向かいラジオを聴く。

クイズ番組に出演していた同社の政治コラムニストであるテス・ハーディング(キャサリン・ヘプバーン)が、戦時中は、無駄な体力を使う野球を廃止するべきだと意見したため、サムは翌日の記事で彼女を批判する。

外交官の娘であり高学歴で、数カ国語を流暢に話す才女として活躍していたテスに反撃されたサムは、同僚のフィル・ウィテカー(ロスコー・カーンズ)からやり返せと言われて、記事を書こうとする。

社主のクレイトン(レジナルド・オーウェン)に呼ばれたサムは、内部抗争を良く思わない彼から、その場にいたテスとの和解を提案される。

2人はそれに同意し、テスを野球観戦に誘ったサムは”ヤンキー・スタジアム”に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ニューヨーク
新聞社”ニューヨーク・クロニクル”のスポーツ記者サム・クレイグは、才女である政治コラムニストのテス・ハーディングと、社内で批判し合う記事を書いていたが、それをきっかけにして付き合い始める。
結婚した2人は、普通の新婚生活を送りたいサムと、人生における優先順位にこだわり行動するテスと意見が合わなくなり、たちまち摩擦が生じてしまう・・・。
__________

映画製作者、脚本家として期待されていた若きジョセフ・L・マンキウィッツが製作し、数々の話題作を手掛けていたジョージ・スティーヴンスが監督し、ハリウッドを代表する演技派スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘプバーンの共演が話題になった作品。

スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘプバーンにとっては記念すべき初共演作で、2人はこの後25年間に9作で共演した。

新聞社の敏腕記者同士の恋の行方を描くロマンチック・コメディの秀作。

主人公2人の記事による批判合戦で始まるものの即、和解し、とんとん拍子で結婚に至るスピーディーな序盤の展開から、新婚生活がこじれる中盤は重苦しい内容になり、爽快な雰囲気で終わるラストまでまったく飽きさせない、ジョージ・スティーヴンスの軽快な演出と、主人公2人、スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘプバーンの息の合った絶妙な演技が堪能できる作品。

第15回アカデミー賞では脚本賞を受賞し、主演女優賞(キャサリン・ヘプバーン)にノミネートされた。

1999年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

スポーツ記者としてのプライドを感じさせながら、新婚生活に不満を抱く主人公をやや冷めた演技で見事に演ずるスペンサー・トレイシーと、正に”ウーマン・オブ・ジ・イヤー”の風格を感じさせる才女を演ずるキャサリン・ヘプバーンの熱演はファン必見だ。

主人公の叔母で世界的なフェミニストであるものの、思慮深く主人公に助言したりもするフェイ・ベインター、彼女と結婚するヒロインの父親マイナー・ワトソン、新聞社社主のレジナルド・オーウェン、主人公の友人である元ボクサーのウィリアム・ベンディックス、その友人グラディス・ブレイク、ヒロインのアシスタント役ダン・トビン、主人公の同僚である記者ロスコー・カーンズウィリアム・タネン、ヒロインに助けを求めるユーゴスラビアの学者ルートヴィヒ・ストーセル、孤児院の院長サラ・ヘイデン、ヒロインのメイド役エディス・エヴァンソン、ヒロインが養子にしようとする少年ジョージ・ケザスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021