4551 Movies

ミネソタの娘 The Farmer’s Daughter (1947)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

看護師志望の農家の娘がひょんなことから政治家の家政婦となり自ら政治家を目指すまでを描く、監督H・C・ポッター、主演ロレッタ・ヤングジョゼフ・コットンエセル・バリモアチャールズ・ビックフォード他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:H・C・ポッター
製作:ドア・シャリー
原作:ヘッラ・ヴオリヨキ”Juurakon Hulda”(戯曲)
脚本
アレン・リフキン
ローラ・カー
編集:ハリー・マーカー
撮影:ミルトン・R・クラスナー
音楽:リー・ハーライン

出演
カトリン”ケイティ”ホルストロム:ロレッタ・ヤング
グレン・モーリー:ジョゼフ・コットン
アガサ・モーリー:エセル・バリモア
ジョセフ・クランシー:チャールズ・ビックフォード
ヴァージニア・サッチャー:ローズ・ホバート
アドルフ・ペトゥリー:リス・ウィリアムズ
マシュー・スルヴェン医師:ハリー・ダベンポート
ハイ・ノーディック:トム・パワーズ
ウォード・ヒューズ:ウィリアム・ハリガン
オラフ・ホルストロム:レックス・バーカー
スヴェン・ホルストロム:キース・アンデス
ピーター・ホルストロム:ジェームズ・アーネス
ホルストロム:ハリー・シャノン
ホルストロム夫人:アンナ・Q・ニルソン
ウィルバー・ジョンソン:サーストン・ホール
アンダース・J・フィンリー:アート・ベイカー
アイナー:ドン・ベドー
ヴァン:ジョン・ガローデット
エッカーズ:ウィリアム・B・デビッドソン
スウィーニー:サイ・ケンドール
マティナン:フランク・ファーガソン
ウィンダー:ウィリアム・ベイクウェル
ジャクソン:チャールズ・レイン

アメリカ 映画
配給 RKO
1947年製作 97分
公開
北米:1947年3月25日
日本:1948年4月6日


アカデミー賞
第20回アカデミー賞

・受賞
主演女優賞(ロレッタ・ヤング
・ノミネート
助演男優賞(チャールズ・ビックフォード


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スウェーデン系アメリカ人のカトリン”ケイティ”ホルストロム(ロレッタ・ヤング)は、キャピトル・シティの看護学校に通うために、実家の農場を離れる決心をする。

両親(ハリー・シャノン/アンナ・Q・ニルソン)と3人の弟オラフ(レックス・バーカー)、スヴェン(キース・アンデス)、ピーター(ジェームズ・アーネス)に別れを告げて見送られたケイティは、世話になったマットセン医師の車でバス停に向かう。

ホルストロムの納屋の壁に絵を描いたペンキ屋のアドルフ・ペトゥリー(リス・ウィリアムズ)はケイティを追い、バス停で声をかけて彼女をキャピトル・シティまで送ることにする。

夜になり、ケイティをモーテルに連れ込もうとしたアドルフは、それに失敗して事故を起こしてしまう。

事故の相手とアドルフの車の修理代を払ったケイティは、仕方なくモーテルに泊まる。

翌朝、アドルフが去ったことに気づいたケイティは、キャピトル・シティまでヒッチハイクする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
農夫の娘でスウェーデン系アメリカ人のカトリン”ケイティ”ホルストロムは、看護学校に通うために、家族に別れを告げて農場を去る。
街まで送ってくれると言うペンキ屋アドルフに騙されたケイティは、所持金がなくなってしまい、仕方なく家政婦をすることになる。
ケイティは、下院議員グレン・モーリーの邸宅に雇われ、40年務める執事ジョセフと共に働き始める。
母のアガサと共に、聡明で常識があるケイティに感心したグレンは彼女に惹かれる。
そんな時、党の議員の急死で補欠選挙が行われることになり、グレンやアガサが支持する候補フィンリーを、ケイティが公然と批判してしまい問題になる・・・。
__________

1937年に上演された、ヘッラ・ヴオリヨキの戯曲”Juurakon Hulda”を基に製作された作品。

看護師志望のスウェーデン系の農家の娘が、ひょんなことから政治家の邸宅の家政婦となり、自ら政治家を目指すまでを描くコメディ・ドラマの秀作。

舞台でも活躍し、コメディ、ミュージカル、サスペンスなど様々な作品を手掛けていたH・C・ポッターが監督した作品。

スウェーデン移民の農夫の娘の奮闘が愉快に描かれ、厳しいアメリカ社会を生き抜いた逞しさを感じさせる、彼女と家族の力強さが印象的だ。

その一家を含めた正義感と勇気が、陰湿な詐欺行為や悪徳政治家を倒す内容も実に痛快だ。

主演のロレッタ・ヤングは、聡明で快活そして純真な心の持ち主である農家育ちの女性を見事に演じ、第20回アカデミー賞で主演女優賞を受賞した。
この年は、”Mourning Becomes Electra”(1947)のロザリンド・ラッセルの受賞が確実視されていたものの、スウェーデン系でありながらも、愛国心あふれる女性を演じたロレッタ・ヤングに軍配が上がった。
また、本作のヒロインとしてイングリッド・バーグマンのキャスティングが予定されていたが、ジョゼフ・コットンとの浮気が噂されていたために出演は実現しなかった。

ヒロインを見守りながら次第に惹かれていく下院議員を好演するジョゼフ・コットン、その母親で、主人公の雇い主であり、彼女を人間として高く評価するエセル・バリモア、同じく主人公の良き理解者である執事を味のある演技で印象的に演じ、アカデミー助演賞にノミネートされたずるチャールズ・ビックフォード、グレン(ジョゼフ・コットン)に惹かれる記者ローズ・ホバート、主人公を騙すペンキ屋のリス・ウィリアムズ、モーリー家の主治医ハリー・ダベンポート、グレンの党のリーダー、トム・パワーズとその参謀ウィリアム・B・デビッドソンサイ・ケンドールフランク・ファーガソン、対抗政党のリーダーである弁護士のウィリアム・ハリガン、主人公の弟である大柄で逞しい3人レックス・バーカーキース・アンデスジェームズ・アーネス、その両親ハリー・シャノンアンナ・Q・ニルソン、急死する議員サーストン・ホール、悪徳政治家だったグレンらの支持候補アート・ベイカー、記者のドン・ベドーチャールズ・レインジョン・ガローデット、スピーチの専門家ウィリアム・ベイクウェルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021