4240 Movies

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1 The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 1 (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、ステファニー・メイヤーの世界的大ベストセラー小説”トワイライト”を基にして製作された”トワイライト・サーガ”シリーズの4作目であり、最終章の第一部。
主演クリステン・スチュワートロバート・パティンソンテイラー・ロートナービリー・バークピーター・ファシネリアンナ・ケンドリック共演、監督ビル・コンドンによるファンタジー・サスペンス・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ビル・コンドン
製作総指揮
グレッグ・ムーラディアン

マーティ・ボーウェン
ガイ・オシアリー
マーク・モーガン
製作
ウィック・ゴッドフレイ

カレン・ローゼンフェルト
ステファニー・メイヤー
原作:ステファニー・メイヤーBreaking Dawn
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ

撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ヴァージニア・カッツ
音楽:カーター・バーウェル

出演
ベラ・スワン・カレン:クリステン・スチュワート

エドワード・カレン:ロバート・パティンソン
ジェイコブ・ブラック:テイラー・ロートナー
アリス・カレン:アシュリー・グリーン
エメット・カレン:ケラン・ラッツ
カーライル・カレン:ピーター・ファシネリ
エズミ・カレン:エリザベス・リーサー
ロザリー・ヘイル:ニッキー・リード
ジャスパー・ヘイル:ジャクソン・ラスボーン
チャーリー・スワン:ビリー・バーク
レネ・ドワイアー:サラ・クラーク
リア・クリアウォーター:ジュリア・ジョーンズ
セス・クリアウォーター:ブーブー・スチュワート
ジェシカ・スタンリー:アンナ・ケンドリック
ターニャ・デナリ:マイアンナ・バーリング
イリーナ・デナリ:マギー・グレイス
ケイト・デナリ:ケイシー・ラボウ
アロ:マイケル・シーン
カイウス:ジェイミー・キャンベル・バウアー
マーカス:クリストファー・ハイアーダール
サム・ウーレイ:チャスク・スペンサー
エレアザル・デナリ:クリスチャン・カマルゴ
カルメン・デナリ:ミア・マエストロ
ビリー・ブラック:ギル・バーミンガム
レネズミ・カレン:マッケンジー・フォイ/クリスティ・バーク

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメン

2011年製作 117分
公開
北米:2011年11月18日
日本:2012年2月25日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $281,287,130
世界 $712,171,860


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
様々な困難を乗り越え、ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)とヴァンパイアのエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)は、永遠の愛を誓い結婚することになる。

ベラの幼馴染であり、彼女に思いを寄せる、オオカミ族”キラユーテ”のジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)は、二人の結婚式の招待状を受け取り苛立つ。

式を翌日に控え、多少の不安を抱えるベラとエドワードだったが、幸せと共に喜びを感じていた。

エドワードはバチェラー・パーティーに向かうが、ベラは、式の出席者が惨殺される悪夢を見る。

翌日、フロリダから母レネ・ドワイアー(サラ・クラーク)が駆けつけ、父チャーリー(ビリー・バーク)からもベラは祝福を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
トワイライト」(2008)
・「
ニュームーン/トワイライト・サーガ」(2009)
・「
エクリプス/トワイライト・サーガ」(2010)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」(2011)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2」(2012)

*(簡略ストー リー)
多くの困難を乗り越え、ベラ・スワンとヴァンパイアのエドワード・カレンは結婚を決意する。
しかし、ベラに思いを寄せる幼馴染みのオオカミ族”キラユーテ”のジェイコブは、結婚が彼女の死かヴァンパイアへの転生を意味しているため、心穏やかでなかった。
ベラとエドワードは、両親や家族に祝福されながら式を終えてハネムーンへと旅立つ。
幸せを実感しながらも、不安を抱え、心を決めて愛し合った二人だったが、ベラは、たちまち妊娠してしまう。
カレン家の家長カーライルに戻るよう指示された二人だったが、ベラの体内で子供が育つにつれて、彼女は衰弱してゆく。
同じ頃、キラユーテにとっては、ベラの子供の誕生と彼女の転生が驚異となり、ヴァンパイアとの協定を破り、彼らの中で戦いを望む声が上がる。
ベラの命を優先するエドワード、子供と自分の運命に危険が及ぶことを察するベラ、そして、仲間達とヴァンパイアとの狭間でジェイコブは苦悩する・・・。
__________

主人公二人の結婚という、大きなテーマを中心に描いた内容は、最終章の前章ということもあって、やや小ぢんまりとした雰囲気に終始している。

それほどの盛り上がりもなく、次回作に大きな期待がかかる予告編的な作品でもある。

ファンや批評家の評価は低く、ラジー賞を総なめにする勢いだった。

しかし、相変わらずの人気の高さを証明し、北米興行収入は約2億8100万ドル、全世界では、約7億1200万ドルの大ヒットになった。

衰弱し切ったクリステン・スチュワートのメイクは、恐ろしいほど痛々しく、ラストで見せる、ヴァンパイアとして生き返った際の際立つ美しさはショッキングでもある。
また、ヒロインの結婚からハネムーンまでの、はにかむ様子なども印象的で、その後の変貌との対比が、本作で最大の見どころだ。

男、夫として、ヒロインの命を守ろうとするロバート・パティンソン、彼女を思う気持ちでは負けないテイラー・ロートナー、カレン家の家長ピーター・ファシネリ、家族アシュリー・グリーンケラン・ラッツエリザベス・リーサーニッキー・リードジャクソン・ラスボーン、ヒロインの父ビリー・バーク、母サラ・クラークキラユーテ族のジュリア・ジョーンズ、その弟ブーブー・スチュワートチャスク・スペンサーギル・バーミンガム、ヒロインの親友マイアンナ・バーリング、ヴァンパイアのマイアンナ・バーリングマギー・グレイスケイシー・ラボウクリスチャン・カマルゴミア・マエストロ、ヴォルトゥーリのリーダー、マイケル・シーン、その共同創設者ジェイミー・キャンベル・バウアークリストファー・ハイアーダール、そして、主人公の娘マッケンジー・フォイクリスティ・バーク等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020