4240 Movies

エクリプス トワイライト・サーガ The Twilight Saga: Eclipse (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、ステファニー・メイヤーの世界的大ベストセラー小説”トワイライト”の第3期シリーズとなる”Eclipse”を基に製作された作品。
主演クリステン・スチュワートロバート・パティンソンテイラー・ロートナービリー・バークピーター・ファシネリダコタ・ファニング共演、監督デヴィッド・スレイドによるファンタジー・サスペンス・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・スレイド
製作総指揮
グレッグ・ムーラディアン

マーティ・ボーウェン
ガイ・オシアリー
マーク・モーガン
製作
ウィック・ゴッドフレイ

カレン・ローゼンフェルト
原作:ステファニー・メイヤー
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集:ピーター・ランバート
音楽:ハワード・ショア

出演
ベラ・スワン:クリステン・スチュワート

エドワード・カレン:ロバート・パティンソン
ジェイコブ・ブラック:テイラー・ロートナー
アリス・カレン:アシュリー・グリーン
ロザリー・ヘイル:ニッキー・リード
ジャスパー・ヘイル:ジャクソン・ラスボーン
エメット・カレン:ケラン・ラッツ
カーライル・カレン:ピーター・ファシネリ
エズミ・カレン:エリザベス・リーサー
ジェーン:ダコタ・ファニング
チャーリー・スワン:ビリー・バーク
レネ・ドワイアー:サラ・クラーク
ジェシカ・スタンリー:アンナ・ケンドリック
アレック:キャメロン・ブライト
サム・ウーレイ:チャスク・スペンサー
ポール:アレックス・メラズ
ジャレッド:ブロンソン・ペルティエ
エンブリー・コール:キオワ・ゴードン
ディミトリー:チャーリー・ビューリー
ヴィクトリア:ブライス・ダラス・ハワード
ライリー・ビアース:グザヴィエル・サミュエル
ブリー・タナー:ジョデル・フェルランド
クイル・アテアラ:タイソン・ハウスマン
リア・クリアウォーター:ジュリア・ジョーンズ
セス・クリアウォーター:ブーブー・スチュワート
エミリー:ティンゼル・コーリー
エリック:ジャスティン・チョン

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメン

2010年製作 124分
公開
北米:2010年6月30日
日本:2010年11月6日
製作費 $68,000,000
北米興行収入 $300,523,110
世界 $698,491,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シアトル
フォークス出身の青年ライリー・ビアース(グザヴィエル・サミュエル)は、何者かに襲われて、体の自由が利かなくなる。

ワシントン州、フォークス
高校卒業を前に、イザベラ”ベラ”スワン(クリステン・スチュワート)は、恋人エドワード・カレン(ロバート・パティンソン)に求婚される。

エドワードを追って、イタリアにまで行ったことを父親のチャーリー(ビリー・バーク)咎められ、ベラは厳しい門限生活を送っていた。

チャーリーは、ベラとエドワードが別れること望むのだが、それが無理だと知り門限をなくして、その時間を、彼女の幼馴染みジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)らと過ごすよう提案する。

ジェイコブの元に向かおうとするベラに、人狼である彼の危険性を指摘するエドワードは、シアトルで多発しているヴァンパイアの動きを彼女に語る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
トワイライト」(2008)
・「
ニュームーン/トワイライト・サーガ」(2009)
・「
エクリプス/トワイライト・サーガ」(2010)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」(2011)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2」(2012)

*(簡略ストー リー)
高校卒業を控えたベラは、ヴァンパイアである恋人エドワードに求婚される。
先住民キラユーテ族の幼馴染みの少年ジェイコブとのことも気になり、ベラは即答を避ける。
その頃シアトルで、ヴァンパイア新勢力”ニューボーン”による怪奇事件が多発していた。
それを察したカレン家では、ジェイコブの協力を得て、ベラと父チャーリーを守るために警戒を強める。
ジェイコブから自分に対する気持ちを告げられたベラの心は揺れ動くのだが、彼女はエドワードにそれ以上の愛を感じる。
そして、”ニューボーン”を操っている黒幕が、宿敵のヴィクトリアだと分かり、カレン家はそれに対抗するための訓練を始める。
そして、エドワードは、改めてベラに求婚し、彼女もそれを承諾するが、時同じくして、二人に”ニューボーン”の魔の手は近づく・・・。
__________

少しずつではあるが、進展していく主人公達のロマンスが、ついに結婚に至りそうなオープニングから、再び揺れ動くヒロインの心情などが大きなテーマとなっている。

そのためか、新勢力との戦いは意外にあっさり決着がついてしまい、ようやく心を決めた二人の愛を確かめ合うシーンで終わる、ファンタジー・ロマンスに終始している内容だ。

前二作に比べ、展開にメリハリが欠けているのも気になり、批評家、一般の評価も悪く、ラジー賞では、主要部門にノミネートされてしまった。

しかし興行収入は前作とほぼ同じで、続編「ブレイキング・ドーン/トワイライト・サーガPART1・2」に続くことになる。

北米興行収入 $300,523,110
世界 $698,491,350

ひ弱に見えた少女から、結婚も決意するに至り、自分の考えをはっきりと主張する強さも秘めた女性へと変わりつつあるヒロインのリステン・スチュワート、それとは対照的にヴァンパイアから、より人間的に見えてしまうところがやや物足りないロバート・パティンソン、駄々っ子のようにも見えるが、一途な愛を貫く狼族の少年テイラー・ロートナー、主人公の父親ビリー・バーク、母親のサラ・クラーク、カレン家の家族アシュリー・グリーンピーター・ファシネリジャクソン・ラスボーンニッキー・リードケラン・ラッツエリザベス・リーサー、”ヴォルトゥーリ”のリーダー的な存在ダコタ・ファニング、主人公の友人役アンナ・ケンドリック、そして”ニューボーン”のリーダー、グザヴィエル・サミュエル、その黒幕ながら、呆気なく殺されてしまうブライス・ダラス・ハワード等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020