4236 Movies

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2 The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2 (2012)

  •  
  •  
  • 100
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、ステファニー・メイヤーの世界的大ベストセラー小説”トワイライト”を基にして製作された”トワイライト・サーガ”シリーズの5作目で、二部構成の最終章の第二部。
主演クリステン・スチュワートロバート・パティンソンテイラー・ロートナービリー・バークピーター・ファシネリアンナ・ケンドリック共演、監督ビル・コンドンによるファンタジー・サスペンス・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ビル・コンドン
製作総指揮
マーティ・ボーウェン

マーク・モーガン
製作
ウィック・ゴッドフレイ

カレン・ローゼンフェルト
ステファニー・メイヤー
原作:ステファニー・メイヤーBreaking Dawn
脚本
メリッサ・ローゼンバーグ

ステファニー・メイヤー
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集
ヴァージニア・カッツ

イアン・スレイター
音楽:カーター・バーウェル

出演
ベラ・スワン・カレン:クリステン・スチュワート

エドワード・カレン:ロバート・パティンソン
ジェイコブ・ブラック:テイラー・ロートナー
レネズミ・カレン:マッケンジー・フォイ
アリス・カレン:アシュリー・グリーン
イリーナ・デナリ:マギー・グレイス
アロ:マイケル・シーン
エメット・カレン:ケラン・ラッツ
カーライル・カレン:ピーター・ファシネリ
エズミ・カレン:エリザベス・リーサー
ジャスパー・ヘイル:ジャクソン・ラスボーン
ロザリー・ヘイル:ニッキー・リード
カイウス:ジェイミー・キャンベル・バウアー
ジェーン:ダコタ・ファニング
マーカス:クリストファー・ハイアーダール
チャーリー・スワン:ビリー・バーク
ギャレット:リー・ペイス
ケイト・デナリ:ケイシー・ラボウ
ターニャ・デナリ:マイアンナ・バーリング
J・ジェンクス:ウェンデル・ピアース
ウラジミール:ノエル・フィッシャー
アリステア:ジョー・アンダーソン
アレック:キャメロン・ブライト
ティア:アンジェラ・サラフィアン
ベンジャミン:ラミ・マレック
セス・クリアウォーター:ブーブー・スチュワート
フェリックス:ダニエル・クドモア
エレアザル・デナリ:クリスチャン・カマルゴ
カルメン・デナリ:ミア・マエストロ
フィル:タイ・オルソン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2012年製作 115分
公開
北米:2012年11月16日
日本:2012年12月28日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $292,298,920
世界 $832,660,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は、ヴァンパイアのエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)と結婚してカレン家に加わり、娘レネズミを出産した。

ヴァンパイアとしての人生を選んだベラは、人間とは違う身体能力を身につけ、エドワードと共に”渇き”を抑える練習をする。

森に向かったベラは動物を狩ろうとするのだが、ロッククライミングをする人間に気づく。

ベラは人間に襲いかかろうとするが、自分の意思で渇きを制御して動物を仕留める。

家に戻った二人は、その場にいた人狼キラユーテのジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)に迎えられ、レネズミに対面する。

ベラは、生後二日のレネズミの成長の早さに驚き、娘を自分のものにしようとするジェイコブに気づき、怒りを露わにして彼を追い払おうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
トワイライト」(2008)
・「
ニュームーン/トワイライト・サーガ」(2009)
・「
エクリプス/トワイライト・サーガ」(2010)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」(2011)
・「
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2」(2012)

*(簡略ストー リー)
ヴァンパイアのエドワードと結婚したベラ・スワンは、出産した娘のレネズミと対面する。
ベラは、ヴァンパイアとしての生活を始めるのだが、急速に成長するレネズミを目撃したイリーナは、ヴォルトゥーリのリーダー、アロにカレン家が犯した罪を知らせる。
ヴォルトゥーリは、レネズミを近づく者を魅了する”不滅の子”だと判断して、代々続いているその抹殺を考える。
それに気づいたカレン家は、レネズミが危険のないハーフ・ヴァンパイアであることを証明するために、証人を集めようとする。
家族に協力する者達は世界各地から集まるのだが、ヴォルトゥーリの襲撃は迫る・・・。
__________

最終章の後編ということもあり、無難に物語を締めくくったという感じで終わるが、大ヒット・シリーズの終了はやや寂しい。

ヴァンパイアが主役であるドラマということで、独特の雰囲気が何とも魅力的なシリーズ初期だったが、本作はスケールアップはしたものの、それほどの盛り上がりもなく、淡々とした展開に終始する。

しかし、内容は非常に解り易く、様々な問題が即座に解決していくテンポの良い展開で進むため、飽きずに楽しめる作品でもある。

北米興行収入は約2億9200万ドル、全世界では約8億3300万ドルで、シリーズ最高のヒットとなった。

興行的な成功とは裏腹に、どうも評価の低いシリーズは、本作でもラジー賞を総なめにしてしまった。

はにかみ屋の少女から、ヴァンパイア一家で最強のパワーを持つ女性に変貌し、母親にもなるヒロインのクリステン・スチュワート、彼女を支える役に徹する夫ロバート・パティンソン、同じくサポート的存在のテイラー・ロートナー、主人公の娘マッケンジー・フォイ、カレン家のアシュリー・グリーンケラン・ラッツピーター・ファシネリエリザベス・リーサージャクソン・ラスボーン、敵対するヴォルトゥーリのマギー・グレイス、リーダーのマイケル・シーンダコタ・ファニングクリストファー・ハイアーダールジェイミー・キャンベル・バウアーキャメロン・ブライト、ヒロインの父親ビリー・バーク、デナリ家のケイシー・ラボウマイアンナ・バーリングミア・マエストロ、証人のリー・ペイスノエル・フィッシャージョー・アンダーソンラミ・マレックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020