4314 Movies

ザ・ウォール The Wall (2017)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イラク戦争時、アメリカ軍兵士37人を殺害したスナイパー“ジューバ”に狙われた兵士の戦いを描く、監督ダグ・リーマン、主演アーロン・テイラー=ジョンソンジョン・シナライト・ナクリ共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:ダグ・リーマン
製作:デヴィッド・バーティス
製作総指揮:レイ・アンジェリク
脚本:ドウェイン・ウォーレル
撮影:ローマン・ヴァシャノフ
編集:ジュリア・ブロッシュ

出演
アレン・アイザック軍曹:アーロン・テイラー=ジョンソン
シェイン・マシューズ2等軍曹:ジョン・シナ
ジューバ(声のみ):ライト・ナクリ

アメリカ 映画
配給 ロードサイド・アトラクションズ
2017年製作 81分
公開
北米:2017年5月12日
日本:2017年9月1日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $1,803,060
世界 $4,458,190


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2007年末。
イラク戦争は収束に向かい、ブッシュ大統領は勝利宣言をして、治安の回復が進みつつあった。

アメリカ陸軍のスナイパー、シェイン・マシューズ二等軍曹(ジョン・シナ)とスポッター/観測手のアレン・アイザック軍曹(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、周囲に何人もの死体があるパイプライン建設現場を監視する。

この場に来て20時間が経過したことを確認したマシューズは、敵のスナイパーの腕を考えながら、死体が身を隠そうとした形跡がないことを気にする。

しかも、一人以外は全員が頭を撃ち抜かれていることから、恐れられているスナイパーの”ジューバ”の仕業ではないかと考える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2007年末。
イラク戦争が収束に向かっていた頃、パイプライン建設現場からの救援要請を受けたアメリカ陸軍のスナイパー、マシューズ二等軍曹とスポッター/観測手のアレン・アイザック軍曹は、20時間以上、監視を続けていた。
敵のスナイパーはいないと判断して現場に近づいたマシューズは、一人を除き死体が頭を撃ち抜かれていることを確認する。
その直後にマシューズが狙撃されたために彼の元に向かったアイザックは、膝を撃たれてしまう。
レンガを積み上げた壁の裏に隠れたアイザックは、苦しむマシューズを励ますものの身動きができない。
無線機のアンテナも撃たれて使えない状況の中で、ローカル通信で応答があったアイザックは、状況を知らせて救援を求める。
しかし、位置を知らせるために上空に発砲しろと指示されたアイザックは、通常の連絡手順とは違うことに疑問を感じる。
周囲の死体の正確な狙撃状況などから、アイザックは、無線の相手が、恐れられているスナイパーの”ジューバ”だと気づくのだが・・・。
__________

イラク戦争時、アメリカ軍兵士37人を殺害したスナイパー“ジューバ”の罠にはまり標的となった、アメリカ陸軍兵士の戦いを描く戦争ドラマ。

出演者は兵士役のアーロン・テイラー=ジョンソンジョン・シナ品だけで、彼らをコントロールしながら冷静な判断で罠にかけるスナイパー“ジューバ”役でライト・ナクリが声だけの出演をしている。

戦場のパイプライン建設現場一帯の狭い区域だけで起きる戦いが描かれ、レンガを積み上げた”壁”の裏が主な舞台となるワン・シチュエーション映画と言っていい内容だ。

スナイパーとスポッター/観測手のチーム対、敵スナイパーの戦いは、狙撃の緊迫、緊張感などを重視した物語ではなく、狙撃の腕と頭脳で若い兵士を翻弄するスナイパーの巧みな心理戦を、ダグ・リーマンが生々しい映像で描いている作品。

誤って同僚を殺してしまった心の傷を拭いきれないまま、戦地で戦い続けるアメリカ陸軍軍曹でスポッター/観測手のアーロン・テイラー=ジョンソン、敵のターゲットとなり狙撃される二等軍曹のジョン・シナ、アメリカ兵から恐れられるスナイパー“ジューバ”(声のみ)のライト・ナクリが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020