4551 Movies

ジャケット The Jacket (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

15年の時をトリップしながら自分の死の謎を探ろうとする青年を描く、製作ジョージ・クルーニースティーヴン・ソダーバーグ、監督ジョン・メイバリー、主演エイドリアン・ブロディキーラ・ナイトレイクリス・クリストファーソンジェニファー・ジェイソン・リーダニエル・クレイグケリー・リンチ他共演の心理スリラー。


スリラー/ホラー

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
スティーヴン・ソダーバーグ / Steven Soderbergh 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・メイバリー

製作
ジョージ・クルーニー
ピーター・グーバー
スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮:ベン・コスグローヴ
脚本:マッシー・タジェディン
撮影:ピーター・デミング
編集:エマ・E・ヒコックス
音楽:ロジャー・イーノ

出演
ジャック・スタークス:エイドリアン・ブロディ
ジャッキー・プライス:キーラ・ナイトレイ
トーマス・ベッカー医師:クリス・クリストファーソン
ベス・ローレンソン医師:ジェニファー・ジェイソン・リー
ルーディ・マッケンジー:ダニエル・クレイグ
ジーン・プライス:ケリー・リンチ
ホプキンス医師:スティーヴン・マッキントッシュ
ハーディング看護師:マッケンジー・フィリップス
デイモン:ブレンダン・コイル
ジャッキー・プライス(少女期):ローラ・マラノ
ハリソン巡査:ジェイソン・ルイス
見知らぬ男:ブラッド・レンフロ

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2005年製作 103分
公開
北米:2005年3月4日
日本:2006年5月20日
製作費 $29,000,000
北米興行収入 $6,303,760
世界 $21,126,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1991年、イラク湾岸戦争
子供に撃たれて死亡したと思われたアメリカ軍兵士のジャック・スタークス(エイドリアン・ブロディ)は、奇跡的に息を吹き返して治療を受ける。

12か月後、ヴァーモント州。
旅に出たジャックジャック、車の故障で立ち往生しているジーン・プライス(ケリー・リンチ)と娘ジャッキー(ローラ・マラノ)に出会う。

ジーンが酩酊していると知ったジャックは、車を直しながら、認識票に興味を持つジャッキーに、それをプレゼントする。

車を直したジャックだったが、酔ったジーンに追い払われてしまう。

その後ジャックは、カナダに向かう青年(ブラッド・レンフロ)の車に乗せてもらう。

その後、その車はパトカーに止められる。
__________

警官を殺害した容疑で起訴されたジャックは、もう一人の自分が殺したと主張する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1992年、ヴァーモント州。
湾岸戦争で負傷して奇跡的に一命を取り留めたジャック・スタークスは、故郷に戻り旅に出る。
車の故障で立ち往生している母子ジーンとジャッキーの車を直したジャックは、ジャッキーに認識票をプレゼントする。
その後、見知らぬ青年の車に乗せてもらったジャックだったが、警官殺しの疑いで逮捕され、心神喪失と認められて無罪になるものの、精神病院に入れられる。
ベッカー医師の矯正治療を受けたジャックは、拘束衣を着せられて遺体安置所の”引き出し”に入れられる。
恐怖で怯えるジャックは、そこでタイムスリップして2007年に向かい、ダイナーのウェイトレスのジャッキーに出会う。
ジャッキーのアパートで自分の認識票を見つけたジャックは、彼女が15年前に路上で助けた少女だと気づき驚く。
それを伝えても信じてもらえないジャックは、ジャッキーとの話で数日後に自分が死ぬことを知り、過去に戻る。
そしてジャックは、自分の治療に興味を持つローレンソン医師との親交を深め、未来との行き来を繰り返しながら死の謎を探ろうとするのだが・・・。
__________

戦場での死から甦った主人公が、現代と未来の15年の時をトリップしながら、数日後に迫る自分の死の謎を探ろうとする姿を描く心理スリラー。

製作にジョージ・クルーニースティーヴン・ソダーバーグが加わり、「戦場のピアニスト」(2002)により史上最年少でアカデミー主演賞を獲得したエイドリアン・ブロディと、同年「プライドと偏見」(2005)で早くも同主演賞にノミネートされたキーラ・ナイトレイ、期待の若手スター共演が話題になった作品。

タイトルの”ジャケット”とは”拘束衣”のことで、それを着せられて矯正治療を受ける主人公が、死体安置所の狭い空間に入れられ、その場でタイプスリップするというアイデアはなかなか興味深い。

死体安置所という特殊な場所で、戦場で一度死んだと思われた奇跡的に助かった主人公が、恐怖に怯えながら数日後の死の意味を探求する姿は痛々しく、想像するだけで恐ろしい。

ジョン・メイバリーの演出に深みはないが、実力派、ベテランが脇を固めるキャスティングは注目で、特に、「カジノ・ロワイヤル」(2006)公開を翌年に控える精神患者役のダニエル・クレイグの怪演と、主人公に深く関係する医師役のジェニファー・ジェイソン・リーの好演が光る。

主演のエイドリアン・ブロディは、精神異常者と判断され過酷な矯正治療を受ける青年を、迫真の演技で熱演している。

主人公とは少女時代に接点があり、タイプスリップしてきた彼を当初は疑うものの、協力し愛し合うようになる女性を演ずるキーラ・ナイトレイ、主人公に矯正治療を行う医師クリス・クリストファーソン、ヒロインの母親ケリー・リンチ、医師のスティーヴン・マッキントッシュ、看護師マッケンジー・フィリップス、病院職員のブレンダン・コイル、ヒロインの少女時代ローラ・マラノ、主人公を車に乗せる青年ブラッド・レンフロ、彼に殺される巡査ジェイソン・ルイスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021