4315 Movies

ザ・ガンマン The Gunman (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1981年に発表された、ジャン=パトリック・マンシェットの小説”The Prone Gunman”を基に製作された作品。
多国籍企業の陰謀が絡む秘密作戦を実行した元特殊部隊員が、その証拠を消そうとする巨悪に命を狙われながら立ち向かう姿を描く、製作、脚本、主演ショーン・ペン、監督ピエール・モレル、出演ジャスミン・トリンカハビエル・バルデムレイ・ウィンストンマーク・ライランスイドリス・エルバ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ピエール・モレル
製作
アドリアン・ゲラ
ショーン・ペン
ピーター・マカリーズ
アンドリュー・ローナ
ジョエル・シルバー
製作総指揮
スティーヴ・リチャーズ
アーロン・オーク
ピーター・マカリーズ
原作:ジャン=パトリック・マンシェットThe Prone Gunman
脚本
ドン・マクファーソン
ピート・トラヴィス
ショーン・ペン
撮影:フラビオ・マルティネス・ラビアーノ
編集:フレデリック・トラヴァル
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ジム・テリア:ショーン・ペン
アニー:ジャスミン・トリンカ
フェリックス:ハビエル・バルデム
スタンリー:レイ・ウィンストン
テリー・コックス:マーク・ライランス
ジャッキー・バーンズ:イドリス・エルバ
ライニンガー:ペーテル・フランツェーン
リード:ビリー・ビリンガム
ブライソン:ダニエル・アデボイエガ
ユジーン:アデ・オイェフェソ

アメリカ/スペイン/イギリス/フランス 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ
2015年製作 115分
公開
北米:2015年3月20日
日本:2016年2月6日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $10,664,750
世界 $24,177,140


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2006年、アフリカコンゴ民主共和国
人権弾圧が続く国内情勢により混乱は激化し、国連などの人道援助が行われ、滞在者の安全確保は民間軍事企業が請け負った。

豊富な鉱物資源が、意図的な紛争長期化の原因であった。

元特殊部隊員である50代のジム・テリア(ショーン・ペン)は、退役後に大企業に雇われ、治安維持部隊員として活動していた。

酒場に向かったテリアは、同僚のテリー・コックス(マーク・ライランス)やNGOの医師で恋人のアニー(ジャスミン・トリンカ)と話していたフェリックス(ハビエル・バルデム)と共に、鉱物資源大臣が外資系企業との契約を全て見直すことを発表したというニュースを見る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2006年、アフリカコンゴ民主共和国
人権弾圧が続く国内情勢により混乱が激化する中、元特殊部隊員のジム・テリアは、大企業に雇われて治安維持部隊員として活動していた。
しかしテリアは、更に国内を混乱させようとする多国籍企業の思惑のため、同僚のフェリックスやコックスと共に鉱物資源大臣を暗殺しようとする。
狙撃に成功したテリアは出国することになっていたため、NGOの医師である恋人アニーをフェリックスに任せて姿を消す。
8年後、コンゴで井戸を掘る慈善事業を行っていたテリアは、現地の男達に襲われる。
ロンドンに向かったテリアは、実業家になっていたコックスに会い、襲われたことを知らせて、自分の命を狙った黒幕を探そうとする。
ストレスによる頭痛に悩みながら、旧友のスタンリーの協力を得たテリアは、真相を探る目的でフェリックスに会うためバルセロナに向かうのだが・・・。
__________

二度のアカデミー主演賞に輝くハリウッドを代表する実力派スターのショーン・ペンが、製作、脚本、主演を務める意欲作。

多国籍企業による政府首脳の暗殺計画から始まり、結局は、その秘密作戦に関わった主人公らまでもを抹殺しようとする巨悪の陰謀が描かれたサスペンス。

発展途上国であるコンゴ民主共和国の社会情勢を利用し、それを食い物にする先進国のエゴが描かれた社会派ドラマでもある。

脇役に個性派を揃えるものの、パンチに欠けるピエール・モレルの演出はやや物足りない。
派手さのない肉体的アクションを重視した辺りは、彼の作品である「96時間」(2004)を意識しているようにも思える。

主演のショーン・ペンは、元特殊部隊員の役柄であるため、50代半ばを迎えながら、鍛え抜かれた肉体で敵に対抗する男を熱演している。
ストレスによる脳障害を抱えて苦しむ姿は痛々しいが、年齢によるハンデは感じさせない活躍を言見せる、ショーン・ペンの役者魂が伝わってくる深い演技が見どころの作品でもある。

主人公の恋人であるNGOの医師ジャスミン・トリンカ、主人公に彼女のことを任されて結婚する同僚のハビエル・バルデム、主人公に協力する旧友のレイ・ウィンストン、主人公を裏切る同僚のマーク・ライランス、その部下ペーテル・フランツェーンインターポールの特別捜査官イドリス・エルバ、主人公の同僚ビリー・ビリンガム、ダニエル・アデボイエガ、主人公に協力するコンゴの青年アデ・オイェフェソなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020