4907 Movies

蜘蛛の巣を払う女 The Girl in the Spider’s Web (2018)

2015年に発表された、ダヴィド・ラーゲルクランツの小説”The Girl in the Spider’s Web”を基に製作された作品。
スティーグ・ラーソンによる”ミレニアム”シリーズであり、デヴィッド・フィンチャーの「ドラゴン・タトゥーの女」(2011)のソフトリブート/続編。
悪に制裁を加えるハッカーと幼いころに別れ犯罪組織を率いる妹との対決を描く、監督フェデ・アルバレス、主演クレア・フォイスヴェリル・グドナソンラキース・スタンフィールドシルヴィア・フークススティーヴン・マーチャント他共演のサスペンス。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:フェデ・アルバレス
製作
スコット・ルーディン
オーレ・ソンドベルイ
ソーレン・スタルモス
ベルナ・レヴィン
エイミー・パスカル
エリザベス・カンティロン
イーライ・ブッシュ
製作総指揮
ロバート・J・ドーマン
リーネ・ヴィンテル・スクイユム・フンク
ヨハンネス・イェンセン
アンニ・ファウルビー・フェルナンデス
デヴィッド・フィンチャー
原作
ダヴィド・ラーゲルクランツThe Girl in the Spider’s Web
スティーグ・ラーソン(キャラクター)
脚本
ジェイ・バス
フェデ・アルバレス
スティーヴン・ナイト
撮影:ペドロ・ルケ・ブリオッツォ
編集:タティアナ・S・リーゲル
音楽:ロケ・バニョス

出演
リスベット・サランデル:クレア・フォイ
リスベット・サランデル(少女期):ボー・ガズドン
ミカエル・ブルムクヴィスト:スヴェリル・グドナソン
エドウィン・ニーダム:ラキース・スタンフィールド
カミラ・サランデル:シルヴィア・フークス
カミラ・サランデル(少女期):カルロッタ・フォン・ファルケンハイン
フランス・バルデル:スティーヴン・マーチャント
エリカ・ベルジェ:ヴィッキー・クリープス
ヤン・ホルツェル:クレス・バング
アウグスト・バルデル:クリストファー・コンベリー
ガブリエラ・グラーネ:シヌーヴ・マコディ・ルンド
プレイグ:キャメロン・ブリットン
ソフィア:アンドレア・ペジック
アレクサンダー・ザラチェンコ:ミカエル・パーシュブラント
ピーター・アールグレン:フォルカー・ブルッフ

アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナダ/ドイツ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2018年製作 117分
公開
イギリス:2018年11月21日
北米:2018年11月9日
日本:2019年1月11日
製作費 $43,000,000
北米興行収入 $14,841,340
世界 $35,164,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スウェーデン
チェスをしていたリスベット・サランデル(ボー・ガズドン)と妹のカミラ(カルロッタ・フォン・ファルケンハイン)は、ロシアの犯罪組織のボスである父アレクサンダー・ザラチェンコ(ミカエル・パーシュブラント)に呼ばれる。

カミラを呼び寄せ、虐待のための窒息装置を使おうとしたザラチェンコを警戒するリスベットは、カミラを連れてその場から逃げる。

部屋から出ようとしたリスベットは飛び降りるしかなく、逃げようとしないカミラを置いて落下し、雪の崖を滑り降りて走り去る。
__________

スウェーデンストックホルム
女を傷つける男に制裁を加える自警行為を続けるハッカーのリスベット(クレア・フォイ)は、娼婦2人に暴行した会社経営者ピーター・アールグレン(フォルカー・ブルッフ)のアパートに侵入し、妻リンダにも暴行を加えた彼を拘束して逆さ吊りにする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ドラゴン・タトゥーの女」(2011)
・「蜘蛛の巣を払う女」(2018)

*(簡略ストーリー)
スウェーデンストックホルム
悪に制裁を加えていたハッカーのリスベット・サランデルは、アメリカの”NSA/国家安全保障局”で、世界の核暗号にアクセスできるソフトウェア”ファイアフォール”を開発したバルデルから仕事を依頼される。
NSAに契約を解除されたバルデルから、ファイアフォールの回収を依頼されたリスベットは、難なくハッキングしてプログラムを入手するものの、ロックを解除できなかった。
何者かに襲われたリスベットはプログラムを奪われてしまい、バルデルは彼女に裏切られたと思う。
リスベットは、元恋人である雑誌”ミレニアム”の記者ブルムクヴィストに協力を求め、アパートに侵入した男を追うのだが・・・。
__________

ミレニアム”シリーズであり、デヴィッド・フィンチャーの「ドラゴン・タトゥーの女」(2011)のソフトリブート/続編。

悪に制裁を加えるハッカーと、幼いころに別れ犯罪組織を率いる妹との対決を描くサスペンス。

前作が、デヴィッド・フィンチャーの演出による、ダニエル・クレイグルーニー・マーラ他、豪華競演の超大作ということで注目された作品だったために、全体的に小ぢんまりした雰囲気に感じてしまう。

ロケの多くはドイツで行われ、激寒のストックホルムでの撮影は緊張感を漂わせる。

ストイックな主人公リスベット・サランデルを熱演した、クレア・フォイの演技は称賛されるものの、作品自体の評価は低く、前作の興行的な成功にも遠く及ばない結果に終わった。
製作費 $43,000,000
北米興行収入 $14,841,340
世界 $35,164,900
・「ドラゴン・タトゥーの女
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $102,515,790
世界 $232,617,400

リスベット・サランデルの少女期ボー・ガズドン、彼女の元恋人で、事件に協力するミレニアムの記者ミカエル・ブルムクヴィストのスヴェリル・グドナソン、ファイアフォールを取り戻そうとするNSA局員ラキース・スタンフィールド、リスベットを恨み対決する妹ミカエル役シルヴィア・フークス、その少女期カルロッタ・フォン・ファルケンハイン、ファイアフォールの開発者スティーヴン・マーチャント、その息子で、プログラムのロックを解除できるクリストファー・コンベリー、ミレニアムの編集長でブルムクヴィストと関係するヴィッキー・クリープス、犯罪組織の一員であるカミラの部下クレス・バングスウェーデン公安警察の副局長シヌーヴ・マコディ・ルンド、リスベットに協力するハッカーのキャメロン・ブリットン、リスベットの恋人アンドレア・ペジック、リスベットとカミラの幼少期に拷問、性的虐待を加える父親で、犯罪組織を率いるアレクサンダー・ザラチェンコのミカエル・パーシュブラント、リスベットの制裁の標的フォルカー・ブルッフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022