4216 Movies

ドラゴン・タトゥーの女 The Girl With the Dragon Tattoo (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2005年に発表されたスティーグ・ラーソンの小説”ミレニアム”三部作を基に映画化されて大ヒットした、スウェーデンの映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)のハリウッド版リメイク。
スウェーデン国内有数の財閥一族の40年前の少女失踪事件の調査を依頼された著名なジャーナリストと謎めいた天才調査員が、忌まわしき一族の秘密を暴くまでを描く、監督デヴィッド・フィンチャー、主演ダニエル・クレイグルーニー・マーラクリストファー・プラマーステラン・スカルスガルドスティーヴン・バーコフロビン・ライト他共演によるミステリー・サスペンスの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作総指揮
アンニ・ファウルビエ・フェルナンデス
ミカエル・ヴァレン
スティーヴン・ザイリアン

製作
ソロン・スターモス

オーレ・センドベリ
スコット・ルーディン

セアン・チャフィン
原作:スティーグ・ラーソンThe Girl with the Dragon Tattoo
脚本:スティーヴン・ザイリアン

撮影:ジェフ・クローネンウェス
編集
カーク・バクスター

アンガス・ウォール
音楽
トレント・レズナー

アッティカス・ロス

出演
ミカエル・ブルムクヴィスト:ダニエル・クレイグ

リスベット・サランデル:ルーニー・マーラ
ヘンリック・ヴァンゲル:クリストファー・プラマー
マルティン・ヴァンゲル:ステラン・スカルスガルド
ディルク・フルーデ:スティーヴン・バーコフ
エリカ・ベルジェ:ロビン・ライト
ニルス・ビュルマン:ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
アニタ・ヴァンゲル:ジョエリー・リチャードソン
セシリア・ヴァンゲル:ジェラルディン・ジェームズ
ドラガン・アルマンスキー:ゴラン・ヴィシュニック
グスタフ・モレル警部補:ドナルド・サムター
ハンス=エリック・ヴェンネルストレム:ウルフ・フリバーグ
ホルゲル・パルムグレン:ベント・C・W・カールソン
プレイグ:トニー・ウェイ
ハラルド・ヴァンゲル:ペル・マイヤーバーグ
ペニラ・ブルムクヴィスト:ジョセフィン・スプランド
アンナ・ニーグレン:エヴァ・フリトヨフソン
ハリエット・ヴァンゲル:モア・ガーペンダル
ヘンリック・ヴァンゲル(若年期):ジュリアン・サンズ

ビルエル・ヴァンゲル:マーティン・ジャーヴィス
イザベラ・ヴァンゲル:インガ・ランドグレー
グンナン・ニルソン:マッツ・アンデルソン
リヴ:アルリ・ホベール
グレーゲル:アラステア・ダンカン
イサクソン刑事:アラン・デール
ミルドレッド:レナ・ストロンダール
リンドグレーン:アン=リー・ノルバーグ
トリニティ:レオ・ビル
ミリアム・ウー:エロディー・ユン
アニカ・ジャンニーニ:エンベス・デイヴィッツ

アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
2011年製作 158分
公開
北米:2011年12月20日
日本:2012年2月10日
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $102,515,790
世界 $232,617,400


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・受賞
編集賞
・ノミネート
主演女優(ルーニー・マーラ)
撮影・音響編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スウェーデン、ヘーデスタ。
国内有数の財閥である”ヴァンゲル”の元会長ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)は、誕生日の贈り物である押し花を今年も受け取る。

ストックホルム
雑誌”ミレニアム”の共同発行者で経済記者のミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は、財界汚職事件の告発記事を書き、ハンス=エリック・ヴェンネルストレム(ウルフ・フリバーグ)に名誉棄損で訴えられて敗訴する。

失意のブルムクヴィストは社に戻り、愛人でもある共同発行人のエリカ・ベルジェ(ロビン・ライト)に慰められる。

調査会社”ミルトン”。
異様な容姿と雰囲気ではあるが、並外れた情報収集能力を持つ、調査員リスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)は、弁護士のディルク・フルーデ(スティーヴン・バーコフ)から、ブルムクヴィストの身辺調査を依頼されて報告を済ませる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
スウェーデンストックホルム
告発記事で訴えられ敗訴した、社会派の記者ミカエル・ブルムクヴィストは、国内有数の大財閥”ヴァンゲル”の元会長ヘンリック・ヴァンゲルから、ある調査依頼を受ける。
それは、ヘンリックの16歳の姪ハリエットが、40年前に失踪した事件の再調査だった。
ハリエットが、一族の誰かに殺されたと考えているヘンリックは、その真相解明と引き換えに、ブルムクヴィストを訴えた、グループに籍のあった元部下の、ヴェンネルストレムの情報提供を約束する。
ブルムクヴィストは、早速、行動を開始するが、殆ど接触のない一族の複雑な関係に戸惑い、調査は難航する。
そんな中、ブルムクヴィストは、ある手帳の記述が、旧約聖書の”レビ記”を引用していることに気づき、調査員リスベット・サランデルに助手にする。
天才ハッカーでもあるサランデルは、反社会的で異様な雰囲気ではあったが、彼女の情報収集能力に、ブルムクヴィストは期待する。
そして二人は、1940年代から、この地方で起きた連続猟奇殺人事件が、一族と深く関わっていることに気づくのだが・・・。
__________

社会悪に立ち向かう正義感あるジャーナリストと、その真反対の人生を歩む、社会不適合者のミスマッチなジョイントが醸し出す異様な雰囲気、彼らが解き明かそうとする名門一族の忌まわしき秘密、鬱陶しささえ感じる極寒の北欧の冬、そして、おぞましい猟奇殺人鬼の残虐性、デヴィッド・フィンチャーは、過去のサスペンス作品のイメージを継承しつつも、全く異質にも感じられる作品に仕上げ、彼の感性を堪能できる作品でもある。

二つの物語が同時進行し、主人公の二人が手を組んでからの、無駄なくスムーズに展開する謎解きゲームは、随所に重要なヒントが隠されていて目が離せない。

北米興行収入は1億ドルを突破し、全世界では約2億3300万ドルのヒットとなった。

第84回アカデミー賞では、編集賞を受賞した。
・ノミネート
主演女優(ルーニー・マーラ)
撮影・音響編集・録音賞

一気に世界のトップ・スターとなったダニエル・クレイグは、他の作品を含めて、”ジェームズ・ボンド”役者のイメージを全く感じさせない、素晴らしい役者に成長したことを証明する好演を見せてくれる。

役柄と言えばそれまでだが、容姿から物腰まで、強烈なインパクトで迫るルーニー・マーラは、彼女一人の物語でも十分に納得できるほどの、体を張った熱演を見せる。
今後、最も期待できる女優の一人だ。

前年製作の作品ではあるが、同年に、「人生はビギナーズ」(2010)で、82歳の最高齢者としてアカデミー助演賞を受賞した、ドラマのキー・パーソンでもある大財閥一族の家長を演ずるクリストファー・プラマーは、衰えを知らない重厚な演技でドラマを引き締める。

一族企業グループの後継者、異常者でもあったステラン・スカルスガルド、依頼人の顧問弁護士スティーヴン・バーコフ、主人公の愛人でもある雑誌社の共同発行人ロビン・ライト、ヒロインを弄ぼうとするが、逆に脅される後見人の弁護士ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン、終盤に驚きの真実が判明する一族の一員ジョエリー・リチャードソン、ヘンリック(C・プラマー)の姪ジェラルディン・ジェームズ、ヒロインの上司役ゴラン・ヴィシュニック、地元の元警官ドナルド・サムター、主人公を訴える敵対者ウルフ・フリバーグ、主人公の娘ジョセフィン・スプランド、失踪する少女のモア・ガーペンダル、若きヘンリックのジュリアン・サンズ、一族のペル・マイヤーバーグマーティン・ジャーヴィスインガ・ランドグレーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020