5163 Movies

果てなき航路 The Long Voyage Home (1940)

ユージン・オニールの戯曲を基に製作された作品。
第二次世界大戦下、西インド諸島からイングランドに向かう貨物船乗組員の航海を描く、製作、監督ジョン・フォード、主演ジョン・ウェイントーマス・ミッチェルイアン・ハンターバリー・フィッツジェラルドジョン・クォーレンワード・ボンドアーサー・シールズミルドレッド・ナトウィック他共演のドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ

ジョン・フォード / John Ford 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・フォード

製作
ジョン・フォード
ウォルター・ウェンジャー(クレジットなし)
原作:ユージン・オニール
”The Moon of the Caribbees, In the Zone, Bound East for Cardiff, and The Long Voyage Home”(戯曲)
脚本:ダドリー・ニコルズ
撮影:グレッグ・トーランド
編集:シャーマン・トッド
音楽:リチャード・ヘイグマン

出演
”オリー”オルセン:ジョン・ウェイン
ドリスコル:トーマス・ミッチェル
スミティ:イアン・ハンター
コーキー:バリー・フィッツジェラルド
船長:ウィルフリッド・ローソン
アクセル:ジョン・クォーレン
フリーダ:ミルドレッド・ナトウィック
ヤンク:ワード・ボンド
ドンキーマン:アーサー・シールズ
デイヴィス:ジョセフ・ソーヤー
ニック:J・M・ケリガン
ベラ:ラファエラ・オッティアーノ
スペイン人娘:カルメン・モラレス
ジョニー:ジャック・ペニック
パディ:ボブ・E・ペリー
ノルウェー:コンスタント・フレンケ
スコッティ:デビッド・ヒューズ
ビッグ・フランク:コンスタンティン・ロマノフ
ティム:ダン・ボーゼイ
マックス:ハリー・テンブルック
一等航海士:シリル・マクラグレン
二等航海士:ダグラス・ウォルトン
ジョー:ビリー・ビーヴァン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1940年製作 105分
公開
北米:1940年10月8日
日本:1949年5月20日
製作費 $682,495


アカデミー賞
第13回アカデミー賞

・ノミネート
作品・脚色・撮影(白黒)・編集・特殊効果・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
第二次世界大戦下。
イギリスの不定期貨物船”グレンケアン”は、西インド諸島からボルチモアを経由しイングランドに向かう予定だった。

スウェーデン人の”オリー”オルセン(ジョン・ウェイン)、ヤンク(ワード・ボンド)、デイヴィス(ジョセフ・ソーヤー)は、停泊中の船の甲板から陸を見つめていた。

陸からの連絡を受けた船長(ウィルフリッド・ローソン)は、下船した者がいなか水夫部屋で点呼を始める。

オウムを飼うオリーなどがいることを確認した船長は、アクセル(ジョン・クォーレン)のベッドの下の、アイルランド人古参水夫ドリスコル(トーマス・ミッチェル)がいないことに気づく。

船員1人が警察に連行されたことを皆に話した船長は、それがドリスコルだと考える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
第二次世界大戦下。
イギリスの不定期貨物船”グレンケアン”は、西インド諸島からボルチモアを経由しイングランドに向かう予定だった。
航海後に故郷スウェーデンに戻るつもりのオリー、アイルランド人の古参水夫ドリスコル、悩みを抱えるイギリス人スミティ、乗務員のコーキーら船員は、途中で高性能爆弾を積み込んだことを知りながら、戦闘海域の航海を続けるのだが・・・。
__________

ユージン・オニールの戯曲”The Moon of the Caribbees, In the Zone, Bound East for Cardiff, and The Long Voyage Home”を基に製作された作品。

原作は第一次大戦時に書かれたものだが、本作の設定は第二次大戦時に設定され、ナチス・ドイツポーランドに侵攻した7か月後の時期に撮影が行われた。
もちろんアメリカはまだ参戦していない。

第二次世界大戦下、西インド諸島からイングランドに向かう貨物船乗組員の航海を描くドラマ。

戦争時に洋上で逞しく生きる男たちを描く作品ではあるが、暗い雰囲気がイメージとして先行し、一般受けする内容でなかったために、興行的には成功しなかった作品。

しかし、陰湿な雰囲気の中に”美しさ”を感じさせながら、人間の欠点や弱さ、優しさ思いやりなどを繊細に描くジョン・フォードの演出は見事だ。
また、終盤の上陸時、詐欺師らに騙されそうになる船員たちが起こす派手な騒ぎは、いかにも彼らしい演出であり、ファンを楽しませてくれる。

第13回アカデミー賞では受賞は逃すものの、作品、脚色、撮影(白黒)、編集、特殊効果、作曲賞にノミネートされた。
ジョン・フォードは監督賞にノミネートされなかったものの、同年の「怒りの葡萄」(1940)で監督賞を受賞した。

その後のジョン・フォード作品、「ドノバン珊瑚礁」(1963)でもアレンジされる、リチャード・ヘイグマンの美しいメロディも印象に残る。

故郷に戻るスウェーデン人青年を演ずる、ファーストクレジットのジョン・ウェインなのだが、個性派ぞろいの”ジョン・フォード一家”の面々に支えられているという感じであり、演技自体は控えめだ。
前年の「駅馬車」(1939)で期待に応えたため、ジョン・フォードに気に入られている存在であることが確認できる作品。

小柄ではあるが、リーダー格の船員を豪快に演ずるトーマス・ミッチェルアルコール依存症で海軍を追放された過去があり苦悩するイアン・ハンター、船の乗務員バリー・フィッツジェラルド、船長のウィルフリッド・ローソン、船員のジョン・クォーレン、終盤で船員を騙す酒場の女ミルドレッド・ナトウィック、事故で命を落とす船員のワード・ボンド、同じく船員のアーサー・シールズジョセフ・ソーヤージャック・ペニックボブ・E・ペリーハリー・テンブルック、一等航海士のシリル・マクラグレン、二等航海士のダグラス・ウォルトン、終盤で船員たちを騙す男J・M・ケリガン、彼と組む酒場の主人ビリー・ビーヴァン、船に乗船する女ラファエラ・オッティアーノとカルメン・モラレスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022