4907 Movies

黒蘭の女 Jezebel (1938)

わがままで勝気な名家の子女の愛憎を描く、製作、監督ウィリアム・ワイラー、主演ベティ・デイヴィスヘンリー・フォンダジョージ・ブレントドナルド・クリスプフェイ・ベインターマーガレット・リンゼイ他共演の恋愛ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ロマンス)

ベティ・デイヴィス / Bette Davis / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ウィリアム・ワイラー
製作総指揮:ハル・B・ウォリス
製作:ウィリアム・ワイラー
原作:オーウェン・デイヴィス”Jezebel”
脚本
クレメンツ・リプレー
アベム・フィンケル
ジョン・ヒューストン
ロバート・バックナー(クレジットなし)
ルイス・F・エデルマン(クレジットなし)
撮影:アーネスト・ホーラー
編集:ウォーレン・ロウ
音楽:マックス・スタイナー

出演
ジュリー・マースデン:ベティ・デイヴィス
プレストン”プレス”ディラード:ヘンリー・フォンダ
バック・キャントレル:ジョージ・ブレント
リヴィングストン医師:ドナルド・クリスプ
ベル・マッセイ:フェイ・ベインター
エイミー・ブラッドフォード・ディラード:マーガレット・リンゼイ
テッド・ディラード:リチャード・クロムウェル
テオフォラス・ボガーダス将軍:ヘンリー・オニール
ケンドリック夫人:スプリング・バイイントン
ジーン・ラ・クール:ジョン・リテル
ディック・アレン:ゴードン・オリヴァー
モリー・アレン:ジャネット・ショー
ゼッティ:テレサ・ハリス
ステファニー・ケンドリック:マーガレット・アーリー
ヒュージャー:アーヴィング・ピシェル
グロー・バット:エディ・アンダーソン
ティ・バット:マシュー”スティミー”ビアード
ケイトー:ルー・ペイトン
ポーラード夫人:アン・コディー
決闘に立ち会う医師:スチュアート・ホームズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1938年製作 103分
公開
北米:1938年3月10日
日本:1939年10月5日
製作費 $1,250,000


アカデミー賞
第11回アカデミー賞

・受賞
主演女優賞(ベティ・デイヴィス
助演女優賞(フェイ・ベインター
・ノミネート
作品・撮影・音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■¥
1852年、ニューオリンズ
バーに寄ったバック・キャントレル(ジョージ・ブレント)とテッド・ディラード(リチャード・クロムウェル)は、テオフォラス・ボガーダス将軍(ヘンリー・オニール)に挨拶する。

その場いいたロートラックに挑発されたバックとテッドは、決闘する約束をして名家の子女ジュリー・マースデン(ベティ・デイヴィス)のパーティーに向かう。

両親がいないジュリーの後見人であるボガーダスから、決闘はするべきではないと言われたバックは、彼の言葉を気にせずにジュリーの屋敷に向かう。

テッドの兄プレストン”プレス”(ヘンリー・フォンダ)は、亡き父の後を継いだまじめな銀行家で、ジュリーと婚約していた。

ケンドリック夫人(スプリング・バイイントン)と娘のステファニー(マーガレット・アーリー)が到着し、ジュリーの叔母ベル・マッセイ(フェイ・ベインター)に迎えられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1852年、ニューオリンズ
気が強くわがままな名家の子女ジュリー・マースデンは、堅実でまじめな銀行家プレスと婚約していた。
仕事第一のプレスに苛立つジュリーは、舞踏会に出席する際、未婚女性に相応しくない赤いドレスを着て行くと言い張る。
意見を聞こうとしないジュリーを伴い舞踏会に出席したプレスは、恥をかいた彼女を見限り、婚約を解消する。
1年後、屋敷に閉じこもり生き方を変えようと考えたジュリーは、北部に行っていたプレスが戻ることを知り、ハルシオン農園に向かい、彼を歓迎するパーティーを開こうとするのだが・・・。
__________

1933年に上演された、オーウェン・デイヴィスの戯曲”Jezebel”を基に製作された作品。

わがままで勝気な名家の子女の愛憎を描く恋愛ドラマ。

製作を兼ねて監督したウィリアム・ワイラーの重厚な演出、”青春の抗議”(1935)で最初のアカデミー主演賞を受賞したベティ・デイヴィスが、2度目のオスカーを獲得した作品でもあり、その圧倒的な演技力は絶賛された。

風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役を逃したベティ・デイヴィスが、代わりに役を与えられたことで知られる作品。
スカーレット・オハラを彼女が演じていた場合の状況も興味があるが、上記のように、本作で2度目のスカーを獲得した彼女が、大女優としての地位を確立した。
南部の名家の子女で気が強くわがままという主人公の設定もスカーレット・オハラに似ている。
また、共演にはケーリー・グラントが予定されていたが、7万5000ドルのギャラを要求され、ヘンリー・フォンダの出演が決まった。

第11回アカデミー賞では、作品賞以下5部門にノミネートされ、主演女(ベティ・デイヴィス)と助演女優賞(フェイ・ベインター)を受賞した。
・ノミネート
作品、撮影、音楽賞

2009年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

原題の”Jezebel”は、旧約聖書に登場する、目的のためなら手段を選ばなかった古代イスラエルの王妃”イゼベル”で、物語の中で、叔母が主人公とだぶらせて考えるシーンがある。

婚約者である主人公を見限り、北部の女性と結婚する銀行家のヘンリー・フォンダ、主人公の友人であり決闘で命を落とすジョージ・ブレント黄熱病の恐ろしさを訴える医師のドナルド・クリスプ、主人公を育てる叔母のフェイ・ベインター、プレス(ヘンリー・フォンダ)の妻マーガレット・リンゼイ、プレスの弟リチャード・クロムウェル、主人公の後見人ヘンリー・オニール、その友人スプリング・バイイントン、その娘マーガレット・アーリー、銀行家のジョン・リテル、主人公の家族の友人ゴードン・オリヴァー、その妻ジャネット・ショー、主人公の屋敷の使用人テレサ・ハリスエディ・アンダーソンマシュー”スティミー”ビアードルー・ペイトン、決闘に立ち会う医師スチュアート・ホームズ、他アーヴィング・ピシェルアン・コディーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022