4478 Movies

スローターハウス5 Slaughterhouse-Five (1972)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1969年に発表された、カート・ヴォネガットの小説”スローターハウス5/Slaughterhouse-Five, or The Children’s Crusade: A Duty-Dance With Death”を基に製作された作品。
過去・現在・未来を移動することができる男性が人生を見つめ直す姿を描く、監督ジョージ・ロイ・ヒル、主演マイケル・サックスロン・リーブマンユージン・ロッシェヴァレリー・ペリン他共演のSF反戦映画。


SF


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・ロイ・ヒル

製作:ポール・モナシュ
原作:カート・ヴォネガット
スローターハウス5/Slaughterhouse-Five, or The Children’s Crusade: A Duty-Dance With Death
脚本:スティーブン・ゲラー
撮影:ミロスラフ・オンドリチェク
編集:デデ・アレン
音楽:グレン・グールド

出演
ビリー・ビルグリム:マイケル・サックス
ポール・ラザロ:ロン・リーブマン
エドガー・ダービー:ユージン・ロッシェ
バレンシア・マーヴル・ピルグリム:シャロン・ガンズ
モンタナ・ワイルドハック:ヴァレリー・ペリン
ワイルド・ボブ・コディ:ロバーツ・ブロッサム
ライオネル・マーブル:ソーレル・ブーケ
バーバラ・ピルグリム:ホーリー・ニア
ロバート・ビルグリム:ペリー・キング
ロナルド・ウェアリー:ケビン・コンウェイ
ラムフォード教授:ジョン・デナー
ハワード・W・キャンベルJr.:リチャード・シャール
ピルグリム夫人:ルシル・ベンソン
ドイツ兵:カール=オットー・アルベルティ
ドイツ軍指揮官:フレデリック・フォン・レデブール

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1972年製作 104分
公開
北米:1972年3月15日
日本:1975年4月12日
製作費 $3,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
一人タイプを打つ老人ビリー・ビルグリム(マイケル・サックス)は、人生の過去と未来を行き来できることを回想録に書き込む。

第二次大戦下、部隊からはぐれたビリーは雪原をさ迷い、現在に戻ると、今朝は、トラルファマドール星で映画スターのモンタナ・ワイルドハック(ヴァレリー・ペリン)と過ごしたことをタイプする。

戦場に戻ったビリーは、アメリカ兵のポール・ラザロ(ロン・リーブマン)とロナルド・ウェアリー(ケビン・コンウェイ)に出くわし、敵兵だと疑われる。

トラルファマドール星。
戦時下に行く気持ちをモンタナから訊かれたビリーは、魅力的な彼女に迫られる。

戦場。
モンタナにキスされることを考えていたビリーは、現れたドイツ兵に捕えられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
検眼医として成功したビリー・ビルグリムは、人生の過去と未来を行き来でた。
そんなビリーは、第二次大戦下の戦場で辛い思いをしたかと思うと、トラルファマドール星で映画スターのモンタナと気ままに暮らす。
戦後、結婚したビリーは堅実な道を歩み人々から慕われ、大惨事を奇跡的に生き延びながら時代を行き来して、自分の人生を見つめ直すのだが・・・。
__________

作品は少ないものの着実にキャリアを重ね話題作を手掛けてきたジョージ・ロイ・ヒルが、実際に経験した”ドレスデン爆撃”に着目したカート・ヴォネガットのSF小説を映画化したことで話題となった。

第二次大戦下の一般市民の犠牲者の数では”広島の原爆投下”と比較される”ドレスデン爆撃”なのだが、カート・ヴォネガットの原作が発表された1969年当時は、戦後、四半世紀近く経ったにも拘らず、その詳細は知られていなかったというのは驚きだ。
この原作により爆撃は世に知られることになり、連合国により正当化された行いの再調査の声が広まったという経緯がある。

主人公が体験する過去、現代、未来の出来事が複雑に絡み合う難解な内容なのだが、シンプルな場面展開によるジョージ・ロイ・ヒルの巧みな演出により解り易く仕上がっている。

第25回カンヌ国際映画祭審査員賞、第1回サターンSF映画賞(1972)ヒューゴー賞映像部門(1973)を受賞し、主演に抜擢されたマイケル・サックスが、ゴールデングローブ賞の新人賞にノミネートされた。

タイトルの”スローターハウス5”とは、ドレスデンで主人公らが収容される食肉処理場を意味する。

青年から老人までを演じ、時を移動する主人公を好演するマイケル・サックス、戦友の死を主人公のせいにして復讐を誓うロン・リーブマン、主人公と親交を深める兵士のユージン・ロッシェ、主人公の妻シャロン・ガンズ、主人公が惹かれる映画スターのヴァレリー・ペリン、戦場での主人公の部隊の指揮官ロバーツ・ブロッサム、主人公の義父ソーレル・ブーケ、主人公の娘ホーリー・ニア、息子のペリー・キング、主人公と戦場で出くわす兵士ケビン・コンウェイ、主人公と病室で同室になり、戦争犠牲者の件などで持論を説く大学教授のジョン・デナー、主人公らを共産主義の戦いに引き込もうとするリチャード・シャール、主人公の母親ルシル・ベンソンドイツ兵カール=オットー・アルベルティドレスデンドイツ軍指揮官のフレデリック・フォン・レデブールなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021