4316 Movies

鷲は舞いおりた The Eagle Has Landed (1976)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1975年に発表された、ジャック・ヒギンズの小説”鷲は舞い降りた”を基に製作された作品。
第二次大戦下、イギリス首相ウィンストン・チャーチルの誘拐作戦を命ぜられたドイツ空軍降下猟兵部隊の戦いを描く、監督ジョン・スタージェス、主演マイケル・ケインドナルド・サザーランドロバート・デュヴァルジェニー・アガタードナルド・プレザンスアンソニー・クエイルトリート・ウィリアムズラリー・ハグマン他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:ジョン・スタージェス

製作
ジャック・ウィナー
デイヴィッド・ニーヴンJr.
原作:ジャック・ヒギンズ鷲は舞い降りた
脚本:トム・マンキーウィッツ
撮影:アンソニー・B・リッチモンド
編集:アン・V・コーツ
音楽:ラロ・シフリン

出演
クルト・シュタイナー大佐:マイケル・ケイン
リーアム・デヴリン:ドナルド・サザーランド
マックス・ラードル大佐:ロバート・デュヴァル
モリー・プライアー:ジェニー・アガター
ハインリッヒ・ヒムラードナルド・プレザンス
ヴィィルヘルム・カナリス提督:アンソニー・クエイル
ジョアンナ・グレイ:ジーン・マーシュ
パメラ・ヴェレカー:ジュディ・ギーソン
ハリー・クラーク大尉:トリート・ウィリアムズ
クラレンス・E・ピッツ大佐:ラリー・ハグマン
ハンス・フォン・ノイシュタット大尉:スヴェン=ベッティル・トーベ
ブラント軍曹:ジークフリート・ラウヒ
カール:マイケル・バーン
フィリップ・ヴェレカー神父:ジョン・スタンディング
ナレーター:パトリック・アラン

イギリス/アメリカ 映画
配給
CIC(イギリス)
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
1976年製作 135分:123(北米)
公開
イギリス:1977年3月31日
北米:1977年4月2日
日本:1977年8月13日
製作費 $6,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1943年9月12日、第二次大戦下。
ナチス・ドイツ親衛隊オットー・スコルツェニー指揮下の特殊部隊”SSフリーデンタール駆逐戦隊”は、失脚して幽閉されていたベニート・ムッソリーニの救出に成功する。

これに気を良くしたヒトラーは、最大の”敵”を誘拐することを命じた。

国防軍情報部/アプヴェーアドイツ海軍大将ヴィィルヘルム・カナリス提督(アンソニー・クエイル)は、呼び出したマックス・ラードル大佐(ロバート・デュヴァル)に、ウィンストン・チャーチルロンドンで誘拐しベルリンに連れてくる作戦が可能かを調査するよう命ずる。

スパイからの情報で、ノーフォークの保養地スタドリーにチャーチルが滞在することを部下のカール(マイケル・バーン)から知らされたラードルは、この偶然を利用して計画を実行できると確信し、指揮官を探そうとする。

ラードルは、イングランドで教育を受けた、数々の奇襲作戦を成功させたドイツ空軍降下猟兵のクルト・シュタイナー大佐(マイケル・ケイン)を指揮官の適任者と考える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1943年、第二次大戦下、失脚して幽閉されていたベニート・ムッソリーニの救出に成功したナチス・ドイツの総統ヒトラーは、それに気を良くして、敵の指導者であるイギリス首相ウィンストン・チャーチルの誘拐を命ずる。
国防軍情報部/アプヴェーアカナリス提督は、馬鹿げた話だと思いながらも、部下のラードルに作戦成功の可能性を調査させる。
ドイツ空軍降下猟兵部隊のクルト・シュタイナー大佐を指揮官として作戦は成功すると考えたラードルは、カナリスからは計画中止を命ぜられる。
親衛隊長官ヒムラーに呼び出されたラードルは、総統命令で計画実行を命ぜられ、IRAの活動家であるデヴリンの協力を得てシュタイナーの元に向かう。
軍法会議にかけられ部下と共に懲罰部隊として任務に就いていたシュタイナーは、チャーチル誘拐作戦”イーグル”が可能だと判断する。
計画実行のためにポーランド兵に扮したシュタイナーらは、チャーチルが静養する予定のノーフォークの村スタドリーに向かうのだが・・・。
__________

第二次大戦下、連合国側の指導者であるイギリス首相ウィンストン・チャーチルの誘拐計画をヒトラーから命ぜられた、ドイツ空軍降下猟兵部隊の勇気ある行動と、それを阻止しようとする駐留アメリカ軍との戦いを描く戦争ドラマ。

数々の西部劇やアクション映画を世に送り出したジョン・スタージェスの、結果的には遺作となった作品。

ドラマの中でも語られるが、その作戦の内容自体が奇抜であり、実行不可能な計画に挑む兵士の勇気や誇りを前面に出した、ジョン・スタージェスの力強い演出が見所の作品。

サスペンスとしてはややインパクトに欠ける感じはするが、錚々たる顔ぶれのキャストの熱演が光る、ファンの心を捉える力作には仕上がっている。

ヒトラーヒムラーの狂気とも言えるゲームのような作戦計画実行命令に従わなければない兵士達が、ドイツ軍人魂と人間としての尊厳を胸に戦う姿は感動的でもある。

いつものラロ・シフリンとは違う音楽なのだが、緊迫感を盛り上げる楽曲は印象に残る。

作戦を指揮するドイツ空軍降下猟兵部隊の誇り高き軍人のマイケル・ケイン、部隊に加わり協力するIRAの活動家を魅力的に演ずるドナルド・サザーランドの好演が光る。

計画を指揮する国防軍情報部/アプヴェーアの大佐ロバート・デュヴァル、デヴリン(ドナルド・サザーランド)の正体を知りながらも彼に惹かれる村の女性ジェニー・アガター、作戦計画を命ずる親衛隊長官ハインリッヒ・ヒムラードナルド・プレザンス、作戦を懐疑的に見る国防軍情報部ヴィィルヘルム・カナリス提督のアンソニー・クエイル、村に潜入しているドイツ側のスパイ、ジーン・マーシュ、村の神父ジョン・スタンディング、その妹ジュディ・ギーソン、誘拐作戦を阻止しようとするアメリカ軍大尉のトリート・ウィリアムズ、その上官である無能な大佐ラリー・ハグマン、主人公の副官スヴェン=ベッティル・トーベ、部下のジークフリート・ラウヒ、ラードル(ロバート・デュヴァル)の部下マイケル・バーン、そしてナレーターはパトリック・アランが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020