4508 Movies

炎の人ゴッホ Lust for Life (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ポスト印象派の代表的な画家フィンセント・ファン・ゴッホの悲運の半生を描く、製作ジョン・ハウスマン、監督ヴィンセント・ミネリジョージ・キューカー(クレジットなし)、主演カーク・ダグラスアンソニー・クインジェームズ・ドナルド他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督

ヴィンセント・ミネリ
ジョージ・キューカー(クレジットなし)
製作:ジョン・ハウスマン
原作:アーヴィング・ストーンLust for Life
脚本:ノーマン・コーウィン
撮影
ラッセル・ハーラン
フレディ・ヤング
編集:アドリアン・フェイザン
美術・装置
セドリック・ギボンズ
ハンス・ピータース
E・プレストン・エイムズ
エドウィン・B・ウィリス
F・ケオー・グリーソン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
フィンセント・ファン・ゴッホカーク・ダグラス
ポール・ゴーギャンアンソニー・クイン
テオ・ファン・ゴッホジェームズ・ドナルド
クリスティン:パメラ・ブラウン
ポール・ガシェエヴェレット・スローン
テオドルス・ファン・ゴッホ:ヘンリー・ダニエル
アンナ・コルネリア・ファン・ゴッホ:マッジ・ケネディ
アントン・モーヴノエル・パーセル
ルーランニオール・マッギニス
ヴィレミーナ・ファン・ゴッホジル・ベネット
ペイロン:ライオネル・ジェフリーズ
ボスマン:ローレンス・ネイスミス
コルバート:エリック・ポールマン
ケイ:ジャネット・スターク
ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲル:トニ・ゲリー

アメリカ 映画
配給 MGM
1956年製作 122分
公開
北米:1956年9月17日
日本:1957年9月5日
製作費 $3,227,000
北米興行収入 $2,695,000


アカデミー賞
第29回アカデミー賞

・受賞
助演男優賞(アンソニー・クイン
・ノミネート
主演男優(カーク・ダグラス
脚色・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ブリュッセル
ベルギー伝道委員会は、成績の悪いフィンセント・ファン・ゴッホカーク・ダグラス)を伝道師として派遣することを見合わせる。

伝道を天職と考えていたフィンセントはそれを委員に訴え、ボルナージュ地方の炭鉱の町に派遣されることになる。

教会の説教など聞いている暇はないと貧しい労働者から言われたフィンセントは、地中奥深い場所で子供達まで働く過酷な労働環境を確かめる。

その後、人々に尽くし共に労働したフィンセントは、子供を含めた多くの死傷者がでた事故にショックを受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1934年に発表された、アーヴィング・ストーンの小説”Lust for Life”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ブリュッセルベルギー伝道委員会は、成績の悪いフィンセント・ファン・ゴッホを伝道師として不適格と判断するが、それを天職と訴える本人の意向を聞き入れ、ボルナージュ地方の炭鉱の町に派遣する。
しかし、貧しい人々と共に働き伝道活動を疎かにしたフィンセントは、破門されてしまう。
パリで画商として成功している弟テオから、故郷で静養することを提案されたフィンセントは、趣味で絵を描きながら過ごすものの、いとこケイへの愛を受け入れられずにショックを受ける。
貧しい女クリスティンとの生活も続かず、父の死をきっかけに故郷に戻ったフィンセントは、そこでも変人扱いされてパリテオの元に向かう。
印象派の画家達の画風に驚きながら、豪放磊落なゴーギャンに出会ったフィンセントは、彼と意気投合する。
やがて、アルルに移ったフィンセントは、美しい自然の中で絵を描き続け、ゴーギャンを呼び寄せるのだが・・・。
__________

生前は苦しみ続け、37歳の若さでこの世を去った悲運の画家フィンセント・ファン・ゴッホの半生を描くヒューマン・ドラマの秀作。

冒頭とエンドロールの前に、本作への協力を惜しまなかった関係者、美術館などが紹介される。
それを見るだけでも、フィンセント・ファン・ゴッホの偉大な業績が改めて確認できる。

クレジットはされていないが、ジョージ・キューカーの協力の下で、流れるようなドラマ展開を見せるヴィンセント・ミネリの演出は、正に美術絵画を鑑賞しているような美しさがある。

その素晴らしい映像は、後にデヴィッド・リーン作品の「アラビアのロレンス」(1962)、「ドクトル・ジバゴ」(1965)、「ライアンの娘」(1970)で3度アカデミー撮影賞を受賞することになるフレディ・ヤングラッセル・ハーランが担当している。

第29回アカデミー賞では、ポール・ゴーギャンを演じたアンソニー・クインが助演男優賞を受賞し、主演男優(カーク・ダグラス)脚色、美術賞にノミネートされた。

ドラマチックな内容を盛り上げる、ミクロス・ローザらしい勇壮な音楽も印象に残る。

容姿もフィンセント・ファン・ゴッホを思わせる、役になり切っている雰囲気のカーク・ダグラスは、苦しみながら絵を描き続ける主人公を熱演している。

フィンセント・ファン・ゴッホと意気投合しながらも、画法などで意見が対立するポスト印象派の代表的な画家ポール・ゴーギャンを演じ、「革命児サパタ」(1952)に続き見事にアカデミー助演賞を受賞したアンソニー・クインは、他を圧倒する存在感で好演している。

主人公である兄フィンセント・ファン・ゴッホを支えるテオ・ファン・ゴッホジェームズ・ドナルド、主人公と一時期暮らす貧しい女パメラ・ブラウン、美術愛好家でもある医師ポール・ガシェエヴェレット・スローン、主人公の両親ヘンリー・ダニエルマッジ・ケネディ、主人公の従兄である画家アントン・モーヴノエル・パーセルルーランニオール・マッギニス、主人公の妹ヴィレミーナ・ファン・ゴッホジル・ベネット、精神科医のライオネル・ジェフリーズ、医師ローレンス・ネイスミス、主人公が思いを寄せるいとこのジャネット・スタークテオの妻ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲルのトニ・ゲリー、他エリック・ポールマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021