4314 Movies

沈黙の要塞 On Deadly Ground (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アラスカを舞台に、利益重視の石油企業の陰謀に立ち向かう男の戦いを描く、製作、監督、主演スティーヴン・セガールマイケル・ケインジョアン・チェンジョン・C・マッギンリーR・リー・アーメイ他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・セガール

製作
スティーヴン・セガール
ジュリアス・R・ナッソー
A・キットマン・ホー
脚本
エド・ホロウィツ
ロビン・U・ルシン
撮影:リック・ウェイト
編集
ロバート・A・フェレッティ
ドン・ブロチュ
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

出演
フォレスト・タフト:スティーヴン・セガール
マイケル・ジェニングス:マイケル・ケイン
マースー:ジョアン・チェン
マグルーダー:ジョン・C・マッギンリー
ヒュー・パーマー:リチャード・ハミルトン
ストーン:R・リー・アーメイ
ライルズ:シャリ・シャタック
ホーマー・カールトン:ビリー・ボブ・ソーントン
ビッグ・マイク:マイク・スター
オットー:スヴェン=オーレ・トールセン
ジョン・ストークス:デヴィッド・ジョン・セルヴァンテス
ジョセフ・イートク:モゼス・ワシリー
ウォルターズ:アーヴィン・カーシュナー
ジョニー・レッドフェザー:ジョン・トゥルーデル
シルック:チーフ・アーヴィン・ブリンク
エトク:リード・アサト
ハロルド:デヴィッド・セルバーグ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1994年製作 101分
公開
北米:1994年2月18日
日本:1994年5月21日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $38,590,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アラスカ
エイジス石油の石油精製所が出火し、ヘリコプターで到着した炎上事故消火の専門家フォレスト・タフト(スティーヴン・セガール)を、現場責任者のヒュー・パーマー(リチャード・ハミルトン)が迎える。

ヘリに乗っていた社長のマイケル・ジェニングス(マイケル・ケイン)は、部下のマグルーダー(ジョン・C・マッギンリー)とオットー(スヴェン=オーレ・トールセン)に、原因はヒューの不注意だと伝える。

経費を節減をするジェニングスのせいだと言うヒューは、それを否定するタフトに、昔と違い金で動く男になってしまったと伝えて嘆く。

爆薬をセットして爆破し、難なく火を消したタフトは、ヒューに報告書を出すよう指示したジェニングスと共にその場を去る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アラスカ
エイジス石油の新精製所”エイジス1”の建設が進む中、社長のジェニングスは、利益重視の強引な経営を進めていた。
ジェニングスに雇われる炎上事故消火の専門家フォレスト・タフトは、会社の不正を疑う友人でもある現場責任者ヒューから協力を要請され、エイジス1の情報を調べる。
噴出防止装置が欠陥であることを知ったタフトは、それに気づいたジェニングスに命を狙われる。
ヒューは殺され、一命を取り留めイヌイットに救われたタフトは、巨悪に立ち向かうため戦いに挑むのだが・・・。
__________

突如として映画界に登場し、人気アクションスターとなったスティーヴン・セガールが、製作、監督、主演を兼ねた意欲作。

政府や利益を重視する大企業などの不正を追及する、ラストのスティーヴン・セガールの大演説を含めて、そのテーマは伝わってくる内容ではある。

単なるアクションではなく社会派ドラマ的に仕上げようとする余りに、ご都合主義、説教じみた押しつけがましい内容などは評価されず、失敗作に終わった。

製作費に5000万ドルをかけた派手なアクションなどは見応えはあるのだが、北米興行収入は約3900万ドルに終わった。

ラジー賞では、スティーヴン・セガールが最悪監督賞を受賞してしまい、主要部門にもノミネートされた。

主演のスティーヴン・セガールは、いつものように圧倒的な強さを見せる主人公を力強く演じている。

キャスティングの失敗が目立つ中で、憎き敵役の石油会社社長を演ずるマイケル・ケインは、熱演しているとも言えるが、ファンが彼に望む役ではなかったと思う。

主人公に協力するイヌイットの女性ジョアン・チェン、ジェニングス(マイケル・ケイン)の部下ジョン・C・マッギンリー、秘書のシャリ・シャタック、主人公の友人である精製所の現場責任者リチャード・ハミルトン、ジェニングスに雇われる傭兵のリーダー、R・リー・アーメイ、その部下ビリー・ボブ・ソーントン(出番も少なく太っているので、彼だと分かった方はかなりの映画通)、主人公にバーで叩きのめされる男マイク・スター、巨漢ではあるが主人公に簡単に叩きのめされるジェニングスの部下スヴェン=オーレ・トールセンイヌイットの部族長チーフ・アーヴィン・ブリンク、イヌイット評議会の代表リード・アサト、主人公の友人ジョン・トゥルーデル、そして、アーヴィン・カーシュナーがコマーシャル・ディレクターとして登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020