4311 Movies

13日の金曜日 PART2 Friday the 13th Part 2 (1981)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

低予算ながら期待以上のヒットとなったホラー映画「13日の金曜日」(1980)の続編。
生存し成長していたジェイソンが、再び現れた若者達に襲い掛かる恐怖を描く、製作、監督スティーヴ・マイナー、出演エイミー・スティールジョン・ヒューリーステュー・チャーノ他共演のホラー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:スティーヴ・マイナー

製作
スティーヴ・マイナー
デニス・マーフィ
フランク・マンキューソJr.
製作総指揮
トム・グルーエンバーグ
リサ・バーサミアン
キャラクター創造:ヴィクター・ミラー
脚本:ロン・カーズ
撮影:ピーター・スタイン
編集:スーザン・E・カニンガム
音楽:ハリー・マンフレディーニ

出演
ジニー・フィールド:エイミー・スティール
ポール・ホルト:ジョン・ヒューリー
テッド:ステュー・チャーノ
ジェフ:ビル・ランドルフ
サンドラ・ダイアー:マーター・コーバー
スコット:ラッセル・トッド
テリー:カーステン・ベイカー
マーク:トム・マクブライド
ヴィッキー:ローレン=マリー・テイラー
ラルフ:ウォルト・ゴーニー
ジェイソン・ヴォーヒーズ:ウォーリントン・ジレット/スティーヴ・ダッシュクウィッツ
アリス・ハーディー:エイドリアン・キング
パメラ・ヴォーヒーズ:ベッツィ・パーマー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1981年製作 87分
公開
北米:1981年4月30日
日本:1981年9月12日
製作費 $1,250,000
北米興行収入 $21,722,780


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニュージャージー州のクリスタル・レイクで起きた事件の生存者アリス・ハーディー(エイドリアン・キング)は、犯人パメラ・ヴォーヒーズ(ベッツィ・パーマー)と死んだ息子ジェイソンに襲われる悪夢にうなされる。

目覚めたアリスは、心配する母親からの電話を受ける。

心配いらないと伝えて電話を切ったアリスは、シャワーを浴びようとして、再びかかってきた電話に出るものの無言だった。

警戒したアリスは、窓から飛び込んできた猫に驚く。

冷蔵庫のドアを開けたアリスは、自分が切断したパメラの生首があったために驚き、何者かにアイスピックでこめかみを刺される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「13日の金曜日」(1980)
・「13日の金曜日 PART2」(1981)
・「13日の金曜日 PART3」(1982)
・「13日の金曜日 完結編」(1984)
・「新・13日の金曜日」(1985)
・「13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!」(1986)
・「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」(1988)
・「13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ」(1989)
・「13日の金曜日 ジェイソンの命日」(1993)
・「ジェイソンX 13日の金曜日」(2002)

関連作
・「フレディVSジェイソン」(2003)

リブート・リメイク
・「13日の金曜日」(2009)

*(簡略ストー リー)
ニュージャージー州、クリスタル・レイク。
5年前の惨殺事件後に平穏を取り戻した町に、指導員訓練のために再び若者達が集まる。
母親パメラを殺されたジェイソン・ヴォーヒーズが生きているという噂が広まる中、ポールをリーダーに恋人である補佐のジニーと若者達は、湖の畔で訓練を始める。
成長したジェイソンは、殺された母パメラの復讐を果たすために、楽しく過ごす若者達に襲い掛かる・・・。
__________

わずか55万ドルで製作され、70倍以上の北米興行収入(約4000万ドル)を記録した「13日の金曜日」(1980)の続編。

よく言えば、前作のパターンを継承してファンを楽しませていると言えるが、その成功にあやかりシリーズ化させるために製作した、同じような殺人が繰り返されるだけの、新鮮味のない平凡な作品。

それでも北米興行収入は約2200万ドルを記録し、健闘したとも言える。

前作では成人としては登場しない、生存していた殺人鬼”ジェイソン”が成長して、若者達に襲い掛かる新たな展開が見所の作品。
しかし、モンスター・キラーと言えるほどの迫力を感じないため、ファンには物足りないかもしれない。

研修訓練のリーダー(ジョン・ヒューリー)の補佐として、ジェイソンに襲われるものの、勇敢に立ち向かい生き残るエイミー・スティール、殺人に事件には巻き込まれない研修生ステュー・チャーノ、殺害される研修生、ビル・ランドルフと恋人のマーター・コーバー、トラブルメーカーのラッセル・トッド、いなくなった愛犬を捜すカーステン・ベイカー、車いすの青年トム・マクブライド、彼と親交を深めるローレン=マリー・テイラー、前作でも登場する若者達に警告する老人ウォルト・ゴーニー、殺人鬼ジェイソンを演ずるウォーリントン・ジレットとスティーヴ・ダッシュクウィッツ、前作の生存者であるが冒頭で殺害されるエイドリアン・キング、そして、前作で狂気のジェイソンの母親を演じたベッツィ・パーマーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020