4551 Movies

黄金の雨 Pennies from Heaven (1936)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

両親を亡くした問題児の少女と親交を深める元囚人と彼女を担当する福祉員との恋を描く、監督ノーマン・Z・マクロード、主演ビング・クロスビーマッジ・エヴァンスエディス・フェローズルイ・アームストロングドナルド・ミーク他共演のミュージカル・コメディ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督:ノーマン・Z・マクロード

製作:エマニュエル・コーエン
原作:キャサリン・レスリー・ムーア”The Peacock Feather”
原案:ウィリアム・ランキン
脚本:ジョー・スワーリング
撮影:ロバート・ピタック
編集:ジョン・ローリンズ
音楽:ウィリアム・グラント・スティル

出演
ラリー・プール:ビング・クロスビー
スーザン・スプラーグ:マッジ・エヴァンス
パッツィ・スミス:エディス・フェローズ
ヘンリー:ルイ・アームストロング
グランプ・スミス:ドナルド・ミーク
J.C.ハート:ジョン・ギャローデット
クラレンス・B・カーマイケル:ウィリアム・スタック
ミス・ハワード:ナナ・ブライアント
クロウバー・ミラー:トム・ドゥーガン
ウェイター:ジョージ・チャンドラー
ホテルのメイド:ニディア・ウェストマン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1936年製作 81分
公開
北米:1936年11月25日
日本:不明


アカデミー賞
第9回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
死刑囚のJ.C.ハート(ジョン・ギャローデット)は、処刑場に向かおうとしていた。

ハートは、いつも中庭で歌い、”リュート”を弾き音楽を奏でている囚人で、自称、吟遊詩人のラリー・プール(ビング・クロスビー)と話す許可を得る。

ラリーに手紙を渡したハートは、ニュージャージーミドルタウンに住むスミス家に届けてほしいと伝える。

音楽好きで信用できそうなので頼むと言われたラリーは、ハートに手紙を届けることを約束し、処刑場に向かう彼を見つめる。

出所したラリーはカーニバルに向かい、そこで、騙されそうな少女パッツィ・スミス(エディス・フェローズ)に声をかけ、彼女が欲しがっているオペレグラスを手に入れさせてあげる。

ラリーから自分を捜すのに苦労したと言われたパッツィは、警官か借金取りだと思い逃げ出す。

パッツィを捕まえたラリーは、届けるものがあると言って、彼女に家族のことを訊く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
囚人のラリー・プールは、死刑囚のハートから、スミス家に手紙を届けることを頼まれる。
出所したラリーはスミス家の娘パッツィを捜し、問題児である彼女のケアを担当するスーザンと出会う。
パッツィに手を焼くスーザンに惹かれたラリーだったが、彼女と衝突してしまう。
その後ラリーは、家を追い出されたパッツィの祖父グランプを紹介され、彼にハートの手紙を見せる。
ラリーは、パッツィの父を殺したハートの謝罪と古い家を譲るという手紙の内容をグランプに読んで聞かせて、3人でその場に向かうのだが・・・。
__________

刑務所を出所した自称、吟遊詩人の男性が、両親を亡くした問題児の少女と出会い、彼女を担当する福祉員とトラブルを起こしながらも惹かれ合う姿を描くミュージカル・コメディ。

コメディを得意とするノーマン・Z・マクロードと、歌手として人気絶頂であり映画でも活躍するビング・クロスビーが組んだことで話題になった作品。

自由人の主人公と問題児の少女の親交、反発しながらも次第に愛が深まって行く主人公とヒロインの関係が、ドタバタ・コメディの面白さと共に愉快に描かれた作品であり、あらゆる年代が楽しめる内容となっている。

ビング・クロスビーの見事な歌声も堪能できる作品で、彼の盟友ルイ・アームストロングのパフォーマンスも見逃せない。

第9回アカデミー賞では、主題曲”Pennies from Heaven”が脚色賞にノミネートされた。

主演のビング・クロスビーは、元軽犯罪者の囚人である自称、吟遊詩人を、持ち味を活かした演技で好演している。
録音技術の関係なのかは不明だが、本来の彼は、もう少しまろやかで深みのある声と歌声であるはずなのだが、ややイメージが違うことが気になる。

主人公と対立しながらも愛し合う仲になる福祉員のマッジ・エヴァンス、主人公と親交を深める問題児の少女エディス・フェローズ、その祖父ドナルド・ミーク、主人公の友人であるバンドリーダーのルイ・アームストロング、主人公に手紙を託す死刑囚のジョン・ギャローデット、パッツィに手を焼く福祉局の局長ウィリアム・スタック、同じく児童施設長のナナ・ブライアント、主人公に協力するサーカスの団長トム・ドゥーガン、主人公のカフェのウェイター役ジョージ・チャンドラー、主人公が宿泊するホテルのメイド役ニディア・ウェストマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021