4553 Movies

秘密指令 Reign of Terror (1949)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

フランス革命期、独裁権力を手に入れることを企む革命家マクシミリアン・ロベスピエールを倒そうとする愛国者の戦いを描く、製作総指揮:ウォルター・ウェンジャー、監督アンソニー・マン、主演ロバート・カミングスリチャード・ベイスハートリチャード・ハートアーレン・ダールアーノルド・モスノーマン・ロイド他共演の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:アンソニー・マン
製作総指揮:ウォルター・ウェンジャー
製作:ウィリアム・キャメロン・メンジース
脚本
フィリップ・ヨーダン
イーニアス・マッケンジー
撮影:ジョン・アルトン
編集:フレッド・アレン
音楽:ソル・カプラン

出演
シャルル・ドービニー:ロバート・カミングス
マクシミリアン・ロベスピエールリチャード・ベイスハート
フランソワ・バラス:リチャード・ハート
マデロン:アーレン・ダール
ジョゼフ・フーシェアーノルド・モス
ジャン=ランベール・タリアンノーマン・ロイド
軍曹:チャールズ・マッグロー
ブランチャード夫人:ビューラ・ボンディ
ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストジェス・バーカー
ダントン:ウェイド・クロスビー
ピエール・ブランチャード:ジョン・ドーセット
ピエールの長男:ラス・タンブリン

アメリカ 映画
配給 Eagle-Lion Films
1949年製作 89分
公開
北米:1949年10月15日
日本:1953年2月4日
製作費 $771,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1794年7月26日、フランス王国パリ
革命家マクシミリアン・ロベスピエールリチャード・ベイスハート)は、右腕のルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストジェス・バーカー)、秘密警察の長官ジョゼフ・フーシェアーノルド・モス)らを従え、独裁的権力を手に入れようとしていた。

オーストリア
愛国者シャルル・ドービニー(ロバート・カミングス)は、ロベスピエールを倒すために、亡命中のラファイエット侯爵からすべてを託されて指輪を受け取り、ストラスブールに向かい指令を受ける。

ロベスピエールは、同志であるダントン(ウェイド・クロスビー)に有罪判決を下す。

フーシェと共に現れたフランソワ・バラス(リチャード・ハート)と話したロベスピエールは、有能な兵士ダントンに会おうとする彼に、独裁権を得るための指名を求める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1794年7月、フランス王国パリ
独裁的権力を手に入れようとしていた革命家マクシミリアン・ロベスピエールは、処刑者リストの秘密ファイル”ブラック・ブック”が盗まれたことを、呼び寄せた検事デュヴァルに伝え、それを捜すよう指示する。
デュヴァルに扮していたシャルル・ドービニーは、亡命中のラファイエット侯爵から、ロベスピエールを倒す指令を受けていた。
かつての恋人マデロンの協力を得たドービニーは、ロベスピエールに捕らえられたバラスを救い、ブラック・ブックを手に入れようとするのだが・・・。
__________

フランス革命を舞台に、独裁権力を手に入れることを企む革命家マクシミリアン・ロベスピエールを倒そうとする愛国者の戦いを描く歴史ドラマ。

製作総指揮ウォルター・ウェンジャーアンソニー・マンが監督し、本作以降、何作か彼と組むことになるフィリップ・ヨーダンが脚本を担当した作品。

混乱する社会情勢の中で、革命家ロベスピエール側に潜入した愛国者の命懸けの戦い、綿密に練られた計画の実行など、緊迫感あふれるアンソニー・マンの演出が光る力作に仕上がっている。

初公開時は”Reign of Terror”(恐怖政治)というタイトルだったが、その後”The Black Book”に変更された。

恐怖政治に対抗する勇敢な愛国者を熱演するロバート・カミングス、独裁権力を手に入れようとする革命家マクシミリアン・ロベスピエールリチャード・ベイスハート、彼に糾弾され捕らえられるリチャード・ハート、主人公に協力する元恋人で美しさ際立つアーレン・ダール、双方と都合よく関係する秘密警察長官ジョゼフ・フーシェアーノルド・モス、主人公の活躍によりブラック・ブックを手に入れる政治家ジャン=ランベール・タリアンノーマン・ロイドロベスピエールの右腕ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストジェス・バーカー、その部下の軍曹チャールズ・マッグロー、主人公に協力する農夫ジョン・ドーセット、その息子ラス・タンブリン、その祖母ビューラ・ボンディロベスピエールに裁かれ処刑される兵士ウェイド・クロスビーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021