4233 Movies

陽のあたる教室 Mr. Holland’s Opus (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

高校の音楽を担当することになった教師の30年にも及ぶ教師生活、そして生徒達を含めた人々との交流と家族愛を描く、監督スティーブン・ヘレク、渾身の演技が心を打つ主演のリチャード・ドレイファスグレン・ヘドリージェイ・トーマスオリンピア・デュカキスウィリアム・H・メイシー他共演による感動のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:スティーブン・ヘレク
製作総指揮
スコット・クルーフ

パトリック・シェーン・ダンカン
製作
テッド・フィールド

マイケル・ノリン
ロバート・W・コート
脚本:パトリック・シェーン・ダンカン
撮影:オリヴァー・ウッド
編集 :トゥルーディ・シップ
音楽:マイケル・ケイメン

出演
グレン・ホランド:リチャード・ドレイファス

アイリス・ホランド:グレン・ヘドリー
ビル・マイスター:ジェイ・トーマス
ヘレン・ジェイコブズ校長:オリンピア・デュカキス
ジーン・ウォルターズ副校長:ウィリアム・H・メイシー
ガートルード・ラング:アリシア・ウィット
ガートルード・ラング州知事:ジョアンナ・グリーソン
ルイス・ラス:テレンス・ハワード
ロウィーナ・モーガン:ジャン・ルイサ・ケリー
コルトレーン”コール”ホランド(6歳):ニコラス・ジョン・レナー
コルトレーン”コール”ホランド(15歳):ジョセフ・アンダーソン
コルトレーン”コール”ホランド(28歳):アンソニー・ナタール

アメリカ 映画
配給 ハリウッド・ピクチャーズ

1995年製作 142分
公開
北米:1995年12月29日
日本:1996年4月27日
北米興行収入 $82,500,000
世界 $106,269,970


アカデミー賞 ■
第68回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優賞(リチャード・ドレイファス)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1965年、オレゴン州ポートランド
ジョン・F・ケネディ高校の音楽担当教師となったグレン・ホランド(リチャード・ドレイファス)は、副校長のジーン・ウォルターズ(ウィリアム・H・メイシー)に駐車場で挨拶する。

教室の場所が分からずに、校長ヘレン・ジェイコブズ(オリンピア・デュカキス)に案内されたホランドは、初日ということもあり、緊張しながら授業を始める。

しかし、生徒達は授業、そして音楽そのものに関心を示さず、ホランドは思うような指導ができない。

昼休みに、体育教師ビル・マイスター(ジェイ・トーマス)に話しかけられたホランドは、バンド・マンだった自分が作曲する時間を持ちたかったために、教師になったことを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1965年。
作曲をしたいがために、バンド・マンを止め、高校の音楽教師になったグレン・ホランドは、安易な気持ちで生徒に接するが、職業として割り切る彼の気持ちは伝わらない。
ホランドは、同僚教師のマイスターや、校長ジェイコブズの意見を聞き入れながら、次第に生徒達の心を掴んでいく。
しかしホランドは、教師生活にも慣れた頃、妻アイリスとの間に生まれた息子コールが、聴覚に障害があることが分かる。
ホランドは、生徒達の信頼は得ていくものの、家族との触れ合いを犠牲にしたことで苦悩し、アイリスも彼に不満をぶつけるようになる・・・。
__________

1960年代半ばから、アメリカ激動の時代を背景に、主人公にとっても揺れ動く、苦難の30年の教師生活を、押し付けがましくない感動で包み込む演出で、スティーブン・ヘレクがどことなく古風に描いているところが注目だ。

本作は、ジョン・フォードの傑作ヒューマン・ドラマ「長い灰色の線」(1955)を思い起こさせる。
主人公の人物像はやや違うが、双方共に、教え子に愛される名物教師と、ウエスト・ポイントの教官が、現役引退を迎え称えられるラストもよく似ている。

注目はなんと言っても、若くして才能を開花し、その後、暫く間、作品に恵まれていなかったリチャード・ドレイファスの渾身の演技で、各方面で高く評価され、彼の”復活”は歓迎された。

第68回アカデミー賞では、そのリチャード・ドレイファスが、主演男優賞にノミネートされた。

興行収入も、北米で約8250万ドル、全世界で1億ドルを超すヒットとなった。

障害を持つ息子を抱えながら夫を支える、主人公の妻を好演するグレン・ヘドリー、主人公の良き同僚、体育教師兼フットボール・コーチのジェイ・トーマス、厳しいが思慮深く人間味溢れる校長のオリンピア・デュカキス、対照的な堅物の副校長(後に校長)ウィリアム・H・メイシー、才能のないことを嘆く生徒役のアリシア・ウィット、主人公の助言で努力し、後に州知事になるジョアンナ・グリーソン、落第寸前を主人公に救われるものの、その後、戦死するテレンス・ハワード、主人公に歌の才能を見出され、彼に恋心も抱く生徒のジャン・ルイサ・ケリー、主人公の息子達を演ずる三人ニコラス・ジョン・レナー、ジョセフ・アンダーソン、アンソニー・ナタールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020