4910 Movies

ウィッチマウンテン Race to Witch Mountain (2009)

1975年公開のディズニー実写版映画「星の国から来た仲間」のリメイク作品。
主演のドゥエイン・ジョンソン
子供達のために命を懸けるタフガイを演ずるファンタジーSFアクション。
共演アナソフィア・ロブアレクサンダー・ルドウィグカーラ・グギノキーラン・ハインズゲーリー・マーシャル、監督アンディ・フィックマン

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


アクション/アドベンチャー

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アンディ・フィックマン

製作総指揮
マリオ・イスコヴィッチ

アン・マリー・サンダーリン
製作:アンドリュー・ガン
原作:マット・ロペス
脚本
アンディ・フィックマン

マーク・ボンバック
マット・ロペス
撮影:グレッグ・ガーディナー
編集:デヴィッド・レニー
音楽:トレヴァー・ラビン

出演
ジャック・ブルーノ:ドゥエイン・ジョンソン

サラ:アナソフィア・ロブ
セス:アレクサンダー・ルドウィグ
アレックス・フリードマン博士:カーラ・グギノ
ヘンリー・バーク:キーラン・ハインズ
ドナルド・ハーラン博士:ゲーリー・マーシャル
ポープ: クリストファー・マークエット
エディ・コルテス:チーチ・マリン
ティナ:キム・リチャーズ
アントニー保安官:アイク・アイゼンマン
TV番組ホスト:ウィリアム・J・ブール
作家:ホイットリー・ストリーバー

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2009年製作 98分
公開
北米:2009年3月13日
日本:2009年7月4日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $67,128,200
世界 $106,387,140


ストーリー ■
ラスベガスのタクシー・ドライバー、ジャック・ブルーノ(ドゥエイン・ジョンソン)は、知らぬうちに車に乗り込んできた兄妹セス(アレクサンダー・ルドウィグ)とサラ(アナソフィア・ロブ)が、宇宙人だと聞いて驚いてしまう。
ブルーノに助けを求める2人は、彼に超能力を見せて信用させ、ラスベガスを訪れていた、宇宙人研究家の女性科学者フリードマン(カーラ・グギノ)に協力を求める。
しかし、政府は研究材料に使うために、セスとサラを捕らえようと、特殊機関員のバーク(キーラン・ハインズ)を、さらに二人の目的を阻止しようと、彼らの惑星の軍は、凶暴なエイリアン”サイフォン”を送り込む。
危機に直面するブルーノとフリードマンだったが、セスとサラを惑星に帰還させるための、宇宙船が保管されている、最高機密施設の”ウィッチマウンテン”を目指す・・・。


解説 評価 感想 ■

肉体派ドゥエイン・ジョンソンにとっては、「ゲームプラン」(2007)に続くディズニー作品。

旧作で兄妹を演じた、アイク・アイゼンマンキム・リチャーズが、主人公達が食事をしようとするレストランで、保安官とウエイトレス役で出演しているのが嬉しい。

ディズニー映画ということで、厳つい大男のドゥエイン・ジョンソンの、人間味と優しさが強調された仕上がりになっている。

UFOのコンベンションでお祭りムードである”プラネット・ハリウッド”の雰囲気がいかにもラスベガスらしく、派手過ぎないアクションも好感が持てる作品。

北米興行収入は約6700万ドルに留まるものの、全世界では1億ドルを超すまずまずの成績を上げた。

監督は「ゲームプラン」(2007)でもメガホンをとったアンディ・フィックマンで、同じく撮影はグレッグ・ガーディナー、音楽はトレヴァー・ラビンが担当する。

タクシー・ドライバーという役柄からか、彼より遥かに大柄な男達も登場するために、巨体があまり目立たないドゥエイン・ジョンソンだが、悪党に成りきれない、心優しい男を好演している。

超能力を持つ宇宙人兄妹のアレクサンダー・ルドウィグアナソフィア・ロブ、政府の特殊機関員で悪役に徹するキーラン・ハインズ、やや頼りないが、勇気ある宇宙人研究家のカーラ・グギノ、同じくUFO研究家ゲーリー・マーシャル、特殊機関員クリストファー・マークエット、整備工チーチ・マリンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022