4236 Movies

メン・イン・ブラック3 Men in Black 3 (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

Malibu Comics”に1990年に登場したシリーズで、ローウェル・カニンガムの”TheMen in Black”を基に製作され大ヒットシリーズの三作目。
脱獄したエイリアンから狙われている、MIBエージェントのKの命を守るために、相棒のJが過去へと向かい、それを阻止しようとする姿を描く、製作スティーヴン・スピルバーグ、監督バリー・ソネンフェルド、主演ウィル・スミストミー・リー・ジョーンズジョシュ・ブローリンエマ・トンプソンアリス・イヴ共演SFアクション・コメディの超大作。


コメディ

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧
ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧

トミー・リー・ジョーンズ / Tommy Lee Jones / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:バリー・ソネンフェルド
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ

G・マック・ブラウン
製作
ローリー・マクドナルド

ウォルター・F・パークス
原作:ローウェル・カニンガムThe Men in Black
脚本:イータン・コーエン

撮影:ビル・ポープ
編集:ドン・ジマーマン
特殊メイク:リック・ベイカー
音楽:ダニー・エルフマン

出演
エージェントJ/ジェームズ・ダレル・エドワーズ三世:ウィル・スミス

エージェントK/ケビン・ブラウン:トミー・リー・ジョーンズ
ヤング・エージェントK:ジョシュ・ブローリン
エージェントO:エマ・トンプソン
ヤング・エージェントO:アリス・イヴ
ボリス・ジ・アニマル:ジェマイン・クレメント
グリフィン:マイケル・スタールバーグ
ボリスの恋人:ニコール・シャージンガー
エージェントX:デヴィッド・ラッシュ
ジェフリー・プライス:マイケル・チャーナス
アンディ・ウォーホル/エージェントW:ビル・ヘイダー
ジェームズ・ダレル・エドワーズ大佐:マイク・コルター
ジェームズ・ダレル・エドワーズ三世(少年期):カイエン・マーティン
ウー:キーオン・ヤング
エージェントAA:ウィル・アーネット

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2012年製作 106分
公開
北米:2012年5月25日
日本:2012年5月25日
製作費 $225,000,000
北米興行収入 $179,020,850
世界 $624,026,780


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ルナ・マックス銀河系刑務所から、隻腕のボグロダイト星人ボリス・ジ・アニマル(ジェマイン・クレメント)は、恋人(ニコール・シャージンガー)の手助けで脱獄する。

ボリスは、エイリアン監視準政府機関”MIB”のエージェントK/ケビン・ブラウン(トミー・リー・ジョーンズ)に復讐するため地球に向かう。

ニューヨーク
Kは相棒のエージェントJ/ジェームズ・ダレル・エドワーズ三世(ウィル・スミス)と共に、落下した人工衛星を調べる。

Kは、搭乗者を割り出すよう部下に伝え、亡くなった40年来の同僚Zのための弔辞を考える。

MIB本部。
Kの驚くほど短い弔辞に頭を傾げるJは、Zの後任であるエージェントO(エマ・トンプソン)の奇妙な話に驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「メン・イン・ブラック
」(1997)
・「
メン・イン・ブラック2」(2002)
・「
メン・イン・ブラック3」(2012)

*(簡略ストー リー)

エイリアンを監視する準政府機関”MIB”のエージェントKに恨みを持つボグロダイト星人ボリスが、月面刑務所を脱獄する。
それを察知したKは、相棒のJと共に捜査を始め、現れたボリスに”過去で死ぬ”と脅される。
Jが口出しすることを嫌う、何かを隠しているようなKは、その後、姿を消してしまう。
周囲の異変を感じたJは、Kが40年前に死亡した世界であることに気づき、1969年に向かったボリスを追い過去に飛ぶ。
若きエージェントKに会ったJは、自分の話を何んとか信用させて、ボグロダイト星人の侵略を防ごうとする。
ボリスの妨害に遭いながら、予知能力のあるアルケイナン星人のグリフィンの協力を得て、KとJは、地球の防御シールド”アークネット”を大気圏外に張る方法を考えるのだが・・・。
__________

2作目から10年、製作費に何んと2億2500万ドルをかけた超大作として、新キャラクターを加え、全く飽きの来ない斬新な内容で大いに楽しませてくれる痛快作に仕上がっている。

時代と共に進化したVFXなどの素晴らしさは必見で、人類史上に残るプロジェクト”アポロ計画”と、エイリアンの地球支配の阻止を絡めたクライマックスの盛り上がりなど、バリー・ソネンフェルドのシャープな演出も見応え十分だ。

北米興行収入は約1億7900万ドルと、三作中で最低だったが、全世界では6億2400万ドルで、シリーズ最高のヒットとなった。

今やハリウッドが誇るドル箱スター、ファースト・クレジットとなったウィル・スミスは、現在と過去で大活躍する主人公を熱演し、人情物語も含めた貫録も感じさせてくれる。

中盤は姿を消すトミー・リー・ジョーンズだが、彼の雰囲気を見事に受け継いでいる、本作の大ファンだという若年期役のジョシュ・ブローリンと共に、実にいい味をだして好演している。

前任者Z(リップ・トーン)の職を引き継ぐエマ・トンプソン、その若年期アリス・イヴ、K(トミー・リー・ジョーンズ)を狙うエイリアン”ボリス”のジェマイン・クレメント、主人公達に協力する、予知能力を持つエイリアンを怪演するマイケル・スタールバーグ、ボリスの恋人ニコール・シャージンガー、過去のMIB本部長デヴィッド・ラッシュ、J(W・スミス)とボリスを過去に送るマイケル・チャーナス、MIBエージェントだったアンディ・ウォーホルビル・ヘイダー、Jの父親である大佐マイク・コルター、Jの少年期役カイエン・マーティン、中華料理店店主キーオン・ヤング、違う世界のJの相棒ウィル・アーネットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020