4240 Movies

エイリアン Alien (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

人類が初めて遭遇する地球外生物”エイリアン”を発見した、宇宙貨物船乗組員の戦いを描く監督リドリー・スコット、出演トム・スケリットシガニー・ウィーバーヴェロニカ・カートライトハリー・ディーン・スタントンジョン・ハートヤフェット・コットーイアン・ホルムによるSF・ホラーの名作でありシリーズ化されることになる記念すべき第一作。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:リドリー・スコット
製作総指揮:ロナルド・シャセット
製作
ゴードン・キャロル

デイヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
原案
ダン・オバノン

ロナルド・シャセット
脚本:ダン・オバノン
撮影:デレク・ヴァンリント
編集:テリー・ローリングス
美術:マイケル・シーモア
クリーチャーデザイン:H.R.ギーガー
クリーチャー造形:H.R.ギーガー/ロジャー・ディッケン
クリーチャー効果:カルロ・ランバルディ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ダラス:トム・スケリット

エレン・リプリー:シガニー・ウィーバー
ランバート:ヴェロニカ・カートライト
ブレット:ハリー・ディーン・スタントン
ケイン:ジョン・ハート
パーカー:ヤフェット・コットー
アッシュ:イアン・ホルム

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1979年製作 117分
公開
北米:1979年5月25日
日本:1979年7月21日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $80,930,600
世界 $185,000,000


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2087年、宇宙貨物船ノストロモ号。
睡眠状態から目を覚ました乗組員、ダラス船長(トム・スケリット)、航海士ケイン(ジョン・ハート)とリプリー(シガニー・ウィーバー)、科学者アッシュ(イアン・ホルム)、機関士のパーカー(ヤフェット・コットー)とブレット(ハリー・ディーン・スタントン)、操縦士ランパート(ヴェロニカ・カートライト)の7人は、地球に帰還途中、発信者不明の信号を傍受する。

調査に向かうことになった乗組員の中には、不満を訴える者もいたが、雇用契約上、知的生物の調査が義務付けられていたため、信号が発せられているゼータ第2星団へと向かうことになる。

惑星LV-426に降り立った着陸船は、着陸の衝撃で船体を損傷し、その場で修理することになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「エイリアン
」(1979)
・「
エイリアン2」(1986)
・「
エイリアン3」(1992)
・「
エイリアン4」(1998)

・「プロメテウス」(2012)

*(簡略ストー リー)
宇宙貨物船ノストロモ号は、地球に帰還途中、謎の信号を傍受する。
雇用契約上の規則で、知的生物の調査が義務付けられていた乗組員は、ある惑星に降り立つ。
航海士リプリーが危険を感じる中、船長ダラスら三人は船外活動を始め、その後、卵状の物体から飛び出した生物が、航海士ケインの顔面に張り付いてしまう。
船内にケインを連れ戻し、生物”エイリアン”の調査を始める乗組員だったが、それを彼の顔面から外すことができない。
その後、エイリアンはケインの顔から離れるのだが、彼の体内から別のエイリアンが飛び出す。
リプリーは、エイリアンを保管し地球に持ち帰ろうとする、科学者アッシュやダラスの行動に疑問を抱き始める。
そして、驚くべき早さで成長したエイリアンと乗組員の、壮絶な戦いが始まる・・・。
__________

ビッグ・スターが出演している訳でもない作品で、アメリカ公開時は、わずか91館での上映だったが、凶暴な完全生命体に、女性他、生身の人間が立ち向かうストーリーや、H.R.ギーガーなどの、斬新なデザインや美術センスが話題になり、その後は、映画史上に残るSFホラーと評価される作品となった。

製作費1100万ドルで、北米興行収入は期待以上の約8100万ドル、全世界では約1億8500万ドルの大ヒットとなった。

第52回アカデミー賞で、視覚効果賞を受賞した。
・ノミネート
美術賞

イギリス人監督リドリー・スコットは、本作の大成功により、拠点をハリウッドに移すことになる。

ノストロモ号乗組員が、謎の生命体”エイリアン”に一人ずつ殺されていく恐怖は、緊張感の極に達し、最後に単独で立ち向かう主人公リプリーの逞しさは痛快でもある。

身の毛がよだつ、H.R.ギーガーデザインの生命体エイリアンや造形物、また宙船内のセットもリアルで見事だ。

本作をきっかけに、主演級として活躍を始めることになるシガニー・ウィーバーは、長身を生かし、知性や勇気、そして正義感を兼ね備えた役柄を見事に演じ、性別を感じさせない迫力十分の演技を見せてくれる。

アメリカ人俳優だけでなく、イアン・ホルムジョン・ハートなど、演技派のイギリス人俳優の熱演が、作品自体の質を高めている。

特にイアン・ホルムヒューマノイドだったという設定には、初公開当時、驚きと衝撃を受けた。

他、少ない登場人物が一人ずつ殺されていくので、それぞれが印象に残る。

ノストロモ号船長のトム・スケリットヒッチコックの「」(1963)などで、子役から活躍していた、彼女もイギリス出身である操縦士ヴェロニカ・カートライト、機関士ハリー・ディーン・スタントンヤフェット・コットー、などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020