4234 Movies

エイリアン3 Alien3 (1992)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

続編「エイリアン2」(1986)から6年ぶりに登場したシリーズの第三弾。
地球への帰還途中、囚人惑星に不時着してしまった主人公の運命を描く、監督デヴィッド・フィンチャー、主演シガニー・ウィーバーチャールズ・S・ダットンチャールズ・ダンスランス・ヘンリクセン他共演のSFアクション。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作
ゴードン・キャロル

デイヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
製作総指揮:エズラ・スワードロウ
原案:ヴィンセント・ウォード
脚本
デイヴィッド・ガイラー

ウォルター・ヒル
ラリー・ファーガスン
撮影:アレックス・トムスン
編集:テリー・ローリングス
特殊効果:リチャード・エドランド
音楽:エリオット・ゴールデンサル

出演
エレン・リプリー:シガニー・ウィーバー

ディロン:チャールズ・S・ダットン
ジョナサン・クレメンズ:チャールズ・ダンス
マイケル・ビショップ:ランス・ヘンリクセン
ゴリック:ポール・マッギャン
モース:ダニー・ウェッブ
グレガー:ピーター・ギネス
マーフィー:クリス・フェアバンク
フランク:カール・チェイス
ジュニア:ホルト・マックカラニー
デイヴィッド:ピート・ポスルスウェイト
ケヴィン:フィリップ・デイビス
ハロルド・アンドリュース:ブライアン・グローヴァー
アーロン:ラルフ・ブラウン
ドウェイン・ヒックス:マイケル・ビーン
ニュート/レベッカ・ジョーンズ:ダニエル・エドモンド

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1992年製作 114分
公開
北米:1992年5月22日
日本:1992年8月22日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $55,473,600
世界 $159,773,600


アカデミー賞 ■
第65回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2270年。
惑星LV-426(アチュロン)から脱出し、睡眠状態で地球に向かう途中の、エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)らを乗せた救命艇スラコで事故が発生する。

スコラは、囚人惑星フィオリーナ”フューリー”161に不時着することになる。

負傷していたドウェイン・ヒックス伍長(マイケル・ビーン)とニュート(ダニエル・エドモンド)は死亡し、ダメージを受けていた、医療従事用ヒューマノイドのビショップは廃棄されてしまう。

生き残ったリプリーは、医師ジョナサン・クレメンズ(チャールズ・ダンス)の治療を受ける。

”ウェイランド・ユタニ”社の労働監獄であるその惑星には、染色体異常の囚人の金属精錬労働矯正施設があった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「エイリアン
」(1979)
・「
エイリアン2」(1986)
・「
エイリアン3」(1992)
・「
エイリアン4」(1998)

・「プロメテウス」(2012)

*(簡略ストー リー)
惑星LV-426(アチュロン)から脱出し、地球に向かう途中の救命艇スコラ号に事故が発生し、囚人惑星に不時着する。
乗船していたエレン・リプリーのみが助かるが、船内に浸入していたエイリアンが活動を開始する。
医師クレメンスの治療で回復したリプリーは、船内にエイリアンの痕跡を見つけ、着陸時に死亡した、少女ニュートの体内を調べるが異常はなかった。
施設内に潜入するエイリアンは、囚人達を次々に襲い始め、ついにリプリーの前に姿を現す。
しかし、エイリアンはなぜかリプリーには手を出さず消え去ってしまう・・・。
__________

エイリアン2」(1986)より、かなり地味になったというイメージだが、製作費は3倍近くになり、興行収入も、世界トータルでは前作を上回るヒットとなった作品。

北米興行収入 $55,473,600
世界 $159,773,600

第65回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

その後、ハリウッドを代表する監督になる、弱冠29歳のデヴィッド・フィンチャーのデビュー作品。

シガニー・ウィーバーは、丸刈りにする熱演ぶりだが、女戦士のような前作に比べてアクションは控えめだ。
彼女は、当初、本作に出演する気がなかったらしく、自由な振る舞いを条件に出演を承諾したと言われている。

しかし、デヴィッド・フィンチャーとはトラブルが絶えず、ラストのリプリーの行動は、彼女の独断だったようだ。

エイリアン2」(1986)では、エイリアンのデザインをスタン・ウィンストンに譲ったが、今回は再びH.R.ギーガーが担当した。

前半の、孤独なヒロイン、リプリーの良き理解者、医師クレメンス役のチャールズ・ダンスの、抑えた演技が印象に残る。

また、「エイリアン2」で活躍した、ヒューマノイドのビショップがスクラップ状態で登場し、リプリーを手助けするシーンは面白い。

ビショップの設計者役でも登場するランス・ヘンリクセンが、前作とは確かに違った雰囲気を出していて、生身の人間の表情に変わっているところも興味深い。

囚人のリーダーで教祖的な存在のチャールズ・S・ダットン、所長ブライアン・グローヴァー、その副官ラルフ・ブラウン、囚人のポール・マッギャンダニー・ウェッブピーター・ギネスクリス・フェアバンク、カール・チェイス、ホルト・マックカラニーピート・ポスルスウェイトフィリップ・デイビスなどが共演し、マイケル・ビーンが写真だけで登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020